病院を受診すべき症状

一般的に「湿疹」は皮膚の炎症のことをいい、「かぶれ」は皮膚に刺激物質やアレルギー物質が接触することが原因で起こる炎症のことをいいます。

一時的な湿疹やかぶれは、基本的には市販薬で対処できます。

ただし、次のような場合は自己判断で市販薬を使用せず病院を受診しましょう。

・広範囲に湿疹が広がっている場合
・発熱や倦怠感、痛みやしびれなどの症状をともなう場合
・ウイルス性・細菌性・真菌性の湿疹が疑われる場合(唇・陰部・足の裏など)

また、繰り返す湿疹はアトピー性皮膚炎の可能性があるため、皮膚科医による治療を受けましょう。

湿疹に効く市販薬を選ぶポイント

湿疹には、皮膚の炎症やアレルギーによるかゆみをおさえる働きのある薬を選びましょう。

湿疹の炎症を鎮める成分には、ステロイド成分と非ステロイド性抗炎症成分があります。

炎症を鎮める作用や使用できる部位などに違いがあるため、湿疹の炎症の段階や塗る場所に応じて、薬を選びましょう。

ステロイド成分の特徴

ステロイドの市販薬は、作用が強い順にストロング>ミディアム>ウィークの3ランクに分かれています。

効果と副作用の強さは比例しますが、「広範囲に大量に使用しない」「長期間使用しない」などの使用上の注意を守れば、副作用の心配はほとんどありません。

なお、メーカーによって異なりますが、目安としては、広範囲とは手のひら2~3枚を超える程度の量を指し、長期間とは1週間程度を指します。

ただし、製品によっては具体的な使用期間が設定してあるものもあるため、説明書を確認しましょう。

また、大人では5〜6日、子どもなら2〜3日使用しても改善が見られない、あるいは悪化した場合は、皮膚科を受診してください。

ステロイドのランクを選ぶ際は、症状の程度と使用する部位の皮膚の厚さを基準にしましょう。

皮膚の薄い部位は弱いランクのステロイドでも効果を発揮し、皮膚の厚い部位は強いランクのステロイドでないと効果が感じられないことがあります。

ステロイドの強さと皮膚の関係

皮膚の薄い部位は弱めのランクのステロイドでも効果が出やすくなります。

いっぽう皮膚の厚い部位は、薬の成分を吸収しにくいため、強めのランクのステロイドを使用することで効果が現れやすくなります。

顔・首・脇の下・ひじやひざの内側・外陰部は皮膚が薄い部位であり、反対に手のひら・腕・足・胴体は、比較的皮膚が厚い部位です。

ステロイドの使用を避けた方が良い場所

ステロイドには局所の抗炎症作用に加えて免疫反応を抑制する作用があります。

その免疫反応抑制作用により、ステロイドは細菌類、真菌類、ウイルスなどによる皮膚の感染症を悪化させるおそれがあります。

細菌・真菌・ウイルスの感染が疑われる場合は、ステロイドの薬は使用せずに病院を受診してください。

特に唇はヘルペスウイルス、陰部はカンジダ菌、足の裏は白癬菌の感染がよくみられる部位のため、自己判断でのステロイドの薬の使用は避けましょう。

また、目のまわりにステロイドの薬を使用すると、緑内障などの眼病を発症したという報告もあります。

目のまわりには、非ステロイドで目のまわりにも使える市販薬を使用しましょう。

ステロイドではない抗炎症成分の特徴

炎症をおさえる成分にはステロイドではないものもあり、代表的な成分にウフェナマートとグリチルレチン酸があります。

ウフェナマートは、過剰に産生されたプロスタグランジンの合成を抑制し、腫れや痛みをおさえる非ステロイド性抗炎症成分です。

ステロイドよりも炎症を鎮める作用は弱いですが、副作用が起こりにくくなっています。

グリチルレチン酸は、生薬の甘草に含まれる成分で、抗炎症作用と抗アレルギー作用があります。

ステロイドよりも弱い働きであり、赤ちゃんでも使うことが可能です。

赤ちゃん・子ども・妊娠中の湿疹の薬の選び方

赤ちゃん・子ども・妊娠中は、ステロイドの薬の使用に注意が必要です。

ステロイドの作用の強さや、使用範囲に気を配りましょう。

赤ちゃん・子どもでも使用できる湿疹の市販薬

赤ちゃんや子どもは皮膚の発達が未熟なため、薬の成分が浸透しやすくなります。

子どもがステロイド薬を使用する場合は、ストロングの薬は避けましょう。

目安として、2歳未満の子どもはウィーク、幼児から小学生の子どもはミディアム以下のステロイドを使用してください。

ステロイドの薬を3日使用しても症状が改善しない場合は、病院を受診してください。

また、症状が軽度であれば、ステロイド以外の消炎成分を使用した薬がおすすめです。

妊娠中でも使用できる湿疹の市販薬

一般的に妊娠中でも、ステロイドの塗り薬を短期間狭い範囲に使用することは問題ないとされています。

しかし自己判断では使用せず、薬の使用の前にかかりつけの医師に相談してください。

非ステロイドの塗り薬を使用することも選択肢のひとつです。

おわりに

湿疹に効果を発揮する市販薬には、ステロイドと非ステロイドのものがあります。

症状の程度や使用する場所によって、薬を使い分けましょう。

薬の使用の際は添付文書をよく確認し、症状が改善しない場合は病院を受診してください。