手の湿疹の予防には保湿が有効!おすすめのハンドクリームを紹介

手の湿疹にハンドクリームが効果はあるのか解説。保湿におすすめのハンドクリームと湿疹を治す市販の医薬品をミナカラ薬剤師監修のもと紹介します。手の湿疹を治す上で大切なポイントについても詳しく解説しています。

手の湿疹の予防には保湿を行うことがポイント

手湿疹の原因は、外的刺激・アレルギー反応・アトピー性皮膚炎に大別できます。

その中でも手の湿疹は主に外的刺激が原因のことが多く、日頃から手の保湿をして皮膚のバリア機能を高めておくことが大切です。

そのため、保湿のために皮脂を補うハンドクリームを使用することは、湿疹の予防に効果的であるといえます。

ただし、ハンドクリームを使用する場合は手が乾燥している場合にとどめ、手に水ぶくれのようなものができていたり、ジクジクと化膿していたりする場合は、速やかに皮膚科を受診しましょう。

なお、アトピー性皮膚炎の場合は、皮膚科を受診してアトピー性皮膚炎の治療に沿って手湿疹を改善していく必要があります。

湿疹を予防する保湿におすすめのハンドクリーム

次に紹介するハンドクリームには、ワセリンやグリセリンなどの保湿成分・グリチルリチン酸・ビタミンEなどが配合されています。

成分名 効果
保湿成分(ワセリン・グリセリンなど) 皮膚に潤いを与えて乾燥を防ぐ
グリチルリチン酸 皮膚の炎症をおさえる
ビタミンE 血行を促進することで皮膚の治りを助ける

ハイテウルクリームN

皮膚の炎症をおさえるグリチルリチン酸、血行を促進するビタミンEの酢酸トコフェロール、保湿成分のグリセリンが配合されています。

無着色・無香料で刺激が少なく、伸びがいいハンドクリームです。さまざまな皮膚科やクリニックでも推奨されている商品です。

ポーラファルマ ハイテウル クリームN <120g>

ユースキンA

皮膚の炎症をおさえるグリチルリチン酸、血行を促進するビタミンE酢酸エステル、保湿成分のグリセリンが配合されています。

さらに、dl-カンフル配合でスーッとした清涼感も特徴です。

クリームの色が黄色いですがこれはビタミンの色であり、手に色が残ることはありません。

ユースキンA(ユースキンAa)

メンソレータムハンドベールプレミアムリッチバリア

皮膚の炎症をおさえるグリチルリチン酸、血行を促進するビタミンE誘導体、保湿成分の白色ワセリン、グリセリンが配合されています。

さらに、殺菌成分のイソプロピルメチルフェノールも配合されています。

水を弾くクリームになっているため、水仕事が多い人にもおすすめです。

メンソレータム ハンドベール プレミアムリッチバリア 70g 【医薬部外品】

手に湿疹ができてしまった場合におすすめの医薬品

ハンドクリームには、手にできた湿疹をすぐに治す効果はありません。

手に湿疹ができてしまった場合には、炎症を鎮める作用のある医薬品を使用しましょう。

5〜6日使用しても症状が改善しない場合は、使用を中止して医師・薬剤師・登録販売者に相談してください。

メンソレータムメディクイッククリームS

高い消炎効果のあるステロイドであるプレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルを主成分とした手湿疹におすすめのクリームです。

かゆみをおさえるクロタミトンとリドカイン、荒れた肌を修復するアラントイン、殺菌作用のあるイソプロピルメチルフェノールも配合しています。

メンソレータムメディクイッククリームS

手にできる湿疹を予防する方法は?

手の湿疹は一般的に、手を使っている限り悪化し続け、手を使わないようにすると症状が良くなるとされています。

しかし、日常生活において手を使わないようにすることは難しいため、手を外的刺激から防御することも治療において重要なポイントになります。

手湿疹の改善をうながすために、日常生活においては次のようなことに注意しましょう。

手袋をはめて生活する

日常生活では可能限り手袋をはめて、ほこりなどの外的刺激から手を守りましょう。手袋は肌への刺激が比較的少ない、綿手袋がおすすめです。

水やお湯を使いすぎない

水やお湯は、手の皮脂を落とし乾燥しやすくなります。

洗剤・シャンプー・アルコールなどを使いすぎない

水やお湯と同様に、洗剤・シャンプー・アルコールなども手の皮脂を落として乾燥しやすくします。また、含有成分が刺激となり手湿疹を助長するおそれもあります。

水仕事や洗剤を使うときは手袋をはめる

水や洗剤などを止むを得ず使用する場合は、ゴム手袋や使い捨ての手袋をはめて手を保護しましょう。ただし、ゴムやポリエスチレンにアレルギー反応を示す場合もあるため、注意してください。

おわりに:湿疹が改善されない場合は皮膚科を受診

湿疹の重症度が増している場合は、保湿剤やステロイドの外用薬、抗ヒスタミンなどの内服薬、漢方薬などによる治療が必要な場合があります。また、手湿疹ではなく、手の水虫やカンジダ症であるおそれもあります。

ハンドクリームによる保湿や外的刺激からの対策を行っても手の湿疹がなかなか改善されない・症状が悪化した場合は、湿疹を治す市販薬を使用するか、皮膚科を受診することをおすすめします。

購入はこちらから

紹介されたお薬/アイテム

ポーラファルマ ハイテウル クリー...

ユースキンA(ユースキンAa)

メンソレータム ハンドベール プレ...

メンソレータムメディクイッククリームS

湿疹(しっしん)のお役立ち情報

  • 湿疹に効く市販薬の選び方|成分の特徴を解説

    湿疹に効く市販薬の選び方|成分の特徴を解説

    湿疹に効果のある市販の薬の選び方を詳しく紹介。ステロイドの効果と正しい使い方や非ステロイドの薬の違いについて解説。顔・首・手などに使用できる薬、赤ちゃん・子ども・妊娠中でも使用できる薬の選び方を記載しています。

  • 赤ちゃんの湿疹に市販薬は使える?正しいケアのポイントも紹介

    赤ちゃんの湿疹に市販薬は使える?正しいケアのポイントも紹介

    赤ちゃんの湿疹に市販薬が使えるかどうかをミナカラ薬剤師監修のもと解説するとともに、赤ちゃんの湿疹をケアする際のポイントも紹介します。また、乳児湿疹の種類や症状の特徴についても解説します。

  • 湿疹に効く漢方薬を紹介します

    湿疹に効く漢方薬を紹介します

    湿疹改善に効果のあるミナカラ薬剤師おすすめの漢方薬を厳選紹介。かゆみ・化膿などの症状ごとに適切な漢方薬を紹介します。漢方薬の選び方もあわせて解説します。また、手・頭皮・顔に湿疹の症状が現れた場合にも使用できる、塗る軟膏タイプの漢方薬も使い方とあわせて紹介します。漢方薬を使用するときに注意すべき副作用についても解説。

  • 湿疹の跡は市販薬で消える?

    湿疹の跡は市販薬で消える?

    湿疹の跡は市販薬で消えるのか徹底解説。湿疹の跡の色や状態はさまざまで、茶色・黒ずみ・赤み・白く盛り上がったものなどがあります。湿疹の色別におすすめの市販薬を薬剤師監修のもと紹介します。

  • 脇の湿疹・かゆみの原因と市販薬を紹介します

    脇の湿疹・かゆみの原因と市販薬を紹介します

    脇(脇の下)の湿疹・かゆみに効くおすすめの市販薬をミナカラ薬剤師監修のもと紹介します。症状の原因・対処法を詳しく解説し、それぞれの症状に適切な市販薬をピックアップしています。脇の湿疹・かゆみは、市販薬で対処できる場合と皮膚科の受診が必要な場合があります。自己判断でむやみに市販薬を使用せず、それぞれの症状・原因を理解し、正しい対処をしましょう。

  • 目の周りの湿疹に使えるおすすめの市販薬

    目の周りの湿疹に使えるおすすめの市販薬

    目の周りにできる湿疹に効く、ミナカラ薬剤師おすすめの市販薬を厳選紹介。目の周りは皮膚が薄くデリケートで、通常の湿疹薬をそのまま使用することができないため、ミナカラ薬剤師が目の周りでも使用できる成分の入った薬をピックアップします。また、目の周りに湿疹ができる原因についてもあわせて解説。目の周りに薬を使用する際の注意点も紹介します。

  • 湿疹に効く市販薬は?適した部位と有効成分ごとに解説

    湿疹に効く市販薬は?適した部位と有効成分ごとに解説

    湿疹に効く市販薬を紹介します。市販薬を選ぶときのポイントや、どんな症状にはどのような有効成分が適しているのかなどについても解説します。また、市販薬で対処が可能な湿疹の見分け方についてもあわせて解説します。

  • 湿疹が出ているときにおすすめの入浴剤!自分でできる予防法も紹介

    湿疹が出ているときにおすすめの入浴剤!自分でできる予防法も紹介

    乾燥などによって湿疹が現れた際におすすめの市販の入浴剤を薬剤師監修のもと紹介します。湿疹やかゆみが出ている肌はデリケートなため、症状に合った低刺激のものを選びましょう。また、日頃から湿疹を予防・改善するために心がけておくべきこともあわせて紹介します。

  • オイラックスPZリペア軟膏・クリームについて解説!成分や使い方は?

    オイラックスPZリペア軟膏・クリームについて解説!成分や使い方は?

    第一三共ヘルスケア株式会社が販売する「オイラックスPZリペア軟膏」と「オイラックスPZリペアクリーム」について徹底解説。ステロイドの強さや使用方法、副作用について紹介しています。湿疹やかぶれなどの治療にオイラックスPZリペア軟膏やクリームを正しく使いましょう。

  • 湿疹に保湿は効果がある?保湿剤は使えるのか徹底解説

    湿疹に保湿は効果がある?保湿剤は使えるのか徹底解説

    保湿により湿疹は改善するのか解説。ヘパリン類似物質・尿素・ワセリンなどの保湿剤は湿疹に効果があるのか紹介しています。乾燥による湿疹におすすめの市販薬も記載。

湿疹(しっしん)に関連するQA