ニチバン「ケアリーヴ治す力」について

切り傷やすり傷は、できれば痕を残さず早く治したいものです。傷ができた時、まず患部を外部の刺激や雑菌から保護するために絆創膏を貼りますよね。

最近はこの絆創膏自体に傷を治りやすくする加工をしたものが多く販売されています。

ニチバンから販売されている「ケアリーヴ治す力」もそんな高機能絆創膏のひとつです。なぜ、傷を早く治すことができるのでしょうか?

この記事では「ケアリーブ治す力」の効果について解説します。


image by PhotoAc

 

なぜ「ケアリーブ治す力」は傷が早く治るのか?

傷治療は「ドライヒーリング(乾燥療法)」から「モイストヒーリング(湿潤療法)」へ

従来は傷ができたら、かさぶたを作って治す“ドライヒーリング(乾燥療法)”が主流でした。しかし、この方法は傷の治りが遅かったり、傷跡が残りやすいというデメリットもありました。

そこで最近は傷を乾かさずに治す「モイストヒーリング(湿潤療法)」という治療法が行われています。

 

傷を早く治す治療法「モイストヒーリング」とは?

止血後、傷口から出る透明な体液を患部にとどまらせて傷を治す治療法です。

この体液には細胞の増殖を活性化させる因子が含まれています。これにより傷の修復が進み、ほとんど傷痕を残さず早くキレイに皮膚を再生することができるのです。

かさぶた代わりの「ハイドロコロイド」

「ケアリーブ治す力」はハイドロコロイドという密閉度の高い素材で患部を覆い傷口のみを密閉し患部の湿度を保ちます。

その他の粘着部分は高密度のウレタン不識布を使用。通気性をよくし、肌の動きにもフィットします。

ニチバン ハイドロコロイド絆創膏 ケアリーヴ治す力

★その他のサイズ★(リンク先はAmazonに繋がります。)

SサイズLサイズLLサイズビッグサイズジャンボサイズ指先用
 

効果・効能

切り傷、すり傷、さし傷、かき傷、あかぎれ、さかむけ、くつずれなどの創傷及び軽度の熱傷(やけど)の「治癒の促進」、「痛みの軽減」「湿潤環境の維持」「保護」
 

使い方

傷を水道水などでよく洗い、清潔なティッシュペーパーやタオルなどで水分を拭き取ってから、適切なサイズのものを患部に貼ってください。

 

細かい傷には「液体絆創膏」が便利

指先のささくれなど、絆創膏を貼るのが難しい部分には液体絆創膏が便利です。

こちらはケアリーヴシリーズではありませんが、ひとつ持っておくと非常に便利な液体絆創膏。つけた時はちょっと・・・結構、しみますが皮膚の一部となって傷をケアしてくれます。

 

おわりに

「ケアリーヴ治す力」をはじめとした絆創膏はすり傷や切り傷など消毒や自然治癒で治る範疇の傷にお使いください。

古い家屋や屋外にある、錆びた鉄や古い釘で怪我をした場合は「破傷風(はしょうふう)」と言った感染症にかかかる危険があります。

そのような場合は自己判断しないで必ず医師による適切な治療を受けてください。