日焼け止めの洗い残しはニキビ・肌荒れの原因に!

紫外線対策に熱心に日焼け止めを塗る人は多いでしょう。しかし、日焼け止めの洗い方を意識している人は少ないかもしれません。

最近では、いつも使っている石けんなどで簡単に落とせる日焼け止めが増えていますが、洗い残しがないよう、普段以上に気を付けることも大切です。

最近ニキビが増えたり肌荒れが気になるという人は、日焼け止めの洗い方が間違えているのかも!?この記事では、顔と体に分けて、日焼け止めの正しい洗い方を解説します。

日焼け止めの正しい洗い方の大原則=ゴシゴシ強く洗わない!

顔と体に共通していえる、日焼け止めの正しい洗い方は、ゴシゴシと強く洗わないことです。

日焼け止めは強くこすったからといって、落ちるものではありません。それどころか、ゴシゴシ洗いをすると、日焼け止め成分が肌を刺激して、肌荒れの原因になります。SPF値の高さや日焼け止めのタイプに関係なく、強く洗うことは控えましょう。

顔の日焼け止めの洗い方


日焼け止めは、お湯で落とせるタイプから、専用のクレンジングが必要なものまでさまざまです。
まずはパッケージを見て、自分の日焼け止めのタイプを確認しましょう。つづいて、タイプごとの日焼け止めの洗い方です。

お湯や石けんで落とせる日焼け止めの洗い方

お湯や石けんで落とせる日焼け止めは、基本的にいつも通りの洗顔で落とすことが可能です。ただし、ウォータープルーフの場合はやや落ちにくい傾向があります。また、顔を洗うときにあわせて首も丁寧に洗いましょう。

洗顔が終わったら、必ず鏡で洗い残しがないかチェックしてください。洗い残しがある場合は、日焼け止め成分がうっすら白く残っています。見えにくい首元は洗い残しの危険地帯なので、とくに気を付けてください。

このほか日焼け止めが残っている場合は、においも残っている場合が多いです。こうしたガンコな洗い残しには、クレンジングで改めて洗顔しましょう。

クレンジングで落とす日焼け止めの洗い方

つづいて専用のクレンジングは必要ないけど、石鹸でも落ちない日焼け止めの洗い方です。こうした日焼け止めは、普段のメイク落としで使っているクレンジングを使用しましょう。

クレンジングにはミルクやオイルなど色んなタイプがありますが、日焼け止めを落とす場合にはオイルタイプがおすすめです。オイルのクレンジングは、肌に密着して洗浄力も強いので、日焼け止めもキレイに落としてくれます。

ただし肌質によっては、肌がカサカサに乾燥する場合があります。こうした場合は無理をせず、ミルクやジェルタイプのクレンジングで洗いましょう。

ちなみにシートタイプのクレンジングは、日焼け止めのクレンジングにはおすすめできません。日焼け止めそのものが肌への刺激が強いのに加え、刺激が強いアルコールが多く含むシートタイプを使うと、ダブルの刺激で肌荒れになるおそれがあります。

専用のクレンジングで落とす日焼け止めの洗い方

最近では少なくなってきていますが、SPF値が高く、ウォータープルーフタイプの日焼け止めは専用のクレンジングが必要な場合があります。こうした日焼け止めは肌への密着度が非常に高く、さらに水をはじくので、特に丁寧に洗うことが大切です。

専用クレンジングで洗うだけでなく、通常の洗顔も必ず行ってください。

体に塗った日焼け止めの落とし方


体に塗った日焼け止めも、顔用と同じようにまずはパッケージで正しい洗い方をチェックしましょう。専用クレンジングが必要な場合は、必ず使用してください。

お湯・石けんで落とせる 日焼け止めの洗い方

SPF値が低いものや、お湯や石鹸で落とせると記載されている場合は、いつも通り体を洗う要領でOKです。日焼け止めを落とした後は、洗い残しがないかチェックしましょう。チェック方法は簡単!肌が水を弾くかどうかです。

日焼け止めが残っていると、成分が水を弾きます。石鹸だけで洗い流せると書かれていても、ガンコに肌に残る場合もあるので必ずチェックしましょう。洗い残しがあった場合はクレンジングで洗い流してください。洗い残しがあると、お風呂上りに肌が乾燥してつっぱったり、カサカサになってしまいます。

SPF値が高い日焼け止めの洗い方

お湯や石鹸で落とせる場合でも、SPF値が高い場合は、なかなかキレイに洗い流せません。体に塗った日焼け止めであっても、洗顔に使用するクレンジングで洗い落としましょう。そうはいっても、体中にクレンジングを使っていたらコスパが良くないですよね。

そこで顔とは別に、体用の安くて大容量のクレンジングを用意することをおすすめします。中には500mlの大容量で、700円前後のものがあります。ドラッグストアやインターネットなどで、プチプラのクレンジングを探してみましょう。

クレンジングで日焼け止めを落とした後には、いつも通り体を洗ってくださいね。
 

ドクターエルウィン 大容量クレンジングオイル

日焼け止めは家に帰ったら、すぐ落とそう!

いかがでしたか?日焼け止めは私たちの肌を紫外線から守るために欠かせないアイテムです。

しかし肌への負担が大きいことも事実で、特にSPF値が高くなるほど負担も大きくなります。

家に帰ったら、まず先に日焼け止めを落とす習慣をつけましょう。最後には忘れずに化粧水や美容液、ボディーローションなどで保湿ケアも行ってくださいね。