肌が乾燥することによる影響

健康な人間の肌の角質層には20%の水分が含まれているといわれており、水分量が20%以下になると、乾燥肌とよばれる状態になります。

乾燥肌が続くと、皮膚にさまざまな影響をおよぼします。

角質層のバリア機能が落ちる

肌の最も外側にある、水分を保つ役割と外的刺激を防ぐバリア機能をもつ角質層がぶ厚くなっていきます。

角質層が分厚くなると、皮膚のターンオーバー(新陳代謝)がうまくいかなくなり、未熟な細胞が生まれることによってバリア機能がうまく働かなくなります。

結果として、肌の乾燥がさらに進行するという悪循環が起こります。

皮膚のバリア機能が低下している状態では、アレルゲンや刺激物質が皮膚に入りやすくなり、肌のかさつきだけではなくかゆみや湿疹、くすみやシワなどを引き起こす原因にもなってしまいます。

乾燥肌が原因でシワ・シミになる?

シワやシミが現れる原因はさまざまで、シワができる原因のひとつとして肌の乾燥も関係しています。

乾燥肌でシワができる?

肌の乾燥が原因でシワができることもあります。

シワができる主な原因は、皮膚組織の大部分を占めている真皮に存在するコラーゲンやエラスチンといった物質の変性と減少です。

加齢による肌の弾力・女性ホルモン・水分保持力の低下や、紫外線、乾燥などの影響によって、皮膚のコラーゲンやエラスチンが変性または減少してしまうことでシワができます。

主に、乾燥によってできるシワは乾燥ジワと呼ばれ、ちりめん状や線状の浅く細かいシワができます。加齢とともに皮膚の保水力が低下することがひとつの要因です。

乾燥ジワは、特に皮膚が薄く、動きが激しい目元や口周りにできやすいです。しかし、初期段階でしっかりと保湿ケアを行い、肌が潤うと回復しやすい傾向があります。

乾燥肌でシミができる?

肌の乾燥が直接的にシミの原因になるとはいい切れませんが、肌が乾燥することによって皮膚への刺激が強くなった結果としてシミが現れることは考えられます。

シミができる主な原因は、紫外線や皮膚への刺激、ホルモンバランスの崩れやストレスなどがあります。

肌が乾燥すると、皮膚のバリア機能が弱まり外部刺激を受けやすくなるため、皮膚が炎症を起こすおそれが大きくなります。

皮膚に炎症が起こるとシミになりやすくなるので、肌の乾燥は間接的にシミが出来やすくなる原因になっているといえます。

また、皮膚のバリア機能が低下することによって、肌のターンオーバーが正常に行われなくなり、メラニンをうまく排出できなくなることもシミの増加や悪化の原因になります。

シワ・シミには乾燥と紫外線の対策を

シワやシミは、乾燥と紫外線が関わっており、これらを防ぐことが大切です。

乾燥と紫外線の対策法を紹介します。

正しいスキンケアと保湿

乾燥を防ぐには、正しいスキンケアと日々の保湿をしっかりと行いましょう。

洗顔料をたっぷりと泡立て、肌をこすらないようにし、泡で肌をなでるように優しく洗ってください。

強い洗浄剤が含まれた洗顔料は、必要な皮脂まで奪ってしまうため、使用を控えましょう。また、洗顔後はすぐに保湿を行いましょう。

肌の保湿に有効な成分

保湿成分の代表的なものにはセラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンなどがあります。中でもセラミドは、保湿力が高いといわれています。

肌の乾燥が強い方は保湿力の高いクリーム・乳液を使用した方が良いでしょう。

肌の脂分が多い人はクリームでは油分が多すぎてしまうため、保湿成分が含まれた美容液やパック、ローションタイプの保湿剤がおすすめです。

生活習慣を整える

不規則な食生活や睡眠不足などの生活習慣の乱れ、ストレスなどによっても皮膚のターンオーバーが乱れ、皮膚のバリア機能が低下してしまいます。

バランスの良い食事と十分な睡眠を心がけましょう。

また、エアコンやストーブなどの使用による空気の乾燥も、皮膚のバリア機能の低下に繋がります。

加湿器などを使用し、湿度は40%以下にならないようにしましょう。

UVケアをする

紫外線はシワやシミだけではなく、たるみなどの肌の老化の原因にもなります。

生活シーンに合った日焼け止めを選び、2〜3時間程度を目安にこまめに塗り直しましょう。帽子や日傘、サングラスなども効果的です。

また、紫外線は毎日降り注いでいるため、冬や曇りの日もしっかりと日焼け止めを塗りましょう。

おわりに

肌の乾燥が続くと、さまざまな影響が出てしまいます。

乾燥肌は生活習慣の改善と日々のスキンケアでも改善することができます。しっかりと乾燥対策をして肌のうるおいを保ち、シワ・シミを防ぎましょう。