気がつくと、子どもの顔や腕、足などに、水ぶくれができていたり、かさぶたができていたり、ひどいときは火傷のようにただれたり...そんな経験がある人も、多いのではないでしょうか。

皮膚のただれや、かさぶた、火傷もしていないのに水ぶくれができていたりするのは、「とびひ」と呼ばれる皮膚の病気かもしれません。

とびひの水ぶくれや、かさぶたには、原因となる細菌がたくさん。

そこを触った手で、あせもや虫刺され、傷口など、肌の弱った部分に触れると、火事が飛び火するように、あっという間に広がっていきます。

今回は、とびひの気になる、症状や、原因、治療法、予防法などについて解説していきます。

とびひの原因は、どこにでもいる細菌

とびひの正式名称は伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)。

あせもや虫刺されを、掻いてできた小さな傷や、転んでできた擦り傷などから、細菌が入り込むことで起こります。

主な原因となる細菌は、黄色ブドウ球菌と、化膿レンサ球菌(別名、溶連菌)。

どちらも常在菌の一種で、鼻の穴や皮膚、自然の中など、身の回りの、いたるところに存在しています。

日本では、黄色ブドウ球菌が原因でとびひとなることがほとんどです。

傷口から皮膚に侵入し、増殖する際に出す毒素が原因で発症します。

また、とびひがよくみられるのは夏場です。

あせもや虫刺されの機会が多いこと、汗をかいて皮膚の清潔が保ちにくいこと、菌が増殖しやすい環境(高温多湿)であることから、流行しやすいといわれています。

汚れた指や爪、鼻の穴をいじったあとの指で、あせもや虫刺されを掻いたり、傷口に触れたりすると感染が広がり、あっという間に、全身に飛び火していってしまいます。

image by

Illust AC

とびひは2種類あり、それぞれ症状が異なります

とびひには、水ぶくれができる水疱性膿痂疹(すいほうせいのうかしん)と、かさぶたができる痂皮性膿痂疹(かひせいのうかしん)、2つの種類があります。

それぞれ原因菌が異なることが特徴です。

  • 水疱性膿痂疹の原因・・・黄色ブドウ球菌
  • 痂皮性膿痂疹の原因・・・化膿レンサ球菌

皮膚についた傷や、何らかの原因で肌のバリア機能が弱まると、そこから菌が侵入し、水ぶくれやかさぶたなどを作ります。

特に、アトピー性皮膚炎では、通常よりも掻き傷が多く、皮膚のバリア機能も低下しているので、とびひにかかりやすい傾向があります。

水ぶくれタイプのとびひ・水疱性膿痂疹の症状

黄色ブドウ球菌が原因のとびひ「水疱性膿痂疹」では、水ぶくれ(ジュクジュクしたできもの)や膿胞(膿が溜まった状態)ができ、かゆくなります。

水ぶくれや膿疱は、掻くと簡単に破れてジクジクします。

水ぶくれや膿疱内の液体や、ジクジクした皮膚から染み出す液体には、原因菌や毒素が含まれており、周りの皮膚に触れることで、飛び火のように拡散。

この液体を触った指からも、感染は広がっていくので、あっという間に全身に広がっていってしまうのです。

水疱性膿痂疹にかかりやすいのは、小学校に上がる前の乳幼児。

好奇心が強い年頃なので、鼻をよく触ったり、身体のあちこちを触ったりと、知らないうちに感染を広げがち。

特に夏場は、菌が繁殖しやすいため、とびひになる子どもが多くなります。

暖房が効いた室内でも、菌は繁殖しやすく、近年では、冬でもとびひにかかる子どもが増加傾向に。

日本で発生するとびひの、実に90%以上が、水疱性膿痂疹だと言われています。

かさぶたタイプのとびひ・痂皮性膿痂疹の症状

夏場に多い「水疱性膿痂疹」に対し、かさぶたタイプのとびひ「痂皮性膿痂疹」は、四季を問わずあらわれることが特徴です。

最初は、小さな水ぶくれや膿疱(膿がたまった袋のようなもの)ができ、のちに分厚いかさぶたとなってあらわれます。

こうしてできたかさぶたは、やがて全身に広がっていきます。

多くの場合、こうした症状が出たときには化膿レンサ球菌と同時に、黄色ブドウ球菌にも感染しています。

強い炎症によって、発熱や喉の痛みが出ることも。

このほかリンパ節の腫れによるヒリヒリ、ジンジンといった疼痛がみられることもあります。

子どもだけでなく、大人にも多くみられるタイプのとびひですが、日本での発生率は10%未満とごくわずかです。

稀にみられるとびひの合併症

稀ではありますが、とびひには合併症がみられます。

その代表が、ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群と小児腎炎です。

これらの病気は、飛び火の原因である黄色ブドウ球菌や、化膿レンサ球菌によって発症します。

≪ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群(SSSS症候群)≫

黄色ブドウ球菌の出す毒素が、血液の中にまで入り込むことで発症。

7歳未満の乳幼児に多く見られ、高熱を出し、真っ赤に腫れた皮膚に触ると、とても痛がります。

多くの場合、入院しての治療が必要に。

≪小児腎炎≫

化膿レンサ球菌が原因の場合、この菌が腎臓に影響を及ぼし、腎臓の働きを悪くすることが、稀に起こります。

熱が出てから1~2週間後に、血尿やむくみ、全身のだるさなどが症状としてあらわれます。

とびひの治療後に、身体の調子が戻ってこないときは要注意

image by

Illust AC

とびひの原因は細菌なので、治療には抗生剤を使います

とびひは細菌が原因なので、治療に使われる薬は、主に抗生物質

通常使用するのは、塗り薬と飲み薬です。

塗り薬は患部に塗ったあと、患部全体をガーゼで覆います。

カーゼは1日に数回交換することで、皮膚を清潔に。

また、とびひはかゆいので、掻きむしった手から広がらないように、かゆみ止めの薬でかゆみを抑えます。

症状が軽いときは、塗り薬などの外用薬での治療で済みますが、化膿レンサ球菌が原因で、重い症状が出ているような場合は、抗生剤を点滴で全身投与することもあります。

シーン別、とびひの治療の注意点

とびひは周囲にうつりやすく、幼稚園や保育園、学校での感染のほか、兄弟間での感染も多いです。

患部に触れた手で触ったり、同じタオルや衣類を使うことでうつるケースも。

とびひの患部を触らせないよう、しっかりとガーゼで覆い、タオルなどは別々のものを使うようにしましょう。

≪海水浴やプール≫

海の水は染みるので、治るまでは、海水浴は避ける方が良いでしょう。

プールの水で感染しないものの、患部を触ったり、ほかの子と接触すると、うつる可能性があるので、完治するまでは禁止されています。

≪登園や登校≫

幼稚園や保育園、小学校には、医師の許可なく行くことはできません。

医療機関で治療し、患部をカーゼでしっかりと覆っていれば、行くことが可能となるので、早めに皮膚科や小児科などの、医療機関を受診しましょう。

ただし、患部が広範囲にわたっていたり、全身に広がっている場合、治るまでは休ませましょう。

≪お風呂やシャワー≫

とびひの患部から出る液体から、ほかの人うつるので、お風呂は避けて、シャワーにしましょう。

身体を洗うときは、石鹸をよく泡立てて、優しく洗い皮膚を清潔に。

兄弟がいる場合は、とびひになっている子は、最後に入浴させましょう。

image by

Illust AC

皮膚を清潔に保つことで、とびひを予防ましょう

とびひの予防は、皮膚を清潔に保つことが最も大切です。

様々なものに触れる機会が多い手は、よく洗い、お風呂やシャワーで全身を清潔にするよう心がけましょう。

鼻の穴や爪は、黄色ブドウ球菌の温床となりやすい環境です。

鼻の下から発症するケースが多いので、子どもには、鼻や鼻の穴をいじらないように、言い聞かせましょう。

爪は短く切り、掻きむしって皮膚を傷つけないようにすることも大切です。

image by

Illust AC

とびひの治療は、お早めに

とびひは、早く治療を始めるほど、治療に必要な期間が短くなります。

放置したり、間違った対処をすると、症状が悪化することも。

また、とびひに似た症状は、アトピー性皮膚炎、水いぼ、あせも、接触皮膚炎、水ぼうそう(水痘)でも、よくみられます。

水ぶくれや、かさぶたができたときなどは、自己判断は禁物

早めに、皮膚科などの医療機関を受診しましょう。

普段から手洗いやシャワー、お風呂などで皮膚を清潔に保ったり、細菌の温床となりやすい爪を短く切っておくことで、細菌の繁殖を抑えたりして、予防することも大切です。