ニキビの芯とは?

ニキビは毛穴に皮脂がつまり、アクネ菌が増殖することで発生します。

ニキビの芯は正式には角栓といい、皮脂や角質が毛穴の中で固まったものです。

古くなった角質は、本来ならば肌のターンオーバーによって自然に剥がれ落ちるべき老廃物です。

しかし、生理前のホルモンバランスの乱れや、偏った食事、不規則な生活習慣、過剰なストレスといったさまざまな要因によって正常なターンオーバーが行われなくなると、角質が毛穴をふさいでしまいます。

そのため、毛穴に皮脂がつまって角栓=ニキビの芯ができてしまうのです。

なお、ニキビの芯がにおいを発するのは、角栓の皮脂が酸化することが原因です。

ニキビの芯出しをしてもいい?

ニキビの芯出しをすると、ニキビが早く治るという噂を聞いたことがある方も多いかもしれません。

しかし、自分で芯出しをするとニキビを悪化させることが多いため、自分で芯出しすることは避けましょう。

特に赤く腫れたり膿んでいるニキビは炎症が起きて進んでいる状態であり、無理に芯を押し出すと多くの場合雑菌が入り込んでしまいます。また、皮脂を完全に押し出すことも難しく、残った皮脂がニキビを再発させることもあります。

早く治そうと自分で芯出しをすることが、かえってニキビを悪化させたり再発させるおそれがあるのです。また、芯を出すことはニキビができないようにする根本的な治療にはならないことからもおすすめできません。

ニキビの芯出しをする場合は皮膚科へ

皮膚科では医師の判断により、面皰(めんぽう)圧出という治療が行われることがあります。

面皰はニキビの芯のことを指し、十分に消毒した上で、針やレーザーを使用してニキビに穴を空け、医療用器具でニキビの周りを押して皮脂を押し出します。

面皰圧出は保険が適用される治療法です。

ニキビの芯を取り除く場合は、自分では行わず、皮膚科で専門医の施術を受けることをおすすめします。

ニキビを早く治すには?

ニキビケアの基本は洗顔です。過剰に分泌されてしまっている皮脂を洗い流すことで、毛穴のつまりを防ぎます。

自然にニキビの芯が取り除かれるよう、しっかりと洗顔料を泡立てきめ細かい泡をつくり洗顔しましょう。洗顔は1日2回がおすすめです。洗顔のしすぎは必要な皮脂まで洗い流してしまい、逆効果となってしまうので注意しましょう。

また、毛穴がつまりにくいノンコメドジェニックもしくはハイポコメドジェニックの表記がある化粧品を使用するのがおすすめです。

そのほかのニキビの治し方について、詳しくは関連記事をごらんください。

おわりに

どうしても気になるニキビの芯。ついついにゅるっと押し出したくなってしまいますが、指だけでなく、ピンセットなどを用いて無理に取り除く方法も厳禁です。炎症が悪化するだけでなく、ニキビ跡や色素沈着の原因にもなってしまいます。

ターンオーバーが正常な周期で行われるよう、規則正しい生活や栄養バランスのとれた食生活を心がけると同時に、正しい洗顔で清潔な肌を保ちましょう。