肌荒れの原因や薬など悩みをセルフチェック

2018年09月22日

肌荒れの原因・対処・お薬・疑われる病気を解説します。分からないことがあれば薬剤師に相談することができます。

生活の中で考えられる原因

ストレス・不規則な生活

過度なストレスは自律神経を乱し、ホルモンのバランスが崩れやすくなります。自律神経には昼間や興奮時に優位に働く交感神経と、夜間やリラックスしているときに優位に働く副交感神経の二つがあり、バランスよく働いていることが理想的です。

しかしながらストレスや不規則な生活で自律神経は乱れがちになり、体にさまざまな不調を及ぼし、肌にも悪影響を与えます。女性はとくに生理周期に関わるホルモンバランスも崩れやすくなり、肌荒れを起こしやすくなります。

食生活の乱れ

三食きちんと食事をとらなかったり、無理なダイエットなどで栄養不足に陥ったり、胃腸に負担のかかる暴飲暴食を繰り返したりしていると、肌が荒れる原因となります。

また、食生活の乱れは便秘にもつながります。腸内環境の悪化は有害物質を発生させ、肌にも悪影響を与えてしまいます。

肌の乾燥や刺激

肌が乾燥すると、肌を刺激から守るバリア機能が衰えます。バリア機能が衰え敏感になっている肌は少しの刺激でも肌荒れを起こしやすくなってしまいます。

また、紫外線や花粉による刺激も肌荒れの原因です。そのほか、刺激のある洗顔料の使用や力を入れた洗顔、ピーリング、熱いお湯なども肌が傷つき荒れやすくなります。

肌荒れの対処法

睡眠の見直しと適度な運動

生活リズムを整えることと睡眠時間の確保は、肌の代謝を上げるためにも重要なことです。肌のターンオーバーを正常にし肌荒れを改善するためにも、睡眠時に活性化する成長ホルモンをしっかりと分泌させる必要があります。

加えて、ストレスの解消のためにストレッチやウォーキングなど、体を動かすことも大切です。筋肉がゆるみ血行を促進させて肌荒れの緩和につながります。

食生活の改善

皮膚や粘膜の健康を維持するためのビタミンB2やB6、皮膚や肝臓の代謝を促しビタミンの働きを助けるナイアシン、ビタミンAやC、Eなどを積極的にとりましょう。

腸内環境を整えるビフィズス菌や乳酸菌なども肌荒れの改善に効果的です。

正しい洗顔・スキンケアを

肌荒れを起こしているときは肌を触りすぎたり力を入れて洗顔したりしないように注意しましょう。

洗顔時は手をきれいに洗い、洗顔料をピンポン球の大きさになるまで、少量ずつ水を加え泡立てていきます。泡立て泡を優しく転がすようにして肌に摩擦を与えないように洗顔します。

薬の使用

肌荒れを起こしているときには、ヘパリン類似物質などを含んだクリームやローションなどの保湿剤が用いられます。

ヘパリン類似物質とは、体内にある「へパリン」という物質と似た成分で、保湿・血行促進・抗炎症作用の働きがあります。肌の内側から肌代謝を促し、くりかえしやすい乾燥肌に効果を発揮します。

また、ビタミンB2・B6などのビタミン製剤も効果的です。毎日継続して摂取することを心がけましょう。

肌荒れに関する疑われる病気

※こちらでは代表的な症状のみ記載しており、症状に関する個別の診断を行うものではありません。気になる症状のある方や、体調の変化を感じた場合は医療機関にご相談ください。

肌荒れに使われるお薬の総合情報

肌荒れに関するお役立ち情報

薬剤師に相談する

疑問に思ったことは薬剤師に相談してみましょう。