「あせも」の症状と対処法

あせもは、子どもや赤ちゃんがもっともなりやすい皮膚トラブルです。

赤ちゃんは体表面積が小さいのに、生まれた時から大人と同じ数の汗腺があります。

汗は体の熱を放出させて体温を下げるという大切な働きがありますが、赤ちゃんは新陳代謝が活発で体温が高いため、大人の2~3倍の汗をかくと言われています。

あせもは、たくさん汗をかくと汗が出てくる穴(汗孔:かんこう)にあかなどが詰まりやすい状態になり、外に出せなくなった汗が皮膚の内側にたまって炎症を起こした状態です。

「白いあせも」は最初の軽い段階です。小さく透明な発疹が出ますが、かゆみなどもなく早めにケアすれば半日程度で治ります。「赤いあせも」は炎症を起こしています。

かゆみがあり、患部がこすれたりするとさらにかゆみが増し、水ぶくれを伴うこともあります。

出やすいところは、頭、額、首まわり、わきの下、手足のくびれ、うなじ、背中、オムツのあたっている所、ひざの裏などにおこります。

あせもの治療法とケア方法

ひどくなり始めたら小児科や皮膚科で診てもらいましょう。非ステロイド系抗炎症薬やステロイドの塗り薬を使うこともあります。

また、あせもはかゆみでかきこわしてしまうと、そこに「黄色ブドウ球菌」が感染してしまい、「あせものより(膿をもったおでき)」になることがあります。

「あせものより」になると痛みが強く、発熱、リンパが腫れるなど、全身症状を伴うことがあり、自宅での治療はできないため、医療機関で切除して膿を出したり、抗生物質を服用して治療します。

ここまで悪化すると、赤ちゃんには大きな負担になります。赤ちゃんはあせもができやすいため、予防と早い段階でケアしてあげましょう。

あせもの日常のケア

・まず汗をかいた状態を放置せず、こまめにシャワーや沐浴で汗を流し、着替えさせます

・汗をよく吸い、通気性の良いものを着せましょう。

・温度調節や衣服の着せ過ぎに注意しましょう

・入浴時は、石鹸をよく泡立ててやさしく、頭や手足のくびれ、背中など、あせもができやすい部分もよく洗いましょう

・外出の時は、汗をかいたら水で濡らしたおしぼりで拭いてあげましょう

「とびひ」の症状と対処法

とびひは正式名称を「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」といいます。

とびひは、すり傷、虫刺され、あせもなどをかき壊すことによって、傷口から主に「黄色ブドウ球菌」や「化膿レンサ球菌」が感染し、膿をもった水泡ができます。

水泡の中の液は透明~淡黄色ににごってジュクジュクとした汁をもち、強いかゆみのために、かいているうちに汁のついた手で他を触ることで次々と広がります。そのうち大きな水疱にることがあり、破れると皮膚が赤くむけて強い痛みがあります。

とびひの治療法とケア方法

抗生物質、抗ヒスタミン薬、軟膏などが処方されますが、手持ちのステロイド軟膏は使わないようにしましょう。

ステロイド軟膏は、患部の免疫細胞の力が弱まり、細菌に対抗する力が弱くなります。早めの治療であれば1週間ほどで良くなります。

薬は途中でやめず医師の指示に従って最後まできちんと治療しましょう。

とびひの日常のケア

・こまめにシャワーを浴びさせ、石けんをよく泡立てて洗い、十分に流しましょう

・湯船に入るのは控え、タオルも家族と分けて使いましょう。

・清潔にした患部に薬を塗り、絆創膏などはなるべく貼らず、通気性を良くしましょう

・寝ている間にかいてしまう時は、夜だけゆるく包帯などで覆ってもよいでしょう

「水いぼ」の症状と対処法

水いぼは、正式名称は「伝染性軟屬腫(でんせんせいなんぞくしゅ)」といい、体中に「いぼ」ができる病気です。「伝染性軟屬腫ウイルス」というウイルスによって起こるウイルス性感染症で、主に10歳以下の幼児に多くみられます。

水いぼのある子どもとの皮膚接触や、プールのビート板の共有などで起こります。

水いぼは直径1m~5m程度の小さな半球状で、色は皮膚と同じ、または赤っぽい、白っぽいなどで光沢があります。

主にわきの下、ひじやひざの内側、わき腹、陰部などこすれやすい所ににできやすく、いぼ自体に痛みやかゆみはなく、その周辺がカサカサしてかゆくなり、単独でできる場合と、数個がくっついて大きくなることもあります。

白い芯にウイルスが入っているため、かき壊して破れると他にうつって増えていきます。

水いぼの治療法とケア方法

水いぼの治療法は以下のような様々な方法があります。

・ピンセットで取る
・医療用の絆創膏(サリチル酸絆創膏)で皮膚も角質を軟化させる
・テープ式の部分麻酔薬を貼って取る
・液体窒素で凍結させて取る方法。痛みを伴う
・漢方薬(ヨクイニン内服)

このように治療法は色々ありますが、治療は1回で終わることはなく、多くは数週間~数か月以上長期間かかります。

水いぼは、治療しなくても小学生くらいには自然に治る場合がありますが、長期間治らないことも多いため、水いぼができているのを見つけたら早期に治療を開始することが望ましいです。

治療には長期間かかることや痛みを伴うこともある為、治療については医師と相談しましょう。

水いぼの日常のケア

・プールや浴場などで遊んだ後は全身をよく洗い、日頃から皮膚の保湿をしましょう。

・お風呂は湯船に入るのは控え、タオルの共有は避けましょう。

・水いぼを自宅でピンセットを使って取ることはしないように、医師の指示に従いましょう。

皮膚トラブル予防のために

あせも・とびひ・水いぼは、特に早いスピードで全身に広がる可能性があるものです。

赤ちゃんや子どもは皮膚トラブルを起こしやすいため、デリケートな肌を守るために、皮膚の清潔、保湿を保ち、かき壊さないように日頃から爪を短く切ってあげましょう。

皮膚トラブルにも原因によって治療法が異なるため、気になることはまず小児科または皮膚科に相談しましょう。