はじめに ~帯状疱疹は水ぼうそう(水痘)と同じウイルス~

「帯状疱疹(たいじょうほうしん)」は「水ぼうそう」の原因と同じ「水痘・帯状疱疹(すいとう・たいじょうほうしん)ウイルス」によって起こります。
ただし「水痘・帯状疱疹ウイルス」に初めて感染したときは、帯状疱疹ではなく、子供の頃に「水ぼうそう」として発症します。

水ぼうそうは人にうつり、集団感染することで知られています。では帯状疱疹はうつるのでしょうか。

 

帯状疱疹と水ぼうそうの違いは?

水ぼうそうは子どもの頃にかかり、発熱、全身の倦怠感と共に、強いかゆみを伴う水疱が体幹を中心に出現するのが特徴で、発症後通常1~2週間で治ります。

帯状疱疹は、主に50代以上の大人に多く発症しますが、20代~30代の若い年代にも発症することがあります。
帯状疱疹の特徴は、初期症状には疱疹(水泡)などの皮膚症状はなく、ピリピリ、チクチクなどの体の奥に痛みを感じることから始まります。
その後、発疹や水ぶくれが神経に沿って帯(おび)状に現れます。そのため、初期は気が付きにくいことが多くあります。

帯状疱疹の初期症状については参考記事をご覧ください。

参考記事:「帯状疱疹(たいじょうほうしん)」の初期症状は気付きにくい!? 帯状疱疹の初期症状と早期治療の重要性を知ろう

 

帯状疱疹は眠っているウイルスが目覚める

子どもの頃の水ぼうそうが治った後も、実はウイルスは消えることなく、背骨の近くの「神経節(しんけいせつ)」という神経細胞が集まった所に潜伏しています。
そのウイルスが、過労やストレス、かぜなど、免疫力が低下した時に再び活動を開始します。
この時ウイルスは神経細胞に沿って移動し、細胞を攻撃しながら皮膚に到達し、発疹や水泡が現れ「帯状疱疹」として発症します。

帯状疱疹も水ぼうそうも同じウイルスが原因ですが、帯状疱疹は潜伏していたウイルスによって発症します。

 

水ぼうそうはうつるなら、帯状疱疹もうつるの?

水ぼうそうは 「飛沫感染」「空気感染」「接触感染」によって他人にうつりますが、帯状疱疹として他人にうつることはありません。
帯状疱疹は自分の中に眠っていたウイルスが動き出すものなので、帯状疱疹がうつるということはないのです。ここはまずご安心してください。

ただし、「水ぼうそうにかかったことがあるかないか」が問題です。
水ぼうそうにかかったことがあれば、免疫が体内にできていて、ウイルスが体に入ってきたとしてもそれに対抗するだけの力を持っています。

ところがまだ水ぼうそうを発症させていない子供や大人に対しては、帯状疱疹ではなく、水ぼうそうとして発症します。
ただ、大人になってから初めて水ぼうそうになった場合は、肺炎や脳炎など、重症化する可能性があります。

特に妊娠中の感染には、妊婦さん自身の重症化と共に、胎児に「先天性水痘症候群」になり身体に障害を引き起こす可能性があります。
水ぼうそうにかかったことのない人は、小児や感染者との接触には注意が必要です。

いずれにしても、水ぼうそうは完治した後にもウイルスが潜伏することになります。
帯状疱疹→帯状疱疹として他人にはうつりませんが、自分の体調によって誰にでも発症する可能性があるということを忘れてはいけませんね。


 

さいごに

帯状疱疹自体はうつらないのですが、重症化すると長期に渡り治療が必要になる場合があります。
発症の引き金となる疲労やストレスにより体力や免疫力が落ちたときにかかりやすいため、日頃から体調には気を付けましょうね。

image by Photo AC