はじめに

風疹は「3日ばしか」とも呼ばれていますが、はしか(麻疹)とは全く別の病気です。

全体的にはしかに似た症状が出ますが、子どもは、はしかほど重症にはならず軽くすむ場合があります。

赤ちゃんにもかかりますが、多くは4歳~10歳の幼児から小学生に多くみられます。

ただし妊婦が初感染すると、胎児に影響があるため要注意です。

風疹(3日ばしか)の特徴を知って対策をしておきましょう。

風疹の原因は?

〇風疹ウイルスによって感染します

〇潜伏期間は2~3週間

〇感染経路は、咳やくしゃみの飛沫感染です

風疹の症状の特徴は?

〇発熱は、多くの場合37度~38度程度(出ない場合もある)

〇発熱と同時に小さな赤い発疹がでる

〇耳の後ろや首のリンパ腫節がはれる

〇白目の充血

〇軽い咳

〇のどの痛み

〇発疹が出る2~3日前から、発疹が出た後5日位の間は感染しやすい

風疹と麻疹との違いは?

風疹 麻疹
風疹ウイルスによって感染 麻疹ウイルスによって感染
空気感染・飛沫感染・接触感染 空気感染・飛沫感染・接触感染
感染力は強い 感染力は非常に強い
熱と同時に発疹が出る 高熱が出て3〜4日してから発疹が出る
リンパ節のぐりぐりとした腫れが特徴 口の中に白い斑点(コブリック斑)ができるのが特徴
熱は3~4日で治まり、発疹もわずかで4~5日目には軽くなる 重症化の可能性が高い

 

風疹は不顕性感染の場合も

風疹の場合、症状が軽いと、ウイルスに感染したことに気づかないで終わってしまうこともあります。

典型的な症状が現れず、熱も発疹も出ない場合があります。

これを「不顕性感染」といいます。

かかっているかどうか不明の時は、血中の抗体を調べれば分かります。

人にうつる為、不明な場合は診断しましょう。

いっぽう麻疹は、感染した90%以上の人が発症し、不顕性感染はほとんどありません。

予防法はワクチン接種

1歳になったらすぐに MRワクチン(麻しん・風しん混合ワクチン)を接種しましょう。

5~6歳で2回目を接種します。

定期接種は公費で受けられます。指定医療機関に確認しましょう。

もちろん、予防には普段からの手洗い、うがいはこまめにし、マスクも活用しましょう。

風疹の治療法・自宅でのケアは?

風疹ウイルスには特効薬がないため、受診後は症状を和らげるために解熱鎮痛剤などの対処療法になります。

●風疹ウイルスは感染力が強いため、お友達などの接触を控えましょう

●外出を控え、自宅で安静にしましょう

●水分補給を十分にしましょう

●かき壊しに注意し、冷たいタオルなどで患部を冷やしましょう

まれに回復期に入ってから、脳炎を起こすこともあるため油断はできません。

高熱、ぐったりしている、意識がないなどの場合は、合併症を起こしている可能性があります。

発熱や発疹に気づいたら小児科を受診しましょう。

妊婦・大人も要注意!!

妊婦が感染すると胎児に影響も

妊婦が風疹ウイルスに感染すると、生まれてくる赤ちゃんに障害が出る場合があります。

目や耳の障害、発達異常、心疾患などを伴う「先天性風疹症候群」を発症する可能性があります。

多くは病院で妊婦初期に風疹の抗体検査が行われます。

妊娠中は予防接種を受けることができません。

ママが今後妊娠する可能性があり、抗体があるかどうか分からない時は血液検査で分かります。

必要に応じて妊娠前に予防接種を受けておきましょう。

大人は重症化の危険性

大人は特に重症となり、脳炎・髄膜炎・関節炎などを起こすことがあります。

厚生労働相によると現在

・10代後半から50代前半の男性

・10代後半から30代前半の女性 に多く発症しています。

大人も予防接種について、お住いの医療機関に問い合わせてみましょう。

おわりに

風疹は子供にとってはかかりやすいものですが、大人の感染も大きな問題となっています。

風疹を「3日ばしか」などと軽く見ずに、かからない、かからせないことが大切です。

家族みんなで予防しましょう。