アトピー性皮膚炎ってどんな病気?

アトピー性皮膚炎は、何でもないような刺激に対して敏感になり、皮膚や粘膜にさまざまな症状を起こす病気です。

代表的な症状は皮膚の乾燥かゆみ

かゆみに耐え切れず無意識のうちに掻きむしることで炎症が悪化し、ジクジクしたり、肌が厚くガサガサになり、どんどん治りにくくなっていきます。

現在、アトピー性皮膚炎のはっきりとした原因はわかっていません。

しかし、もともとアトピーの素因があることで皮膚や粘膜のバリア機能がもろい状態に、食事や環境などざまざまな刺激が加わることで皮膚が炎症を起こすと考えられています。

アトピー性皮膚炎は子どもから大人までさまざまな年代で発症しますが、多いのは生まれて1~3か月という乳児期の早期で症状が出るタイプ。

生まれてすぐの赤ちゃんは免疫系のバランスが整っておらず、ちょっとした刺激でも身を守ろうとして過剰に反応してしまいます。その過剰な反応のひとつがアトピー性皮膚炎なのです。

image by

photo-ac

乳児のアトピー性皮膚炎の特徴

生後1~3か月の赤ちゃんは皮脂の分泌が多く、体のあちこちにニキビのような赤い湿疹ができやすいものです。

このためアトピー性皮膚炎と他の湿疹との見分け方が難しい時期でもありますが、まずは以下の特徴をチェックしてみましょう。

・生後1~2か月から顔や頭に湿疹ができた

・耳の付け根がただれて切れる(耳切れ)

・かゆみのある湿疹が手足や体(首、お腹、背中など)にも拡大

・かゆみのある湿疹が左右対称に広がっている

・症状は赤いブツブツだけでなく、ジュクジュクしたり、乾燥肌、皮膚が厚くなってガサガサしている部分もある

・良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、かゆみのある湿疹は1歳半~2歳頃までにほとんどなくなる

アトピー性皮膚炎の一番の特徴は、かゆみのある湿疹がつづくということです。

生まれて間もない赤ちゃんの頬に赤いブツブツができて、布団やお母さんの体に顔を擦りつけてかゆがるような様子が見られたら注意してあげてください。

乳児アトピー性皮膚炎の症状のピークは生後3~5か月頃で、あとは免疫系のバランスが整うのに合わせて次第によくなる傾向にあります。

季節では夏(6~9月)は症状が軽いものの、空気の乾燥が進む冬(11~3月)は肌も乾燥してかゆみが強まるため悪化するケースが多いようです。

image by

photo-ac

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎:年齢別注意ポイント

・0歳代

生まれてすぐの時は、単なる湿疹かアトピー性皮膚炎なのか判断がつきにくいものです。まずは小児科か皮膚科を受診して医師に相談しましょう。

・1歳代

アトピー性皮膚炎と診断されたら、医師のアドバイスのもと食事や普段のスキンケアを注意していきます。

特に塗り薬は症状に合わせて使い分けることが大切です。これも自己判断せず、必ず医師の指導のもと調整していきましょう。

また症状が出ていなくても乾燥するとかゆみが強まりますので、保湿ケアは忘れずにおこなってください。

・2歳代

この頃までには体の免疫機能が整ってくるので、皮膚炎の症状が自然に軽くなる傾向にあります。

一方でアレルギー性鼻炎や気管支ぜんそくなどの症状が出てくる可能性もあるので、医師と相談のうえ焦らず対処していきましょう。

アトピー性皮膚炎と脂漏性湿疹(乳児湿疹)の違い

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎と似ているものに脂漏性湿疹(乳児湿疹)があります。

脂漏性湿疹の症状は、乳児アトピー性皮膚炎と同じように生後まもなく頬のあたりに赤い発疹があらわれたり、耳の後ろがジュクジュクしたり、または頭皮や眉の部分が乾燥して黄色いかさぶたができたりします。

脂漏性湿疹の場合、このような症状の多くは生後半年までによくなることがほとんどなので、特に心配する必要はありません。

しかしアトピー性皮膚炎の場合は、湿疹が顔から体にもひろがって、かゆみと皮膚の乾燥も進んでいきます。

この湿疹の拡大かゆみと皮膚の乾燥の持続がアトピー性皮膚炎かどうかの判断基準でもあり、このような状態になってようやく治療が始まるケースがほとんどです。

このように赤ちゃんのアトピー性皮膚炎と脂漏性湿疹は区別がかなり難しいため、必ず小児科または皮膚科を受診して診断を受けてください。

image by

photo-ac

アトピーとアレルギーの違い

医学的には、アトピーはアレルギーの一種と考えられており、アレルギーの一部に含まれます。

しかしアレルギーアトピーではありません。

アレルギー:花粉や食物など特定の物質(アレルゲン)に対して免疫が過剰に反応し、反応が起こる

アトピー:特定のアレルゲンがはっきりしなくても、さまざまな反応が起こる

アトピーは症状を引き起こす原因がはっきりしない点でも治療などの対応を難しくしています。

また赤ちゃんのアトピー性皮膚炎では、食物アレルギーが関係しているケースが多いということも指摘されています。

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎と食物アレルギーの関係について

アレルギーアトピーではありませんが、乳児期のアトピー性皮膚炎には食物アレルギーが関係しているケースが非常に多いといわれています。

なかでも卵や牛乳といった動物性たんぱく質がアレルゲンとなっているケースが多く、卵や乳製品をよく食べる母親の母乳を飲むことで赤ちゃんのアレルギーやアトピーが進行していくことがあります。

成長するにしたがって免疫システムが整い、食事の影響が少なくなっていきますが、皮膚炎の症状が悪化するような場合は食事の内容にも気をつけてみましょう。

image by

photo-ac

遺伝はアトピー性皮膚炎の原因の一つ

アレルギー性の病気をもつ赤ちゃんの家族を調べてみると、両親など家族内に同じような病気をもっていることがよくあります。

これはアレルギー体質が遺伝することを意味しています。

ですからアトピー性皮膚炎の場合も、遺伝性は否定できません。

しかし、もし遺伝するとしても体質だけで、病気そのものが遺伝するわけではありません。

親がアトピーでも、子どもも必ずなるというわけではないのです。

逆に、家族にアレルギーやアトピーの人がいなくても、子どもに発症するケースもあります。

アトピーの体質や症状を引き起こす原因はひとつではなく、さまざまな要因が重なって引き起こされます。

親がアトピーだと子どももなりやすい傾向にあるのは事実。

それをふまえて日常のケアに配慮することが、症状の緩和や予防の第一歩です。

image by

photo-ac

赤ちゃんの肌をアトピー性皮膚炎から守る!日常のケアのポイント

皮膚のバリア機能を整えるには、日常のちょっとしたケアも重要です。

アトピー性皮膚炎の予防のためにも、こんなことに注意しましょう。

<スキンケア>

・清潔と保湿がポイント

赤ちゃんの肌はバリア機能が未熟のため、水分や皮脂のバランスがすぐに乱れてしまいます。

とくに空気が乾燥している冬は肌の水分も奪われがちで、少しの刺激でもかゆくなってきます。

おむつや衣類がこすれただけで肌が荒れたり、炎症を起こしてしまうのはそのためで、肌のバリア機能が弱いアトピー性皮膚炎の赤ちゃんはなおのこと症状が悪化してしまいます。

ローションやクリームなどの保湿剤は、水分や皮脂のバランスを整えるとともに、外部の刺激から肌を保護する働きもあります。

顔や体は無香料の石鹸を使い、ふわふわの泡で肌を包むように手やガーゼでやさしく洗いましょう。

肌が清潔な状態になったら、保湿剤を肌にやさしく広げるように塗っていきます。

もちろん赤ちゃんの肌に合った、低刺激の保湿剤を選んであげてくださいね。

<肌への刺激を避ける>

・熱さに注意

かゆみに対する対策では、温度差にも注意しましょう。

皮膚の温度が上がるとかゆみが強く感じられるからです。

ファンヒーターの温風やこたつ、お風呂の温度など、温度の管理は「ぬるめ」がポイントです。

・肌にやさしい素材を

けば立った衣類や静電気を起こしやすい繊維は肌に刺激を与えます。

赤ちゃんの肌に直接触れる下着は、木綿などの天然素材を選びましょう。

洗濯時も、洗剤や柔軟剤の洗い残しがないようにしっかりすすぎます。

image by

photo-ac

アトピーかな?と思ったら、まずは医師に相談を

アトピー性皮膚炎は皮膚にあらわれる病気ですが、赤ちゃんの場合は授乳や離乳食も含めて生活全般の配慮が必要です。

かゆみのある湿疹がなかなか治らない場合は小児科や皮膚科を受診し、薬の塗り方などのこまかなアドバイスも受けるようにしましょう。

受診の際はいつ頃からどのような症状があらわれたのか、どのように症状が悪化したのかなど、医師に伝える内容をあらかじめメモしておくと慌てることがなく、適切な治療にもつながります。