スプレータイプ、クリームタイプ、パウダータイプなど、日焼け止めには多くの種類が販売されています。

それぞれのタイプで長所や短所などの特徴を知っておくことで、より効果的に日焼け止めを使い分けることができます。

この記事では日焼け止めのメカニズム解説。スプレー・パウダー・クリームそれぞれのメリットとデメリットを解説します。

日焼け止めの種類の違いは?

市販されている日焼け止めは成分や日焼け止めの作用の違いによって「紫外線散乱剤」と「紫外線吸収剤」の2種類に分けることができます。

紫外線散乱剤

紫外線散乱剤は、粒子が紫外線を反射して散乱させることで紫外線が肌に届かないようにするものです。自然に存在するような天然の成分のノンケミカルタイプでつくられていることが多いので、肌への負担は少なく長持ちすることが特徴です。

短所は白浮きしたり付け心地が少し悪く感じるといったことがあげられます。

主な紫外線散乱剤の成分には、酸化チタン、酸化亜鉛などがあります。

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤は、肌が受けた紫外線を吸収して化学反応を起こすことで処理するものです。使い心地はよいですが、紫外線と反応し続けるため時間と共に効果が弱まるのでこまめな塗り直しが必要です。

化学反応を起こすための化合物でつくられているため、肌の弱い方は刺激を感じることもあるようです。

主な紫外線吸収剤の成分には、メトキシケイヒ酸オクチル、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、オクチルトリアゾンなどがあります。

PAとSPFとは?

日焼け止めによく表記されている「PA」とは、紫外線A波(UVA)をブロックする強さをあらわしているものです。PAに+が多く表記されているものほど効果が強いことをあらわしています。強さは4段階あり、一番強いものはPA++++です。

「SPF」は、紫外線B波(UVB)への防御力の強さをあらわしているものです。

SPF50などの数字は効き目のある時間ではなく、日焼けを起こすまでの時間を何倍遅らせることができるのかをあらわしています。人が日焼けを起こすまでには個人差がありますが、SPF30なら30倍遅らせることができるという意味をあらわしています。

日焼け止めはどう使い分ける?

日焼け止めには、スプレー・パウダー・ジェルなどさまざまな剤型があります。それぞれに特徴があり、長所や短所が異なります。

なお、どのタイプの日焼け止めでも、肌への負担になる合成の香料や着色料が配合されているものはできるだけ控えましょう。

日焼け止めスプレー

スプレータイプの日焼け止めを使用する方は近年増えています。全身や顔にも使えるものが多く販売されています。

しかし、顔用OKとの表記があっても、直接顔に吹きかけると薬剤が目などに飛び散る可能性があるため、一度手にスプレーしたものを顔に塗ることが推奨されています。スプレータイプは液体なので、化粧をした上からスプレーすることは向いていません。スプレータイプは化粧をする前に使用しましょう。

【メリット】

手軽に吹きかけられ手を汚さずに使えます。手で塗りにくいような背中、足元のほか、髪や頭皮の日焼け止め使いに便利です。頭頂部や、直射日光を受けやすい部分にスプレーしましょう。

少しだけ外出するときや、こまめな塗り直しに向いています。また、他の日焼け止めタイプとの併用にも便利です。

【デメリット】

スプレーのため薄付きであり塗りムラができやすいです。また、塗るタイプのものより汗で流れやすいこともあるため、2~4時間ごとにこまめに塗り直すことが必要です。

スプレータイプは一般的に紫外線吸収剤を使っているものが多いため、敏感肌の方は合わないことがある可能性があります。スプレータイプの中には紫外線吸収剤不使用のものもあるので、肌が弱い方はノンケミカルタイプを選ぶようにしましょう。

日焼け止めパウダー

パウダータイプは主に顔に使うもので、メイクの上から簡単に重ねるだけで効果があり、近年需要が高まってきているタイプです。顔への使用を主目的としているため、基本的には肌にやさしい成分が使われています。

【メリット】

クリームタイプのように肌に直接塗らないため、肌への刺激が少なく不快感を感じにくくなっています。

ほとんどのパウダータイプが肌に優しい成分を使用しているので、敏感肌の方におすすめできます。ノンケミカルタイプや紫外線吸収剤の成分を含まないものを選ぶとさらに肌への刺激がおさえられます。

【デメリット】

汗で落ちやすいためにこまめな塗りなおしが必要です。

パウダータイプのみでは日焼け止めとしての効果は不十分です。UV効果のある下地やファンデーションの上から重ね塗り、他のタイプの日焼け止めなどとの併用をおすすすめします。

日焼け止めクリーム・乳液

クリームタイプの日焼け止めは一番メジャーなタイプです。特に紫外線の強い時期にしっかり肌を守りたい方に適しています。乳液タイプは、クリームタイプより伸ばしやすく塗りやすいものが多いです。クリームタイプでは肌への刺激が強いと感じる方におすすめです。

【メリット】

肌に対する密着度が高く汗や水にも強く落ちにくいです。保湿力が高く乾燥肌の方にも適しています。他の種類の日焼け止めより落ちにくいので、屋外で汗をかくような運動をするときにおすすめです。

ウォータープルーフタイプのものを使うとさらに効果が期待できます。

【デメリット】

ジェルタイプなどのものより伸びが悪いので、べたついたり白浮きすることもあります。密着度が高いものは肌から落としにくいので、しっかりとしたクレンジングが必要になります。含んでいる油分が多いので肌荒れやニキビを起こす原因になることもあります。

また、他の種類のものより塗り直しに手間がかかります。スプレータイプとの併用や、顔にはパウダータイプの日焼け止めなどと併用するとよいでしょう。

日焼け止めジェル

日焼け止めの種類の中でも塗り心地が特によいため気軽に使う方が増えてします。油分の多さやベタつきが気になる方におすすめです。

【メリット】

サラっとした塗り心地のよさがあり、伸びがとてもよく使いやすいです。紫外線が弱いときや、短時間の外出時に向いています。

【デメリット】

使用感のよさからPAやSPFが低いものが多い場合があり、肌に刺激の強い成分を含んでいる可能性もあります。長時間の強い紫外線への対策には単品使いでは不十分なので、他の日焼け止めと併用するなど用途に合わせて使い分けましょう。

おわりに

日焼け止めの種類はさまざまありますが、それぞれの特徴を知ることでよりよい使い分けができます。

自分の体質や目的に合った日焼け止めを選ぶようにしましょう。