ニキビの跡はどうして残る?

ニキビは皮脂腺から分泌される皮脂が毛穴に詰まり、毛穴の中でアクネ菌という細菌が増殖することで起こる皮膚の炎症です。炎症によって正常な毛穴の構造が破壊されると、炎症が治まった後も皮膚組織へのダメージがニキビ跡となって残ります。

ニキビ跡は症状によって主に3種類に分けられます。

赤みのあるニキビ跡の原因

赤みのあるニキビ跡は、炎症が皮膚の奥に残っているために起こります。

表面上はニキビが治っていても皮膚の奥には炎症が残っています。通常はニキビの腫れが治ると自然と赤みは改善されていきますが、改善がなかなかみられない場合はニキビによるダメージで皮膚が薄くなり肌の奥に残っている炎症が見えている状態です。

シミのようなニキビ跡(色素沈着)の原因

シミのようなニキビ跡は、炎症で生じた血液やメラニンが皮膚に残っていることで起こります。

赤茶色のシミは炎症で出血した血液が酸化し、皮膚に沈着している状態です。また、茶色のシミは肌を守るために生成された大量のメラニン色素が排出されずに皮膚に残っている状態です。

クレーター(凹凸)のようなニキビ跡の原因

クレーターのようなニキビ跡は、くり返しニキビになることで皮膚組織が破壊され陥没てしまったり、コラーゲンが変性して毛穴の形状を維持できなくなったりして起こります。

クレーターのように皮膚の一部が陥没するだけでなく、毛穴周辺が盛り上がってくる場合もあります。

赤いニキビ跡の消し方

赤みのあるニキビ跡はシミやクレーターに比べると軽い症状です。時間はかかりますが肌のターンオーバーにより改善されていきます。ターンオーバーを促進するために、生活習慣やスキンケアに気をつけましょう。

生活習慣のポイント

普段から睡眠をしっかり取り、バランスの良い食事を心がけましょう。また、適度な運動は新陳代謝を高めターンオーバーを助けるので積極的に行うことをお勧めします。

スキンケアのポイント

普段の洗顔はやさしく・たっぷりの泡を転がすようにして行いましょう。

洗顔後は化粧水・乳液・クリームで肌を保湿・保護するとより効果的です。いずれもニキビ跡の赤みには刺激を与えないように、やさしく行ってください。

シミのようなニキビ跡の消し方

シミのように色素が沈着しているニキビ跡も肌のターンオーバーにより徐々に薄くなっていきますが、ニキビのダメージが肌の奥まで及んでいる場合は治るのに時間がかかります。

肌のターンオーバーを正常化する生活習慣を心がけ、根気よく改善していきましょう。

生活習慣のポイント

色素沈着を改善するビタミンC、新陳代謝を活発化するビタミンB群などを中心にバランスの良い食事を心がけましょう。十分な睡眠、適度な運動・入浴で血行を促し新陳代謝を活発にすることも大切です。

スキンケアのポイント

洗顔にはフルーツ酸(AHA)を配合しているものを使用して肌のターンオーバーを促します。洗顔後のケアにはビタミンC誘導体などの美白成分を配合した化粧水などでしっかり保湿すると良いでしょう。

紫外線はメラニンの生成を促すので、季節を問わず紫外線対策はしっかり行ってください。

クレーターニキビ跡の消し方

赤みやシミと異なり、クレーターニキビ跡をセルフケアで消すことは困難です。

クレーターニキビは肌のターンオーバーが行われない肌の奥にダメージが及んでいる状態です。そのため、化粧品などのスキンケアで肌のターンオーバーを促進しても、改善が期待できないのです。

ニキビのクレーター跡をしっかり治すためには、レーザーやピーリングなど専門的な治療が必要となります。クレーターニキビ跡が黄になる場合は皮膚科専門医に相談しましょう。

ニキビ跡を残さないためにもしっかり治療を

ニキビ跡を残さないためにも、ニキビはきちんと治療することが大切です。触ったり潰したりすると跡が残りやすくなるので注意してください。

ニキビは段階を経て悪化していきます。悪化すればするほど跡になりやすくなるので、早い段階で治療しましょう。

ニキビを病院で治す

ニキビやニキビ跡は、皮膚科で治療することも可能です。

クレーターのようなできてしまったニキビ跡を治すだけではなく、跡を残す前に病院の治療を受けることも一つの手です。ニキビを早く治したい方、ニキビを繰り返してしまう方も、症状が悪化する前に皮膚科専門医に相談しましょう。

ニキビを市販薬で治す

症状の軽いニキビの治療には市販薬が有効です。市販薬は年齢やさまざまなタイプが販売されています。ニキビの状態や年齢に合わせて適した薬を選択しましょう。 

おわりに

ニキビ跡は消えるまでに時間がかかったり、きちんと治療しないと跡が一生残ってしまったりする場合もあります。

できてしまったニキビは放置せずに、早い段階でしっかりケアをして跡を残さないように気をつけましょう。