ベトネベートクリームSの特徴|使い方や注意点について

ベトネベートクリームSの使用方法や注意点を解説。ベトネベートN軟膏ASとの違いについても解説します。

ベトネベートクリームSの特徴

ベトネベートクリームS

ベトネベートクリームSは、ステロイドであるベタメタゾン吉草酸エステルを配合したクリームタイプの塗り薬です。赤み・かゆみ・ぶつぶつなどの皮膚の炎症や、じんましんや虫刺されなど幅広い症状に優れた効果をあらわします。

ベトネベートクリームSの効能・効果は以下のようになっています。

しっしん,皮膚炎,あせも,かぶれ,かゆみ,しもやけ,虫さされ,じんましん

ベトネベートクリームS添付文書

有効成分「ベタメタゾン吉草酸エステル」について

ベタメタゾン吉草酸エステルは、抗炎症作用をもつステロイド成分です。皮膚の赤み・かゆみ・腫れなどの症状をしっかりおさえます。

ステロイドは強さが5段階に分けられていますが、ベタメタゾン吉草酸エステルは3番目に強い「ストロング」というランクに位置しており、市販薬の中では最も強いランクとなっています。

医療用医薬品と同成分を同量配合

ベトネベートクリームSは、100g中にベタメタゾン吉草酸エステルを0.12g配合しており、医療用医薬品にも、同成分を同量配合した商品が販売されています。

「ベトネベートクリーム0.12%」と「リンデロンVクリーム0.12%」という商品があり、医療用医薬品の場合はクリームタイプだけではなく、軟膏タイプも販売されています。また、ジェネリック医薬品も販売されています。

ただし、ベトネベートクリームSは医療用医薬品と効能・効果が異なるため、説明書をよく読んでから使用しましょう。

べたつかないクリームタイプ

ベトネベートクリームSは、べたつかない使い心地の良いクリームタイプの塗り薬です。伸びが良いため塗りやすく、軟膏と比較すると吸収されやすい性質があります。

また、特に乾燥した部位への使用が適しています。クリームは軟膏よりも刺激があるため、傷がある部位やジュクジュクした部位へ使用すると、刺激を感じることがあります。

ベトネベートN軟膏ASとの違いは?

ベトネベートクリームSの販売元である第一三共ヘルスケア株式会社から「ベトネベートN軟膏AS」という医薬品が販売されています。

ベトネベートクリームSには、ステロイドであるベタメタゾン吉草酸エステルのみが配合されています。それに対して、ベトネベートN軟膏ASには、ベタメタゾン吉草酸エステルと抗生物質のフラジオマイシン硫酸塩の2種類の有効成分が配合されています。

各製品の成分と分量は以下の通りです。

ベトネベートN軟膏AS

ベトネベートクリームS

成分 分量(100g中) 成分 分量(100g中)

ベタメタゾン吉草酸エステル

0.12g ベタメタゾン吉草酸エステル 0.12g

フラジオマイシン硫酸塩

0.35g(力価)

ベトネベートクリームSとベトネベートN軟膏ASでは有効成分が異なるため、効能・効果も異なります。

ベトネベートクリームSには抗生物質が配合されていないため、化膿性疾患や化膿している部位への使用はできませんのでご注意ください。

ベトネベートN軟膏ASについては関連記事をごらんください。

ベトネベートクリームSの使い方

ベトネベートN軟膏ASは、1日1~数回、適量を患部に塗布します。

人差し指の先から第一関節までの長さに出した量(1FTU)で、大人の手のひら2枚分の広さまでが目安です。

薬を塗った部位は、ラップのような通気性の悪いもので患部を覆わないようにしてください。また、化粧の下やひげを剃ったところへの使用はしないでください。

使用してはいけない部位

症状が悪化するおそれがあるため、以下の部位には使用しないでください。

・水痘(水ぼうそう)、水虫、たむしの部位

・化膿している部位

・目の周りや粘膜など

また、顔の皮膚は薄くを有効成分を吸収しやすいため、副作用が起こりやすくなっています。顔面へは広範囲に使用しないでください。

使用期間について

ベトネベートクリームSはステロイドを配合しているため、漫然と使用した場合副作用が起こるおそれがあります。長期連用はしないようにしてください。

ベトネベートクリームSを5〜6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、ベトネベートクリームSの説明書を持って医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください。

ベトネベートクリームSの使用上の注意

以下に該当する方は、ベトネベートクリームSを使用する場合に医師、薬剤師または登録販売者に相談してください。

・医師の治療を受けている人
・妊婦または妊娠していると思われる人
・薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
・患部が広範囲の人
・湿潤やただれのひどい人

また、小児が使用する場合は保護者の指導監督のもとで使用してください。

ベトネベートクリームSの副作用

ベトネベートクリームSを使用後に以下の症状があらわれた場合は副作用の可能性があります。すぐに使用を中止し、ベトネベートクリームSの説明書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください。

部位 症状
皮膚

発疹・発赤、かゆみ、腫れ、水疱

皮膚(患部)

水虫・たむし等の白癬、にきび、化膿症状、持続的な刺激感

副作用を防ぐためにも、使用方法を守り、症状がおさまったら漫然と使用しないようにしましょう。

おわりに

ベトネベートクリームSは市販薬では一番強いランクのステロイドを配合しており、幅広い皮膚の炎症にしっかりと効果をあらわします。

効果が高い反面、漫然と使用したり、誤った使い方をすると副作用が起こることがあるので、決められた用法・用量を守り、正しい使い方で使用しましょう。

購入はこちらから

紹介されたお薬/アイテム

ベトネベートクリームS

湿疹(しっしん)のお役立ち情報

湿疹(しっしん)に関連するQA

dメニュー