肌荒れにはサプリを活用

肌荒れに悩む方は、食事から健康な肌の維持に必要な栄養素を十分に摂取することが大切です。しかし、バランスの崩れた食生活を続けている方も多く、美肌作りに必要な栄養素も不足しがちです。

偏った食事になりやすい現代人のニーズに合わせて近年広く活用されているのがサプリメントです。

サプリメントとは日常生活の食事の中で不足した栄養素を補うためのものです。サプリメントは薬ではなく健康食品であり、コンビニやドラッグストアなどで手軽に購入できます。

肌荒れに効果のある市販薬については下記の記事をごらんください。

肌荒れに効果的なサプリの成分は?

肌荒れに効果的な成分はビタミン、亜鉛、食物繊維、コラーゲン、ヒアルロン酸などさまざまあります。

中でも肌荒れに特に重要視されているのがビタミンです。ビタミンは体内では合成することがほとんどできないため、食品からできるだけ摂取し、不足分をサプリメントなどから摂取することが大切です。

肌荒れに欠かせないビタミン!

美しい肌を保つために欠かせないビタミンとして、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンAがあげられます。

また、ビタミンには水に溶けやすい水溶性ビタミンと、油に溶けやすい脂溶性ビタミンがあります。それぞれの効果的な摂取方法や摂りすぎによる過剰症の危険性についても確認しておきましょう。

■水溶性ビタミン

水溶性ビタミンはビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、ビオチン、パントテン酸、葉酸などのビタミンB群とビタミンCなどです。

水溶性ビタミンは体にすみやかに吸収され、吸収されなかった余分な量は尿として体外に排出されます。体に蓄積させることはないため、一日の必要量を一回に摂るのではなく、朝、昼、夜など何回かにわけてこまめに摂取することが大切です。

水溶性ビタミンは摂りすぎによる過剰症を心配する必要はほとんどありません。

■脂溶性ビタミン

脂溶性ビタミンはビタミンA、D、E、Kがあります。

脂溶性ビタミンは摂取すると肝臓や脂肪組織に貯蔵されます。多量に摂取すると、頭痛や吐き気、食欲不振、皮膚の荒れなどさまざまな症状が現れる過剰症を引き起こす恐れがあります。

ビタミンB群

ビタミンB群はビタミンの中でも美容と特に関わりのあるビタミンです。ビタミンB群はビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、ビオチン、葉酸、パントテン酸の8種類ありますが、特に美肌作りに関連があるのがビタミンB2、ビタミンB6です。

ビタミンB2やB6は、皮膚や粘膜を正常に維持し、たんぱく質などの代謝に関わっています。不足することで肌の乾燥、湿疹、ニキビなどの肌トラブルだけでなく、口内炎や貧血などが起こりやすくなります。

ビタミンB1、ナイアシン、ビオチンも皮膚や粘膜を健康に保つことを助ける栄養素です。

ビタミンC

ビタミンCは、細胞間を結ぶコラーゲンを作り、活性酸素から酸化を防いで肌の老化を防止する抗酸化作用、シミの元となるメラニン色素の生成を抑制するなどの作用があります。

ビタミンCが不足すると、肌にハリや潤いがなくなり肌荒れが起こりやすくなります。

ビタミンE

ビタミンEは、血行を促し新陳代謝を促進します。抗酸化作用も強いため肌の老化を防ぐことに効果的です。

ビタミンEが不足することで、肌にシミやしわなどの肌トラブルが起こりやすくなります。

また、ビタミンEを過剰摂取することで骨粗しょう症などを引き起こすことがある可能性が報告されています。日常の食生活では過剰摂取になることはありませんが、サプリメントで摂りすぎないように注意が必要です。

ビタミンA

ビタミンAは、皮膚や粘膜を正常な状態に保ち、角質層の天然保湿因子(NMF)の生成を促進する効果があります。ビタミンAが不足すると角質層の保湿力が低下し、肌の乾燥、ニキビなどの肌トラブルが起こりやすくなります。また、細菌やウイルスに対する抵抗力が弱まることで感染症にかかりやすくなる恐れもあります。

ビタミンAを摂り過ぎると、皮膚の荒れ、食欲喪失、吐き気、頭痛、筋肉痛などの過剰症を起こすことがあるので摂取する量には注意が必要です。

肌荒れに効果的なサプリの選び方

ビタミンEはビタミンCと同時に摂取したときに抗酸化作用を強く発揮します。そのほかのビタミンやミネラルなども、単独で摂取するより一緒に摂取することで相乗効果が期待できるものも多くあります。

自分に足りない成分は何かがはっきりしている場合は特定のビタミンサプリを摂取するのも良いですが、多くの場合は断定は難しいと考えられます。

ひとつのビタミンだけを重点的にとるのではなく、まずはマルチビタミンのようにひとつで多くのビタミンを含んでいるものを使用することをおすすめします。

マルチビタミンサプリがおすすめ

マルチビタミンは、ビタミンA、ビタミンB1、B2、B6、B12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、葉酸、ナイアシン、パントテン酸、ビオチンの12種類のビタミンをひとつに配合したものが主流です。

ビタミンだけでなく、さらにミネラルやアミノ酸を配合させて働きを高めたものもあります。

サプリメントは「医薬品」とは違い、症状に直接効果があるわけではありません。

サプリメントはあくまで食事などでの栄養成分の不足を補うことを目的に使用されるものです。美肌に良いとされる栄養成分を摂りたいが、食事でとるのは大変、食事のバランスが崩れているという方は、まずはサプリメント等を利用するのも一つの手です。

DHC マルチビタミン

12種類のビタミンをバランスよく配合し、ビタミンCの働きを助けるビタミンPを配合したマルチビタミンです。 

ディアナチュラ ストロング39アミノマルチビタミン

ビタミン12種、ミネラル9種、アミノ酸18種の計39種の成分を配合した強化サプリメントです。 

大塚製薬 ネイチャーメイド スーパーマルチビタミン&ミネラル

ビタミン12種類とミネラル7種類を配合したアメリカで人気のマルチビタミンミネラルサプリメントです。

不足成分をピンポイントで欲しいときは

日常的にほどよくバランスの取れた食生活を送っており、一日に必要な栄養素のほとんどを摂取しているが、一部の足りていない成分を自分で理解できている場合などは、狙った成分のみを含むサプリを使用するのも良いでしょう。

天然ビタミンC[刺梨](とげなし)

ビタミンCの王様と呼ばれる刺梨からエキスを抽出したサプリメントです。天然のビタミンCに、働きを助けるためのビタミンB2を配合した天然型のサプリメントです。

ビタミンCが特に不足していると感じる方におすすめです。

DHC コラーゲン

ビタミン以外で有名な美肌効果のある成分といえばコラーゲンです。コラーゲンはたんぱく質の一種であり、肌のハリや弾力の元になる皮膚の中の真皮の約70%がコラーゲンです。

コラーゲンにビタミンB1、B2を配合したサプリメントです。肌の潤いやキメを維持したい方におすすめです。

ディアナチュラ ヒアルロン酸

ヒアルロン酸に低分子コラーゲン、セラミド、ビタミンC、Eを配合したサプリメントです。

ヒアルロン酸は体内でもともと合成される成分ですが、加齢につれて低下します。ヒアルロン酸はコラーゲンよりも代謝の速度が速いため、ヒアルロン酸を保つことでコラーゲンの働きも保ち肌のハリを守っています。

肌の乾燥やシワなどが気になりはじめた方におすすめです。

おわりに

サプリメントは日常の不足した栄養素を補うために便利なものですが、栄養素を摂取する基本は食事の中から摂ることです。

食事かわりとしてサプリメントですませようとすると唾液の分泌の低下や、咀嚼の低下による顎や脳への刺激の低下などの問題をを起こすことがあります。また、気づかないうちに特定の成分のみを過剰摂取して過剰症を起こす恐れもあります。

サプリメントは栄養素の不足分のみを摂取するようにし、一日の決められた量を守って正しく摂取しましょう。