「発病すると、頬が赤くなる」
両頬がりんごのように赤くなってしまうことから、そう呼ばれる「りんご病」。

りんご病は、子供がかかる病気のイメージが大きいと思いますが、実は、大人もかかる病気なのです。しかし、名前に反して大人が感染すると、紅斑(こうはん)つまり、【真っ赤なほっぺ】はほとんど出現しません。

大人がりんご病にかかるとどうなるのでしょうか?
この記事では、りんご病に大人が感染した場合の症状や予防法をご紹介します。

大人が感染するりんご病はとにかくツラい!

りんご病は、正しくは伝染性紅斑(でんせんせいこうはん)というウイルス性の感染症です。ヒトパルポウイルスB19というウイルスに感染することで発症します。

りんご病の感染経路

りんご病の主な感染経路は、飛沫感染接触感染です。
飛沫感染は、発症している人の咳やくしゃみによって、ウイルスが空気中に飛び散り、感染します。りんご病は飛沫感染するため、学校で一人が発症するとクラス中に感染者が拡大し、大流行します。
接触感染では、感染者の皮膚や粘膜への接触、または感染者が触ったものを介して、間接的な接触によっておこる感染します。

大人が感染する場合、その多くが子どもからの感染です。
「子どもがりんご病にかかり、看病していた親にうつった」
「子どもの通う保育園でりんご病が流行り、送り迎えなどで行き来する間にうつった」
などのケースが多いようです。
お子さんが複数いる場合、発症した子どもを看病しているうちに、自分も感染し、兄弟にも感染させてしまうこともあります。

大人が発症しても「りんごほっぺ」は出ない!

大人がりんご病に感染した場合、子供のように頬の紅斑はほとんど見られません。
主な症状としては、発熱や倦怠感などの風邪症状がありますが、大人に強く見られる症状として特徴的なのは、関節のむくみ・関節痛です。
感染初期の状態では、風邪のような症状だけのため、受診が遅れたり受診しても見落とされてしまうケースがあります。人によっては、風邪症状が引いても関節のむくみや関節痛が数ヶ月続く場合もあります。

また、成人の感染の半分は紅斑が出ないだけでなく、風邪症状もほとんど出ない「不顕性感染」の場合があり、自覚のないままウイルスの保有者となり感染源になる場合があります。
また、風邪症状だけではりんご病だということになかなか思い至らないため、病院の受診が遅れたり、受診しないまま感染源となってしまうことになります。

【りんご病の症状の流れ】
微熱・不快気分・倦怠感

風邪症状 (高熱・咳・リンパの腫れなど)、むくみ

頬・手・足などに発疹 ・関節の痛み・むくみ

子どもの症状は?

子どもの感染が最も多いとされている年齢は、5~9歳の幼児・小学生の時期です。
大人とは違い、潜伏期間の後に両頬にりんごのような紅斑がでます。その後、紅斑は全身にあらわれ、かゆみや火照りを伴う場合もあります。
約1〜2週間ほどで自然治癒し、基本的に、子どものりんご病が重度になる可能性はほとんどありません。

りんご病の潜伏期間

りんご病は、10日〜20日前後の潜伏期間の後に、発疹が出て症状があらわれます。
ヒトパルボウイルスの感染力があるのは発疹が出る前の初期段階です。そのため発疹が出てりんご病と気づいたときにはすでに感染源となっており、周りの人が感染している可能性が高くなります。
発疹が出て両頬が赤くなった時点では感染力は無くなっています。

りんご病が及ぼす合併症 

りんご病にかかったことよって生じる痛みや可能性のある合併症についてご紹介します。

◼︎関節炎・関節リウマチ
大人のりんご病では、関節に痛みが起こる関節炎や関節リウマチを引き起こす可能性があります。

◼︎貧血発作
溶血性貧血の持病を持っている場合、りんご病に感染すると急激な貧血を起こす貧血発作を起こしやすくなります。

◼︎発熱の長期化

先天性・後天性の免疫不全症患者や白血病患者などの免疫不全患者は、症状が長引く可能性があります。

妊婦は要注意!胎児への影響について

妊娠中にりんご病に感染した場合、症状が出るだけではなく胎児へ影響を与える可能性があるため、特に注意する必要があります。
妊娠初期から中期に感染すると、胎児が胎児水腫(たいじすいしゅ)になる場合があります。胎児水腫になると、全身に浮腫(むくみ)や心不全、重症の貧血などを引き起こすことがあり、死産・流産に繋がってしまうこともあります。

2011年の厚生労働相研究班の全国調査では、りんご病に感染した妊婦が69人確認され、そのうちの49人が流産、もしくは死産していたことが分かっています。

これは割合にすると実に約7割にもなる、とても高い数字です。妊娠中の方はりんご病に感染しない様に、最大限の注意をしましょう。

もし感染してしまったら?

りんご病への感染が疑われたら、すぐにかかりつけの病院や産婦人科に相談してください。
胎児水腫の診断のために、抗体検査や遺伝子検査が行われます。
胎児超音波検査で胎児水腫が確認されたときには、妊娠週数などを考慮して治療法が選択されます。
妊娠中にりんご病にかかってしまった場合、早めの診断がとても大切になります。りんご病の感染者と接触したり、かぜのような症状が出た場合は早めに受診しましょう。

妊娠中の方は、はしかやおたふく風邪に注意、というのはよく言われますが、りんご病もまた同じです。

関連記事:妊娠中の「りんご病」は赤ちゃんへの影響に要注意!妊婦のりんご病の基礎知識と対処法を知ろう

りんご病には予防ワクチンはありません

りんご病には、決まった治療法がありません。
基本的には、症状に合わせた治療を行う対症療法になります。まずは、安静にし、発熱や発疹が治まり、自然に治癒するのを待ちます。発疹のかゆみがひどい時には抗ヒスタミン薬を使用する場合があります。

また、りんご病には有効なワクチンが無いため、感染しないように気をつけることがとても大切になります。

りんご病はウイルスに感染しない予防が大切!

一番の予防方法は、「感染者との接触を避けること」です。
しかし、発症したお子さんの看病をしなければいけないご両親であったり、身近な感染者との接触を避けられないケースも多々あります。
ヒトパルポウイルスは感染力は決して強くないウイルスです。しっかり予防と対策を行って感染を防ぎましょう。

⒈マスクの着用

マスクは飛沫感染を防ぐ有効な手段です。りんご病は潜伏期間が長いため、発症するまでに自覚症状がないまま感染源となっている場合があるため、知らず知らずにウイルスが蔓延しています。
特に妊娠中の方は、外出の際はマスクの着用を心がけましょう。

⒉手洗い・うがいの徹底

手洗いとうがいを徹底しましょう。手洗いとうがいは、飛沫感染だけでなく、接触感染への対策にもなります。指の間や爪の隙間、洗い残しの多い親指の付け根など、細かな所まで気をつかう手洗いを習慣付けましょう。

⒊免疫力をアップさせる

体内の免疫力が高ければ、ウイルス性の病気にもかかりにくくなります。免疫力を高めるために、気をつけたいのが、腸内環境。人の身体の中にある免疫細胞は、約70%が腸内にあるのです。

《腸内環境を整えるためのポイント》

◼︎高タンパク質・高脂肪の摂取を控える
高タンパク質・高脂肪の食事は、腸内のバランスを壊す悪玉菌が増える原因になります。動物性タンパク質である肉類の摂りすぎに注意しましょう。また、脂肪の取りすぎは消化不良を起こし、下痢になる可能性もあります。

◼︎水分補給を大切に
水分不足は、便秘の原因の1つとして挙げられています。腸内に便が長く留まると、悪玉菌の温床や有害物質発生の原因となります。喉が乾く前に意識的にこまめな水分補給を心がけましょう。

◼︎朝食をしっかりと食べる
朝食は、体内の免疫力を高める大切な要素です。朝食をしっかりと食べることで、体温を上昇させ免疫力を高めてくれます。

◼︎バランスのとれた食生活を
特に、腸内細菌の栄養となる発酵食品発酵食品や食物繊維の多い食品を食べるようにしましょう。大豆・ごぼう・さつまいもなどがお勧めです。また、オリゴ糖を同時に摂取することで、より効果が期待できます。バナナ・きな粉・たまねぎなどに含まれるオリゴ糖は、発酵食品に含まれる乳酸菌の栄養源となります。

おわりに:2016年はりんご病に要注意?!

りんご病は、年によって変動はありますが、「年始~初夏」にかけて多く発症すると言われています。そして、この病気には流行の周期があり、ほぼ5年周期で発生数が増加しています。

ちなみに、前回流行したのが2011年…。
ということは、次に最も注意をしなくてはいけない年は2016年である可能性が非常に高いのです!
事実、東京都安全健康センターが2015年7月に発表した情報では、2014年の秋から連続して、過去5年の各同時期の平均感染患者数を大きく上回っている状況が報告されています。

りんご病の流行の兆候は確実に来ています。
早めの対策でしっかり予防しましょう!

image by photo AC