はじめに

寒くなってきたこの季節。そろそろ暖房グッズを使い始めてるのではないでしょうか?

そんなときに気を付けたいのが「低温やけど」です。


使い捨てカイロ、ストーブ、ホットカーペット、湯たんぽ、電気毛布、電気こたつなどはちょっと触ったぐらいでやけどするものではなく、ほどよく暖まることができるものですが、ふとした油断から低温やけどを負う人が近年増えています。

また、ノートパソコンや充電中の携帯電話で低温やけどを発症したというケースもあります。


低温やけどは痛みに気づかないうちに進行することが多く、見た目は軽くても皮膚の内部にまでいってしまえば重症化して傷跡が残ってしまう場合もあります。
そうならないためにも、どんなことに気を付けていけばいいのでしょうか。

image by Photo AC

 

低温やけどになる原因と仕組みは?

やけどは熱の直接的な作用により、皮膚や皮膚の下の組織のタンパク質が変性してしまうことによって起こる症状です。

温かくて快適と感じるのは体温より少し高いくらいの45度前後の温度です。
しかし心地よいからと長時間にわたって45度~60度くらいの熱源に長時間にわたり体の同じ部分がふれていれば、皮膚は熱による損傷を受け低温やけどを発症する場合があります。

低温なのになぜやけどするのかというと、使い捨てカイロなどの生温かいものでも、その熱が1か所にあり続けることで皮膚を圧迫し血管も押し付け、皮膚の内側へじわじわ広がりダメージを与えてしまうのです。


45度前後で30分~4時間で発症し、50度ならば2~3分で発症するといわれています。

ちなみに衣服に貼らないタイプのカイロ(平均温度40度~50度)より、貼るタイプのカイロ(平均温度50度~60度)のほうが温度は高い傾向にあります。

image by Photo AC

 

低温やけどは気づかないうちに重症化している

低温の場合だと長時間触れていても熱や痛みを感じにくく、やけどは低い温度でゆっくりと進行します。
そのため、見た目にはひどい症状には見えず、軽症と勘違いしてしまいがちです。

気づいたときには皮膚が赤く腫れていたり、水ぶくれができていたり、さらに重症化すると皮下組織が壊れ皮膚細胞の一部が死んでしまう壊死(えし)の状態になってしまうこともあります。

その場合皮膚移植の手術などが必要になり、感染症にもかかりやすくなってしまうため、入院が必要になり治るのに何ヵ月もかかってしまうことになります。


低温やけどを起こす部位で多いのが、感覚が鈍い脚です。
脚は他の箇所より熱や痛みを感じにくく、特にかかとやくるぶし、すねなどは、皮膚のすぐ下に骨があるため、熱源に押しつけられていると毛細血管が圧迫されて血流が滞り、その部分に熱がこもってしまい低温やけどを起こすことになります。


冷え性でカイロや湯たんぽなどをよく使う女性、高齢者や、糖尿病により手先や足先の感覚が鈍っている人、体の不自由な人や、自分で寝返りの打てない赤ちゃんなどは要注意です。

疲れていたり、お酒を飲んでそのままホットカーペットやこたつで眠ってしまったため、低温やけどになってしまったというケースも多いです。

パソコンはCPUの高性能化によって発熱量が増大し排熱量も上がっているため、放熱部分に長時間ずっと接触しているとヒリヒリとした症状が現れはじめ、低温やけどになることがあります。

ノートパソコン上で数時間寝てしまったところ、顔に水ぶくれができてしまったという悲惨なケースもあるのです。


またノートパソコンをひざの上でずっと使い続けた場合、放熱や無線LANの影響で精子の数が減少したり損傷するともいわれています。

image by Photo AC

 

低温やけどにならないために注意すること

暖房グッズは、まず取扱説明書をよく読んでから正しく使いましょう。

注意すべきことは、


・直接皮膚に密着させない

使い捨てカイロは必ず衣類の上に貼り、皮膚に直接あてないようにし、1カ所に長時間あてないで使用時間を守りましょう。


また靴用カイロは、酸素の少ない靴の中で使うように作られていますので、他の場所に使うと酸化反応が過剰に起こり高温になるので危険です。
他の部位では使わないようにしましょう。


・睡眠中は使わない

就寝時には湯たんぽによる低温やけどの被害が圧倒的に多く、厚手のタオルやカバーなどに包んでいても低温やけどを起こしてしまうことがあります。
就寝前に布団に入れて温めておき、就寝時には布団から出すことがベストです。


湯たんぽなどに足を直接押しつけたまま就寝すると、圧迫されて血流が悪くなりやけどを促してしまう可能性がありますので注意してください。

電気毛布なども事前に布団を温めておくか、寝るときには電源を切るか、タイマーを1~2時間で切れるようにして設定しましょう。

ストーブの横、こたつの中やホットカーペットの上だったり、使い捨てカイロを貼ったまま眠らないようにしましょう。

・パソコンやスマホの熱を抑える

パソコンには冷却ファンを付けたり、冷却パッドを高温部に貼って発熱対策をしましょう。

スマホは排熱を促進するスマホケースなどもあります。
服のポケットに入れないようにしたり、充電しながらの使用を避けたり、GPSやBluetoothなど同時起動で負荷が多くかかっている不要なアプリを終了させたり、明るさを調整することで、バッテリー負荷を軽減すれば不要な発熱対策をすることができます。

 

低温やけどになってしまったときの対策は?

もし低温やけどになってしまったら、もちろん皮膚科を受診することが賢明です。

応急処置としてはただ冷やせばいいというだけではありません。


水泡が出来てしまった場合には、自分では破かないでください。
破れていない綺麗なままであれば感染予防のためにそのままにしていたほうがいいです。
すでに破れてしまっていたら、綺麗に皮をとり、消毒をしてください。


また間違った薬を塗ったり、ガーゼやテープなどでかぶれると、細菌が付着し炎症を起こすことにもなるので患部は清潔にしましょう。

やけどの度合いにもよりますが、皮膚に潤いのある状態を保って乾燥を防ぐことが大切ですので、傷を洗って乾かさないようにラップをすることも有効とされています。

 

さいごに

低温やけどになったかも?と思ったら、見た目に異常やあまり痛みを感じなくても、皮膚の深いところでやけどを起こしている可能性もあります。

感染症の予防のためにも自己判断せず、早めに医療機関を受診することが大切です。

これからもっと寒くなってくると暖房グッズを使用する機会も増えると思います。
使用方法に注意しながら、寒い冬を乗り切りましょうね。

image by Photo AC