アラウベビープラスモイストローションの特徴|赤ちゃんの肌の保湿に!

アラウベビープラスモイストローションの特徴について詳しく解説します。ローションタイプとは別のクリームタイプの「アラウベビープラスモイストクリーム」も紹介。また、ベビーローションの使い方もあわせて解説します。

アラウベビープラスモイストローションの特徴

arau. アラウベビープラス モイスチャーローション 120ml

赤ちゃんの肌の刺激になるものを一切使っていないベビーローションです。

植物のうるおい成分が配合されていて、無添加で安心とやさしさにこだわった製品です。

適度なとろみがあり、のびが良く、べたつきがありません。ママたちとの共同開発で生まれたことも特徴のひとつです。

安心の無添加

独自技術である天然の乳化成分"ソホロリピッド”を配合することで、石油系界面活性剤をせずにローション状にすることができました。

また、防腐剤・保存料・アルコール・合成香料・着色料は無添加で、肌の刺激の可能性があるものはいっさい入っていません。また、赤ちゃんの肌に合わせた弱酸性です。

5種類の植物オイル配合

オーガニックのラベンダー精油をはじめ、オリーブ由来のスクワラン、ホホバ種子油、マカダミアンナッツ油などうるおい成分が配合されています。

ほのかに天然のラベンダーの香りがかおるため、赤ちゃんによっては苦手な子もいるかもしれません。

クリームタイプもある

アラウベビープラスシリーズには、モイストローション以外にもクリームタイププの「アラウベビープラスモイストクリーム」という製品があります。

クリームタイプも同様に、赤ちゃんの肌の刺激になるものを一切使っていない無添加のベビークリームです。

伸びがよくてべたつきにくいので、乾燥が気になる冬の季節におすすめです。

ローションタイプとクリームタイプのどちらが良いかは、気候や赤ちゃんの肌の状態、使い心地によって選びましょう。

乾燥が強い場合にはローションとクリームのダブル使いもできます。

arau.アラウベビープラス モイストクリーム 無添加+植物のやさしさ

ミナカラ薬局のポイント

赤ちゃんの肌にも優しい弱酸性で、しっとりうるおい成分とオーガニックのラベンダー精油が配合された保湿クリームです。

無香料・無着色で石油系合成界面活性剤、防腐剤、保存料、アルコール無添加です。

赤ちゃんの肌の状態にあわせた保湿方法

日常使いにはローションタイプ

日頃、全身保湿をする場合は、ローションがおすすめです。

のびが良いさらっとした使い心地なので、特に汗でベタつきやすい夏場におすすめです。

カサカサするときはローションとクリームの併用を

口もとや頰(ほお)、ひじや膝(ひざ)などカサつく部分に保湿性の高いクリームがおすすめです。

ローションを全体に使用し、クリームは乾燥が気になる部分にのみ使用しましょう。

いつから使用したらいいのか?

赤ちゃんは生まれてから2〜3か月頃までは皮脂が分泌が盛んであるといわれています。それを過ぎると皮膚が乾燥しがちになるので、生後3か月以降を目安に使用しましょう。

しかし、気候や赤ちゃんの体質によって個人差があるので、赤ちゃんの肌の様子を見ながら使用しましょう。

おわりに

赤ちゃんの肌はプルプルとうるおいがあるように見えますが、肌は弱く繊細なので毎日の保湿が大切です。

ベビー用の保湿用品を使用するときは、赤ちゃんの肌の状態を観察しながら、適切なタイプのものを選びましょう。

購入はこちらから

紹介されたお薬/アイテム

arau. アラウベビープラス モ...

arau.アラウベビープラス モイ...

肌の乾燥・かさつきのお役立ち情報

肌の乾燥・かさつきに関連するQA

dメニュー