かゆい!と思ったら頭にニキビが・・・頭皮のトラブルに季節は関係ない!?

ニキビの種類も顔に出来るものは勿論のこと、実は様々な種類があるのです。

その中でも厄介なのが「頭皮ニキビ」。

頭の生え際に赤いポツポツが・・かゆいけどかいたら余計に酷くなる・・こんな経験をしたことありませんか?
ニキビって顔にできるモノだと思われがちですが、毛穴がある箇所に発生する可能性が大いにあります。

肌の1センチ四方に約20万個の毛穴があり、頭皮には顔の半分の約10万個の毛穴があると言われております。
夏より冬の乾燥した時期に出来やすいとの声がありますが、大手化粧品企業のリサーチによると季節関係なく頭皮にトラブルを抱えるというデータも出てるそうです。

頭皮ニキビの原因はシャンプー方法にあり!?食生活や睡眠も見直すと予防に効果的

頭皮バリアまで洗っている・・誤った洗髪法をしていませんか?
身近な習慣で意外と気付かない方も多い「ガシガシシャンプー」

頭皮の汚れ皮脂をしっかり落とそうと爪を立ててガッシガシ洗っていると頭皮に傷がついて炎症を起こしてしまう原因になります。
炎症を起こすだけではなく、本来あるべき必要な皮脂も一緒に取れてしまうと、頭皮を守ってくれるバリアが弱ってしまい紫外線の影響をモロに受けてニキビができやすくなってしまうのです。

気を付けるポイントは・・・頭皮の為にシャンプーはやさしく指の腹でもみこむように低刺激で行ってください。

美髪のポイントでもありますがリンス、トリートメントの時は毛先から上に向かって馴染ませてトリートメントは3分~5分の着け置きがベストだそうです。
すすぎもしっかり、毛穴に残らないように少し意識して流しましょう。
頭皮への強すぎる刺激と毛穴のつまりが頭皮ニキビの原因になってしまいます。

 

食生活、睡眠不足、ホルモンバランスの乱れも頭皮ニキビの原因に

睡眠時間や食事などの生活習慣からも頭皮ニキビの原因があると言われています。
脂っこい食事や甘いものの摂りすぎ、ビタミンや栄養素の不足からターンオーバーが上手くいかず結果的に毛穴に皮脂の詰まりを生じさせてしまいます。
偏った食事はニキビだけではなく生活習慣病も呼び起こしてしまう事もあるので糖質、脂質の摂りすぎには注意をしたほうがいいですね。
アルコール類は毛穴を刺激して皮脂をためやすくする傾向にあります。
カフェイン類も皮膚細胞のターンオーバーを乱す作用があるため、飲み過ぎには十分気を付けましょう。
睡眠不足になると毛穴が詰まりやすくなってしまいます。不規則な睡眠を取る生活は自律神経を乱してしまいます。

自律神経は血流をコントロールしている装置でもあり、自律神経の乱れは血流悪化に繋がります。
そのため新陳代謝が悪く、すなわちターンオーバーが上手く行かなくなってしまい、結果皮脂が詰まりニキビになってしまうという事です。
ストレスをため込んだりしても頭皮の皮脂をたくさん分泌する原因になります。

この現代社会でストレスため込むな・・と言われてもと思う方もいるかも知れませんが、少しの隙間を見つけて心や体を休める事に意識することも大事ですよね。
 

頭皮ニキビの治療や予防対策まとめ。

まとめ

・刺激の強すぎない洗髪を心がけしっかりすすぐ
・食事の栄養バランスをとる
・ストレスを溜めない意識をする
・質の良い睡眠を十分にとる

表面に出てきたニキビをどうにかする事も大事ですが、日々の生活スタイルの見直しの必要があることも重要ですね。
できてしまったニキビ部分にはあまり触らない方がいいです。
手からの雑菌が入って炎症を広げてしまう可能性もありますので絶対にかかないようにしてください。
あまりにも痛みがあったり症状が悪化してきたらお近くの皮膚科でお薬を処方してもらいましょう。
 

頭皮のニキビには、皮膚科で処方される薬や市販の頭皮専用の薬もオススメ

皮膚科で出されるお薬
ルリッド錠(ジェネリックではロスリシン)
※ロスリシンは日本では薬価未収載です。


ルリッド錠は皮膚科に行くと割とよく処方されてる内服のお薬です。
1錠63.2円で、炎症を抑えるマクロライド系の抗生物質で効果はニキビの発生を防ぎ赤ニキビなどの炎症の原因を抑えていきます。

副作用:あまり副作用が出ないとされてるお薬ですが、まれに胃痛やじんましんが出ることがあります。

市販で買える頭皮のお薬

アマゾンでも入手可能のノルウェー拠点の人気ブランドで近年日本でも注目されている製品です。

ニュートロジーナ ニキビ治療薬 オイルフリーモイスチャライザー 50ml*4個入 [並行輸入品]

image by Photo AC
image by Photo AC