湿疹・皮膚炎の原因と対策|自分でできるケア方法は?

湿疹やかゆみをともなう皮膚炎の原因と対策について解説します。また皮膚炎の種類や症状が出やすい部位、病院を受診する目安など、湿疹について徹底解説します。

湿疹・皮膚炎の原因は?

湿疹は代表的な皮膚トラブルの1つです。皮膚が赤くなったり、かゆみや水疱などの症状が出たりする疾患をまとめて湿疹と呼びます。

湿疹の原因は主に以下のものがあげられます。

皮膚への外的刺激

皮膚にはバリア機能があり、日頃さまざまな外的刺激から身体を守っています。

しかし、皮膚のバリア機能を超える刺激が身体に与えられると、湿疹やかゆみなどの皮膚トラブルが現れます。

原因となる外的刺激は石鹸や洗剤、衣服の摩擦、貴金属、植物などの身の回りにあるさまざまなものが対象となります。

シャンプーやリンス、薬剤なども原因になり得ます。

アレルギー

花粉やハウスダストなどの物質を身体が異物として認識し、身体から排除するために過度に免疫反応を示すと、アレルギー症状が発生します。

異物として認識したアレルギー物質が体内に入ると、身体を防衛する免疫機能を担う肥満細胞から、ヒスタミンというかゆみの原因となる物質が放出されます。これが原因となり、湿疹などのかゆみをともなう皮膚トラブルが現れます。

細菌・カビの感染

皮膚が細菌に感染すると、さまざまな細胞が身を守るために細菌に攻撃をしかけます。その際に出る生理活性物質が皮膚の炎症を引き起こし、湿疹などの皮膚トラブルを引き起こします。

また、水虫の原因菌として知られている白癬菌などのカビも湿疹の原因となるため、皮膚を清潔に保つことが重要です。

ストレス

人間はストレスを感じると、体内の免疫機能が低下します。免疫機能が低下すると皮膚のバリア機能が衰え、湿疹などの皮膚炎を発症しやすくなります。

湿疹・皮膚炎の種類

皮膚が赤くなったり、かゆみの症状が出ることをまとめて湿疹と呼びますが、なかには病名がついている湿疹もあります。

よく見られる湿疹の種類には以下のものがあります。

病名 症状が出やすい部位
接触性皮膚炎 全身
アトピー性皮膚炎 手、腕、関節の内側、首
手湿疹
脂漏性皮膚炎 頭、顔、脇
皮脂欠乏性湿疹 全身

接触性皮膚炎

接触性皮膚炎は何らかの物質が皮膚に触れることで炎症を起こす皮膚炎です。おむつや衣服などの刺激によって起こる刺激性接触皮膚炎と、特定のアレルギー物質に触れることによって起こるアレルギー性接触皮膚炎に分けられます。

接触した部位にのみ炎症が起こることが特徴です。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎のはっきりとした原因はいまだに解明されていませんが、ハウスダストや食べ物などによって引き起こされると考えられています。

また、家族にアトピー性皮膚炎を発症している人がいると、子供も同じくアトピー性皮膚炎になりやすく、遺伝的要因が強い病気でもあります。

疾患部位がカサカサと乾燥していることが特徴ですが、ジクジクしたりかさぶた様になったりすることもあります。

アトピー性皮膚炎は、原因となる物質が人によって異なります。症状を悪化させないためには、原因となるアレルギー物質を早く特定し、その物質を近づけないことが重要です。

手湿疹

洗剤などの刺激によって発生する手荒れのことを手湿疹と呼びます。水や洗剤などによって手のひらの皮脂が少なくなり、乾燥で皮膚が赤くなります。悪化すると皮膚がヒビ割れ、かゆみや痛みが生じます。

水仕事をする主婦に多く見られるため、主婦湿疹とも呼ばれます。

脂漏性皮膚炎

皮脂の分泌異常やホルモンバランスの乱れによって引き起こされる皮膚炎です。主に皮脂の分泌が盛んな頭部、顔、脇の下に発症しやすいです。

皮膚が赤くなったり、黄色いかさぶたができることがあるのが特徴です。頭部に発症した場合は、大きなフケが大量に発生したり、頭部のにおいが強くなることがあります。

皮脂欠乏性湿疹

皮脂分泌が不足することによって皮膚の水分が減少し、乾燥によるかゆみや湿疹を引き起こす皮膚炎です。加齢や入浴で身体を洗いすぎることが原因となることが多いです。

皮膚が乾燥でカサカサになり、強いかゆみを引き起こすことが特徴です。

湿疹・皮膚炎の対策

湿疹などの皮膚炎があらわれているは場合は、以下のような方法で対策をしましょう。

原因物質を避ける

アレルギーが原因で湿疹などの皮膚炎があらわれている場合は、早急に原因を特定しましょう。原因物質は食べ物やハウスダスト、金属、薬、植物など、人によって異なります。

原因物質を特定できれば、その物質を避けることによって、湿疹の悪化を予防できます。原因物質がわからない場合は、病院で検査を受けましょう。

患部を冷やす

湿疹はかゆみをともなうことがほとんどですが、皮膚をかきむしってしまうと肌のバリア機能がさらに低下し、症状が悪化します。さらに患部をかくことによって傷ができてしまい、化膿したり跡が残ったりするおそれがあります。

かゆみの症状は患部を冷やすことによって対処しましょう。皮膚を冷やすことによって血流が滞り、かゆみの原因物質の集中を和らげることができます。

水で絞った濡れタオルや、保冷剤をタオルでくるんで皮膚にあてて対処しましょう。

手湿疹の場合は手袋をつける

手湿疹の場合は、水や洗剤などの外部刺激から皮膚を守るために手袋をつけましょう。

ただし、ビニール袋やゴム手袋をそのまま装着すると、それ自体が皮膚への刺激となるため、下に木綿などの刺激の少ない手袋を装着することをおすすめします。

薬を使用する

かゆみの症状が強い場合は、市販のかゆみをおさえるクリームや軟膏を使用しましょう。湿疹などの皮膚炎へ効果的な市販薬に関して詳しくは、こちらの関連記事をごらんください。

皮膚の保湿ケアをする

湿疹などの皮膚炎は、皮膚のバリア機能を超える外的刺激や内的要因によって現れます。

症状を緩和するためには、皮膚のバリア機能を高めることが重要となりますが、皮膚が乾燥していると、このバリア機能が衰えていってしまうため、注意が必要です。

入浴後や顔を洗った後はそのまま放置をせず、化粧水や乳液、ボディクリームなどで皮膚を早めに保湿しましょう。

おわりに:こんな時は病院を受診

かゆみの症状が強かったり、患部がひどく化膿したりしている場合は、病院を受診しましょう。また、市販薬を使用しても症状が良くならない場合も病院を受診してください。

使用している薬が湿疹の原因に対して効果のあるものではない、あるいは他の病気が原因になっているおそれがあります。

病院では血液検査やパッチテストによって原因を特定し、その原因にあった対処をしてくれます。早めの受診をしましょう。

湿疹(しっしん)のお役立ち情報

湿疹(しっしん)に関連するQA

dメニュー