乾燥肌(ドライスキン)とは、肌の角質の水分量が低下・不足している状態をいいます。

本来、肌は水分と皮脂でできた皮脂膜に覆われることにより乾燥を防いでいますが、何らかの理由により皮脂膜の機能が不十分になることで乾燥肌になります。

この記事では、乾燥肌になったときのスキンケアの方法や注意を解説します。スキンケアに合った化粧品の選び方・メイクの方法も紹介します。

スキンケアの土台は洗顔から!

スキンケアをするための土台で大切なことが洗顔です。

就寝前までには洗顔でメイクを落として1日を終える方がほとんどかと思いますが、その洗顔方法で正しく汚れは落とせていますか?

毛穴に溜まっていく酸化した皮脂やメイクをしっかり落とさないままケアをしても、スキンケアの効果は半減してしまいます。

正しい方法で洗顔を行うだけでも乾燥肌の改善が期待できるのです。

メイク落としは30秒〜1分程度を目安に

化粧をしている場合は、洗顔の前にクレンジング剤などを用いて化粧を落としましょう。

ただし、メイク落としに時間をかけすぎると肌への過剰な刺激になります。30秒~1分程度を目安として素早く行ってください。目元のポイントメイクなど落としづらい部分は丁寧に落とします。

クレンジング剤はなるべく刺激の少ないものを選びましょう。ただし、刺激の少ないクレンジング剤はアイメイクなどは落としにくい場合もあります。目元は専用のクレンジング剤を使用するなど、部位によってクレンジング剤を使いわけることもひとつの方法です。

クレンジング後はしっかりすすいで洗顔につなげましょう。

洗顔は人肌程度のぬるま湯で

洗顔のときは人肌程度のぬるま湯を使用します。

35℃をこえると酸化して汚れた皮脂だけではなく、肌に必要な皮脂まで落とされてしまいます。また、熱いお湯は毛穴を開いた状態にし乾燥肌をひきおこすきっかけを作ってしまいます。反対に冷たい水の場合は肌の火照りを誘発して肌トラブルをおこすこともあります。

自分の肌に合う温度は個人差があります。熱すぎず気持ちいいと感じる程度のぬるま湯を目安にして洗顔しましょう。

洗顔後のタオルは優しくおさえるように

洗顔後の皮膚はふやけた状態にあるため、強くこすると肌を傷つけてしまう場合があります。洗顔後は、優しくおさえるようにして皮膚の水気をとるとよいでしょう。

洗顔後は自然乾燥させずにタオルなどで拭いて水気をとることをおすすめします。自然乾燥させると、皮膚の表面の水分と一緒に肌内部の水分まで蒸発してしまい肌の乾燥をまねくことにつながる恐れがあるためです。

繊維がガサガサしている古いタオルは肌を傷つけてしまうこともあります。なるべく柔らかいタオルを使用しましょう。

また、使用した後のタオルはカビや雑菌が繁殖しやすい状態です。カビや雑菌が繁殖したタオルを使用すると肌トラブルをおこす可能性もあります。タオルは清潔に保つことも乾燥肌対策につながります。

1日に何度も洗顔しない

1日に何度も洗顔料を使用して洗顔すると、必要な皮脂まで落としてしまう可能性があります。

寝る前に洗顔料を使用して洗顔をしたら、朝はぬるま湯や低刺激の洗顔料で洗うなど、皮脂の落としすぎには注意しましょう。

正しいスキンケアの方法

正しい洗顔で肌の汚れを落とした後は、乾燥肌を改善するスキンケアを意識して行います。

step1:化粧水

乾燥肌の場合は、水分保持能力の高いヒアルロン酸や、角質細胞脂質であるセラミドが含まれている化粧水を選びましょう。

手のひらに化粧水をとり、ゆっくりと顔全体になじませます。目元や口元は乾燥しやすたいめ、指の腹などを使って丁寧になじませます。コットンなどを使用すると肌を傷つける原因になるため、手でつけるようにしてください。

全体的に肌が手のひらに吸いつく程度になるまでなじんだら完了です。

お風呂あがりの洗顔後は、肌の水分が蒸発しやすい状態になっているため、なるべく早めに化粧水をつけることが大切です。

ただし、入浴直後は体温があがっているため、軽く汗ばんでいる場合もあります。汗がにじんでいる場合は汗を拭き取ってから化粧水をつけましょう。

【乾燥肌に向いている成分】

機能 成分名
水分保持成分 ・ヒアルロン酸、ビタミンC誘導体
・コラーゲン/エラスチン
・ブチレングリコール(BG)
・グリセリン
・プロピレングリコール(PG)
・NMF(天然保湿因子)に含まれる成分 など
角質細胞間脂質 ・セラミド
【セラミドの効果を高めるもの】
・ユーカリ抽出液
・ヨクイニン(ハトムギ)などの植物エキス など

step2:クリーム・乳液

化粧水で肌に潤いを与えたら、クリームや乳液を使用して水分を肌にとどめます。特に目元や口元は、動かすことが多く乾燥しやすいため、クリームや乳液の使用が効果的です。

クリームと乳液の違いは、水分と油分の比率が違うことです。クリームは乳液に比べて油分が多く、水分が少なくなっています。

どちらの方が保湿効果を感じられるかには個人差があります。肌の状態や使用感で選択するとよいでしょう。クリームと乳液の両方を使用する必要はなく、どちらか一方だけで十分な効果が期待できます。

クリームや乳液はセラミドが配合されているものがおすすめです。セラミドは角質細胞脂質と同じ成分で、肌に薄い脂の膜をはり水分を逃がさない働きをします。

step3:唇の保湿

乾燥しやすい唇も忘れずに保湿しましょう。唇はほかの顔の部位と比べて角質が薄く、乾燥もしやすくなっています。

リップクリームやリップバームを使用して保湿します。

プラスの保湿に美容液・パック

化粧水にプラスして美容液やパックの使用もおすすめです。

美容液には乾燥肌に有効な成分が高濃度配合されているものを選択しましょう。パックも高い水分浸透と保湿が期待できます。市販のシートパックを使用するほか、化粧水や美容液をコットンなどに浸してパックとして使用することも可能です。

乾燥肌のメイクのポイント

乾燥肌のときは、肌に優しい成分が含まれている化粧品の使用、薄めのメイクがポイントです。

メイクを厚く塗りすぎてしまうと毛穴を塞いでしまい、肌の負担になるだけでなく、クレンジングにも手間がかかってしまいます。肌に過度な負担のかかならない薄塗りのメイクを心がけましょう。

メイクをする前には洗顔とスキンケアを行いましょう。スキンケアで肌に潤いを与えてからメイクをすることで、肌に与える負担が軽くなります。また、ブラシやパフを清潔に保ち肌への刺激をおさえることも大切です。

ファンデーション

乾燥肌におすすめするのは美容液ファンデーションです。ファンデーションの中に美容液が配合されているため、肌に優しく潤いを与えながらメイクをすることができます。

保湿成分のセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった成分が配合されていたり、肌の負担になる紫外線の対策ができる成分が含まれているものなどもあります。

クリームタイプだけではなくパウダータイプのファンデーションにも美容液成分が含まれている商品も販売されています。使用感や肌に合わせてパウダータイプ、クリームタイプ、リキッドファンデーションなどを使いわけるとよいでしょう。

口紅

口紅を使用する前に、口紅下地やリップクリームなどを塗ると乾燥防止に役立ちます。

また、口紅の香料が乾燥の原因になる場合があります。乾燥肌の方は、香料が含まれていない口紅を選択しましょう。

アイメイク

アイクリームを塗って保湿をしてからアイメイクをはじめましょう。アイクリームが肌になじんでからメイクをします。アイクリームがなじむ前にメイクをすると、綺麗につかなかったりよれたりする原因になるので注意してください。

また、目のまわりの乾燥肌の症状として赤みやかゆみがでているようなときは、過度なアイメイクは控えましょう。

おわりに

乾燥肌のスキンケアは、家庭でおこなえることもさまざまあります。洗顔やメイクなど、日常的におこなっていることでもやり方や選択するものを見直すことで、乾燥肌改善に役立ちます。

乾燥肌で赤みがひどかったり、かきむしりたくなるほどかゆみが強い場合は、医療機関を受診して適切な薬を処方してもらうこともひとつの方法です。症状がひどくなる前に医師に相談しましょう。