皮膚のかゆみの原因や薬など悩みをセルフチェック

2018年12月14日

皮膚のかゆみの原因・対処・お薬・疑われる病気を解説します。分からないことがあれば薬剤師に相談することができます。

皮膚のかゆみに関する疑われる病気

※こちらでは代表的な症状のみ記載しており、症状に関する個別の診断を行うものではありません。気になる症状のある方や、体調の変化を感じた場合は医療機関にご相談ください。

皮膚のかゆみに使われるお薬の総合情報

皮膚のかゆみに関するお役立ち情報

  • かゆみは保湿で改善される?乾燥肌におすすめの市販薬を紹介

    かゆみは保湿で改善される?乾燥肌におすすめの市販薬を紹介

    保湿でかゆみをやわらげることができるのか解説。乾燥肌が原因のかゆみに効果がある保湿剤を薬剤師監修のもとピックアップしています。かきむしりはかゆみを悪化させるため早めの対処を行いましょう。

  • 乾燥肌のかゆみに尿素は効果はある?かゆみにおすすめの市販薬を紹介

    乾燥肌のかゆみに尿素は効果はある?かゆみにおすすめの市販薬を紹介

    かゆみに尿素は効果があるのか解説。乾燥すると肌がかゆくなる原因についても紹介します。乾燥肌によるかゆみにおすすめする市販薬もミナカラ薬剤師監修のもとピックアップ。

  • 頭皮のかゆみを防ぎたい!シャンプーのおすすめを紹介

    頭皮のかゆみを防ぎたい!シャンプーのおすすめを紹介

    頭皮のかゆみの予防におすすめのシャンプーを紹介します。頭皮のかゆみの原因は、皮脂や汚れ、乾燥など、体質によってもさまざまです。自分に合ったシャンプーできちんと洗髪し、頭皮を健やかに保ちましょう。子供から大人まで使えるシャンプー、男性も女性も使用できるシャンプーをピックアップ。

  • ストレスによるかゆみ・蕁麻疹におすすめの市販薬を紹介!原因についてもあわせて解説

    ストレスによるかゆみ・蕁麻疹におすすめの市販薬を紹介!原因についてもあわせて解説

    ストレスが原因で生じるかゆみ・蕁麻疹におすすめの市販薬をミナカラ薬剤師監修のもと紹介します。また、ストレスによってかゆみ・蕁麻疹が生じる原因と薬以外の対処方法についても詳しく解説します。かゆみ・蕁麻疹は、正しい対処をしなければ慢性化しやすい症状です。正しい対処方法で症状をおさえ、慢性化を防ぎましょう。

  • 妊娠中の蕁麻疹に使える市販薬を紹介

    妊娠中の蕁麻疹に使える市販薬を紹介

    妊娠中に蕁麻疹ができたときに使える市販薬を薬剤師監修のもと紹介。注意が必要な妊娠中の薬の使用について記載しています。蕁麻疹ができやすい原因や対処法についても解説。

  • 産後・授乳中の蕁麻疹に市販薬を使う場合

    産後・授乳中の蕁麻疹に市販薬を使う場合

    蕁麻疹は、さまざまな要因によって発症する皮膚の炎症です。産後に発症した場合は、ストレスや疲れなど、いくつかの要因によるおそれがあります。薬剤師監修のもと、産後の蕁麻疹に使用できる飲み薬・塗り薬・漢方の特徴を紹介します。

  • 蕁麻疹に有効な眠くならない市販薬を紹介!

    蕁麻疹に有効な眠くならない市販薬を紹介!

    蕁麻疹を引き起こすさまざまな原因や、どのような薬が有効なのかについて詳しく解説します。蕁麻疹の症状に効果を発揮する薬には、眠気を引き起こすものも少なくありません。この記事では、薬剤師監修のもと、眠気を起こす心配のない市販薬を紹介します。

  • 子供の蕁麻疹の原因|市販薬も紹介します

    子供の蕁麻疹の原因|市販薬も紹介します

    子供に蕁麻疹(じんましん)が出た場合に使用できるおすすめの市販薬を、ミナカラ薬剤師監修のもと紹介します。また、蕁麻疹が出る原因についても詳しく解説してます。子供の蕁麻疹に使用できる薬は、大人に比べると種類が限られています。子供が蕁麻疹でかゆみなどの症状をうったえた際に使用できる薬を把握しておきましょう。

  • 女性のデリケートゾーンのかゆみに効く市販薬を紹介します

    女性のデリケートゾーンのかゆみに効く市販薬を紹介します

    女性のデリケートゾーンのかゆみ・かぶれにおすすめの市販薬を薬剤師が紹介します。また、デリケートゾーンのかゆみの原因と対策や感染症についても解説します。

  • 飲み薬でかゆみを止めたい

    飲み薬でかゆみを止めたい

    かゆみを止める効果のある抗ヒスタミン成分が配合された薬剤師おすすめの飲み薬を紹介。子どもや妊婦の市販のかゆみ止めの使用についても解説します。かゆみ止めを使用する際の注意点も記載。

薬剤師に相談する

疑問に思ったことは薬剤師に相談してみましょう。

皮膚のかゆみの症状に関するみんなの疑問