かぶれ(接触皮膚炎)の原因と対処法を紹介

かぶれ(接触皮膚炎)が起こる原因について解説します。また、かぶれが起こったときの対処法も紹介。かぶれの症状で皮膚科を受診する目安などについても解説します。

かぶれ(接触性皮膚炎)が起こる原因

一般的にかぶれと呼ばれる皮膚が炎症を起こす症状は、正式には「接触皮膚炎」と呼ばれます。皮膚に炎症が起こり、かゆみや痛み、皮膚の赤みなどの症状が現れます。

接触皮膚炎が起こる原因とメカニズムは、大きく「刺激性接触皮膚炎」と「アレルギー性接触皮膚炎」の2種類に分けることができます。

刺激性接触皮膚炎

接触皮膚炎の全体の約80%を占める「刺激性接触皮膚炎」は、酸やアルカリといった化学物質によって皮膚が直接傷つけられることで起こります。かゆみよりも痛みが強いこともあり、炎症は触れた部分にのみ現れます。

刺激性接触皮膚炎は、主に以下のような物質と接触することによって起こります。

日用品 シャンプー、リンス、洗剤、ゴム手袋 など
衣類 下着、おむつ、手袋、靴下、靴 など
植物 イラクサ、アロエ、サクラソウ、キク など
食物 パイナップル、キウイ など
化粧品 スキンケア製品、ファンデーション、口紅 など

これらの物質が肌に触れてから数分で症状が現れることもあれば、長時間経ってから、あるいは頻繁に使用することで症状が現れることもあります。

また、物質が肌に触れているときの湿度や温度に加えて、高齢であるか子供であるかなどの年齢といった要素も関係していると考えられています。

アレルギー性接触皮膚炎

「アレルギー性接触皮膚炎」は、肌に触れた物質に対してアレルギーのある人にだけ現れます。

肌に一度触れたことのある物質に再度接触することで、体の免疫システムが反応することにより引き起こされます。

肌に触れてすぐ症状が現れることもあれば、症状が現れるまでに数日程度かかることもあります。

比較的かゆみが強く、アレルギー物質が接触した部位だけでなく周囲の皮膚に炎症が広がることがあります。

アレルギー性接触皮膚炎は、主に以下のような物質によって起こります。

衣類 下着、おむつ、手袋、靴下、靴 など
植物 銀杏、うるし、ブタクサ など
食物 柑橘類、マンゴー、卵、甲殻類 など
化粧品 スキンケア製品、ファンデーション、口紅 など
医薬品 抗生物質、抗真菌薬 など

また、以下の物質に触れた後に太陽の光にさらされると、光接触皮膚炎を起こすことがあります。

・日焼け止め
・アフターシェーブローション
・香水
・抗菌薬(塗り薬)
・油
・植物 など

かぶれ(接触性皮膚炎)が起こったときの対処法

何らかの原因でかぶれが起こった場合は、悪化を防ぐために以下のような対処を行いましょう。

原因物質を取り除く

かぶれを悪化させないためには、かぶれを引き起こしている原因物質を取り除く必要があります。

アクセサリー・食べ物・植物など、原因物質が特定されている場合は、今後その物質に触れないようにする、触れる場合は手袋や衣類で肌を保護するなどの対処を行いましょう。

原因物質に触れてしまった場合は、手で触ったりこすったりせず、水や石鹸でよく洗い流しましょう。

原因物質が特定できない場合は、かぶれるおそれのあるものにはなるべく触れないことが望ましいです。

仕事が関係する場合は、仕事内容を変更することも視野に入れましょう。

市販薬を使用する

かゆみや痛みがつらい場合は、市販薬を使用して治療することもできます。

赤くなっていて痛みなどの炎症がひどい場合は炎症をおさえる「ステロイド剤」を、かゆみが強い場合はかゆみをおさえる「抗ヒスタミン剤」が配合された塗り薬を選びましょう。

また、肌のバリア機能を高める目的で保湿成分が配合された塗り薬を使用するのも効果的です。

市販薬をドラッグストアや薬局で購入する際は、市販薬で対処できる症状かどうかを薬剤師や登録販売者に相談するとなおよいでしょう。

かぶれに効果的な市販薬について、詳しくはこちらの関連記事をごらんください。

患部を冷やす

かゆみが強い場合は、かきむしりによる悪化を防ぐために、患部を冷やしてかゆみを和らげましょう。氷のう、または冷たい水で絞った清潔なタオルなどを患部にしばらく当ててください。

反対に、入浴後など体が温まっているときはかゆみを感じやすいため、かきむしりに注意しましょう。

かぶれで病院を受診する目安

かぶれは、症状が軽ければ1〜2日で自然に治ることもありますが、症状がひどい場合や長く続く場合は、皮膚科を受診することをおすすめします。

また、市販薬を5〜6日間程度使用しても症状が改善されない場合や、かぶれの範囲が広い場合も皮膚科を受診しましょう。

原因が特定できない場合には症状の悪化や再発のおそれがあるため、一度皮膚科を受診し、問診や血液検査によって原因を特定することをおすすめします。

そのほか対処がわからない場合、何か少しでも不安がある場合は迷わず皮膚科を受診しましょう。

おわりに

かぶれは全ての人に起こるおそれのある症状です。

肌を清潔に保つ・肌の手入れを十分に行うなどして肌のバリア機能を保ち、かぶれを引き起こさないように日頃から気を配りましょう。

かぶれのお役立ち情報

かぶれに関連するQA

dメニュー