今年も日焼け止めが手放せない季節がやってきます。
日焼け止めを選ぶときに一番気になることは、「どの日焼け止めを使ったら、きちんと効果があるか」ですよね。

クリームやミルク、ジェルに、スプレーからミストまで、さまざまなタイプの日焼け止めが多くのメーカーから発売されています。
そして、日焼け止めを選ぶときには必ず目にする「SPF」と「PA」の表記。
「数値が高ければ効果は抜群!」などと思っていませんか?
残念ながらそれは間違い。

この記事では、「SPF」と「PA」の意味、日焼け止めを選ぶときに必要な基礎知識と、正しい日焼け止めの選び方を紹介します!

紫外線の基礎知識を知っておこう

日焼け止めを選ぶときには、紫外線の基礎知識が必要不可欠です。
UVカットの化粧品などとよく言われますが、UVにも種類があります。これを機に確認しておきましょう。

UVA(紫外線A波)=シミ・シワ・たるみの原因

くもりや雨の日、室内でも注意しなければならないのはUVA(紫外線A波)です。
UVAはオゾン層を抜けて地上に降り注ぎますが、波長が長いためになんと室内にまで届いてしまいます。
そして肌へも奥深く届き、肌の奥真皮層に到達して活性酸素を作り出します。活性酵素の発生がシミやシワ、たるみなど、肌の老化へとつながっていくのです。

UVB(紫外線B波)=日焼けに直結

日焼け(サンバーン)を起こすのはUVB(紫外線B波)の影響です。
UVAがじわじわと肌を老化させるのに対し、UVBはエネルギーが強いためすぐに肌に炎症を起こします。シミやそばかすを作り出すメラニンを生成するだけでなく、皮膚ガンの原因にもなってしまうのです。
UVAに比べると波長が短く、外では日傘やサングラス、長袖を着るなどの対策を取ることで、ある程度は防ぐことができます。

UVC(紫外線C波)=一番有害な紫外線

本来UVCは地上には届かない紫外線。しかしオゾン層の破壊により地上にまで届くようになってしまう可能性があるのです。今後のUVCの健康被害が懸念されています。

現段階で日焼け止めは、UVAとUVBに対して効果の出るように作られています。

日焼け止めに欠かせないSPFとPAの違いを確認しよう

さっそくSPFとPAについて、詳しくみていきましょう。

SPFの数値は「日焼けが始まるのを遅らせる時間」のこと

SPF(Sun Protection Factor)は、UVBをカットする力のことで、1〜50+の数値が定められています。

この数値は日焼けを防ぐ効果の「強さ」ではなく、日焼けが始まるのを先延ばしにする「時間」のことで、日焼けをゼロにするものではありません。

日焼けを完全に防ぐことはできませんが、SPFは「時間」と覚えるとわかりやすいですね。

個人によって日に当たり始めてから日焼けの始まるまでの時間は異なり、色白の人は20分、普通肌の人は25分、色黒の人は30分と言われています。

SPFの数値は36あれば十分?!

具体的に日焼けが始まる時間を20分で考えてみましょう。

SPF1の日焼け止めを塗ると、20分日焼けの開始を遅らせることができます。つまり、SPF3であれば、20分×SPF3=60分。1時間の効果を持つ計算です。
外出が12時間の予定であれば、SPF3×12時間=36なので、SPFは36あれば十分です。

もし会社や学校で日焼け止めの塗り直しが可能であれば、以下の手順で日焼け効果を持続させることが可能です。

⒈朝、SPF3の日焼け止めを塗る
・1時間(以内)通勤通学
・学校や会社に到着し、室内で過ごす
⒉帰宅前にSPF3の日焼け止めを塗り直す
・1時間以内に帰宅する

1日2回で十分効果が持続するため、SPFの高い数値の日焼け止めを塗る必要はありません。

PAはシミ・シワ・たるみを防ぐ指標!

PA(Protection Grade of UV-A)は、紫外線A波をカットし、SPFと異なり数値ではなく、+(プラス)の数で表記され、+〜++++まであります。
この+が多いほど、紫外線A波を防ぐ力が強いということで、日本化粧品工業連合会では以下のように値を定めています。

PA+ UVAPF 2以上4未満 UV-A防御効果がある
PA++ UVAPF 4以上8未満 UV-A防御効果がかなりある
PA+++ UVAPF 8以上16未満 UV-A防御効果が高い
PA++++ UVAPF 16以上 UV-A防御効果が極めて高い

※UVAPFとは、UV-A防御効果のこと

SPFだけではなく、PAも気にしないといけないということですね。

日焼け止めの正しい選び方を身につけよう

日焼け止めにはSPFとPAがそれぞれ含まれているので、自分に合ったものを選ぶ必要があります。

数値が高い日焼け止めは肌への負担も大きい!

「SPFは時間で、PAは防御効果がある・・・じゃあ数値が高いものを選ぼう!」と安直に決めるのはちょっと待ってください。

残念ながら、数値が高い日焼け止めは肌への負担も比例して高くなってしまいます。SPFもPAも高ければいいワケではないのです。
日焼け止めを塗っている間は皮脂が毛穴に詰まり肌荒れしやすくなっています。そのためメイク落としもしっかりと丁寧にしなければなりません。

また、近所に買い物に行くなど短時間の外出のときと、海へレジャーへ行くときでは、日焼け止め効果と肌への負担を考えて使う日焼け止めを変える必要があります。
いくつか日焼け止めを準備しておき、肌に負担がかからないように選ぶようにすると良いですね。

さいごに

紫外線、とくにUVAは1年中通して地上に降り注いでいます。夏だけでなく、毎日UVケアに気をつけていきたいですね。

紫外線ダメージによる肌の老化は、15〜20年後に表に出てくるので、1日も気を抜けません。30歳を過ぎた頃から急激に肌の老化を感じ始めるのは、子どもの頃から浴びて蓄積されてきた紫外線ダメージのためです。

紫外線に負けない肌をつくるためにも、毎日のケアや紫外線対策に効果的な食事も取り入れていきましょう。