はじめに

「帯状疱疹(たいじょうほうしん)その名の通り、帯(おび)状に疱疹(水泡)ができる病気です。
原因は「水ぼうそう」と同じ「水痘・帯状疱疹(すいとう・たいじょうほうしん)ウイルス」によって起こる神経にも痛みを伴う皮膚病なのですが、放置すると重症化する恐れがあるため、初期の治療が大切だといわれています。
帯状疱疹の初期症状の現れ方について知っておきましょう。

水ぼうそうと帯状疱疹の違いは?

「水痘・帯状疱疹ウイルス」に初めて感染したときは、帯状疱疹ではなく、子供の頃に「水ぼうそう」として発症します。
水ぼうそうは1~2週間で治りますが、実は「水痘・帯状疱疹ウイルス」は消えることなく、背骨の近くの「神経節(しんけいせつ)」という神経細胞が集まった所に潜伏しています。

そのウイルスが、過労やストレス、かぜなど、免疫力が低下した時に再び活動を開始し、神経細胞に沿って一定の部分を攻撃しながら皮膚に到達します。これが「帯状疱疹」です。
 

帯状疱疹の初期は気付きにくい

帯状疱疹の初期は、皮膚症状の前に、神経に沿って体の奥に痛みを感じることから始まります。

帯状疱疹の初期症状

  • ピリピリ、チクチク、ズキズキという痛みを感じる
  • 軽い発熱
  • 数日~1週間くらいで、赤い発疹が出る
  • その後強い痛みを伴った赤い水疱状の発疹(水ぶくれ)になり、帯(おび)状になる
  • 体の左右どちらか一方に出るのが特徴。両側に出ることはあまりない

このように、初期から発疹や水泡が出ず、神経痛のような痛みから始まる為、帯状疱疹と分からないことが多くあります。
 

初期症状のその後

  • 水疱の時は痛みとかゆみがあるが、帯状になると痛みのみになってくる
  • 眠れないほど激痛を伴うこともある
  • 水疱がかさぶたになり、通常は約3~4週間で完治する

このように、通常は発症から約1月で完治に向かいますが、痛みや完治の期間には個人差があります。
 

帯状疱疹の現れやすい場所

主に胸から背中にかけて
腕や足、お尻
首の周り、耳の近く
顔、眼の近く

帯状疱疹は主に体幹に出やすいのですが、全身のどこにでも出ます。
特に顔や眼、耳の近くに出る場合は、眼の神経、耳の神経や顔面まひなどの障害を生じることがあります。この場合は、皮膚科のみではなく、眼科や耳鼻科などを受診する必要があるため、まずは前述した初期症状が見られたら、早期に受診することが大切です。
 

痛みが消えない場合「帯状疱疹後神経痛」という後遺症も

帯状疱疹は通常は発症から約1月で完治に向かいますが、半年、1年と長期間に渡り痛みが消えない場合があります。
これを「帯状疱疹後神経痛(たいじょうほうしんごしんけいつう)」といい、神経の病気と考えられています。
帯状疱疹が発症してから、3ヶ月以上経っても痛みが継続していた場合は、「帯状疱疹後神経痛」と思われます。

痛みは、帯状疱疹の痛みよりもさらに、焼けるような痛み、刺すような痛み、電気が走るような痛みなど、激しい痛みが持続的に起こるといわれます。

治療法としては、鎮痛剤や軟膏、神経ブロック注射、レーザー照射など色々な方法があります。
ただし、帯状疱疹後神経痛に対しては決定的な方法は無く、個人の状態によって治療法を検討します。
治療は長期に渡ることも多いため、日常生活にも辛い日々になることもありますが、医師とよく相談して治療を続けることが大切です。

 

さいごに ~ワクチン接種があります~

帯状疱疹の予防にはワクチン接種があります。帯状疱疹は一度かかるとかかりにくいといわれていますが、絶対に再発しないとはいえないようです。そのため予防として「帯状疱疹ワクチン」接種が薦めらています。
保険の適応は無く自費負担となりますが、このように痛みを伴い後遺症や合併症が起こる可能性もあるため、治療よりも予防が大変重要です。
ワクチンの費用は大体6,000円~9,000円程ですが、医療機関によって異るため各医療機関に確認し予防も検討しておくとよいでしょう。

帯状疱疹は初期の対処が重要なため、もし初期症状が見られたら早めに受診することが大切です。

image by illust AC
image by illust AC