はじめに

冬は皮膚温度の差がとても激しくなります。

肌に異変を感じても「冬だから乾燥のせいかな」と思っていると、ブツブツが出て、かゆみが出てきた…その場合、温度変化によるアレルギー反応「寒冷じんましん」かもしれません。

この記事では、寒冷じんましんについて解説します。

寒冷じんましんとは?

寒冷じんましんはアレルギー反応の一種です。

室内から屋内、お風呂から脱衣所、スポーツ後の発汗、などあたたかい状態から寒い状態へ急激な温度変化によって皮膚温度が低下する時に起こります。

皮膚が赤くなったり鳥肌のようなブツブツが出たり、人によってはミミズバレのような状態になる場合もあります。

寒冷じんましんの症状

寒冷じんましんには、次のような症状があります。
・暖かい室内から冷たい風が吹く屋外に出ると顔が腫れる
・お風呂上りに体がかゆくなる
・ジョギングなどの運動の後、体が冷えてくると急にかゆくなる
・朝、素足でフローリングに触れると足にじんましんができる

寒冷じんましんが起こる仕組み

寒冷刺激と言う物理的な刺激に血管の周辺にある肥満細胞を刺激され「ヒスタミン」が放出されます。

そのヒスタミンが血管を広げることで皮膚が赤くなり血管内の水分が外に出て軽い腫れがおこります。

それがあのかゆい「じんましん」になります。

寒冷じんましんはアレルゲンのないアレルギー反応

アレルギーとは一般的に皮膚にアレルゲンを引き起こす物質「アレルゲン」が侵入しヒスタミンが過剰に分泌することで起きます。

寒冷じんましんは、寒冷刺激という物理的な刺激に対して起きているアレルギー反応のため、一般的なアレルギーのようにアレルゲンがあるわけではありません。

寒冷じんましん対策

寒冷じんましん対策としては、とにかく温めることが大切です。次のような対策をおすすめします。

・外出する時はショールやマフラー手袋などで肌を外に出さないようにする
・女性はスカートよりパンツスタイルで
・お風呂に入る時は脱衣所もよくあたためて湯上りの温度差を減らす
・お風呂から出たらすぐに暖かいものを羽織る
・ジョギングなどをする場合は汗をよく拭く
・暖かい建物や体をよく暖めてから外に出て、暖かい場所をゴールにする

他にも、自律神経の働きが悪くなるとじんましんが出やすくなると考えられているため、ストレスの発散や十分な休息なども心がけてください。

治療法

寒冷じんましんは、先ほど述べたようにアレルゲンがありません。そのため、治療はすべて対症療法になります。

・ヒスタミンの過剰分泌を抑える抗ヒスタミン剤の内服や注射
・炎症を抑える副腎皮質ホルモン薬(ステロイド系)の塗り薬を使うことも


まとめ

寒冷じんましんは寒冷刺激が少なくなれば症状もおさまってきますが、対策や治療をしても効果が無いようなら他の理由も考えられます。

その場合は、近くの皮膚科や内科医に相談してください。