切り傷

切り傷は刃物などで皮膚が裂かれた傷で、深い傷になることもあります。

あなたの希望を以下の2つの中から選びましょう
さっそく
治す・予防する
 
詳しく知る

切り傷を治す

本章では切り傷の治し方について詳しく説明しています。

切り傷を治療する

流水で洗浄する

出血が少ない場合は、傷に触れないように水道水などの流水で洗浄しましょう。

出血が多い場合は、清潔なハンカチなどで傷口を圧迫して止血してから流水で洗浄しましょう。

止血する

出血が多い場合は直接圧迫をしましょう。

直接圧迫とは、傷口に滅菌ガーゼを当て傷口を圧迫するように抑えることです。

また、傷口がある場所を心臓よりも高い位置に持っていくことで、患部の血圧が下がり出血を抑えやすくなります。

傷口を保護する

止血と洗浄をしたら傷口に刺激が加わらないように創傷被覆材を当て、包帯などで固定します。

創傷被覆材は、透明なフィルムやハイドロコロイド素材など多くの種類が販売されています。

自分の傷にあったものを選び使用しましょう。

最近では湿潤療法という治療法が注目されています。

湿潤療法は、傷をラップなどで覆って湿った状況を保つ方法です。

また、従来の方法よりも痛みが少なく傷の治りも早いといわれています。

<湿潤療法の行い方>

1、傷口を流水で洗う

2、大きめのラップで傷を覆い、テープでとめる

3、毎日傷とその周辺をしっかりと洗い、ラップを交換する

受診すべき症状

医療機関に受診したほうがいいのは次のような場合です。

・深い刺し傷や切り傷

・傷に異物が残っているおそれがある

・傷が広範囲におよんでいる

・ペットなどの動物によるかみ傷

・化膿している傷

・出血がおさまらない

そのほかにも、気になる症状がある場合には医療機関に受診してください。

切り傷について詳しく知る

本章では切り傷の症状や原因について詳しく説明しています。

切り傷の症状

切り傷は刃物などで皮膚が切れた時にできる傷のことです。

傷口から出血したり、皮膚の下で出血をおこして腫れることや化膿することがあります。

また、傷口が化膿してしまうと、他の場所に細菌の感染が拡大するおそれがあるだけでなく、ひどい場合には全身疾患につながるおそれもあります。

そのため、化膿してしまったときは、重度であれば医療機関を受診しましょう。

軽度な場合には市販の薬で対処することもできます。

切り傷の原因

室内で切り傷ができる

室内ではおもに食器類が割れたり、欠けたところに触れて、指を切って傷ができることがあります。

また、陶器類やガラス製品などが割れた際にも怪我をしやすいため注意しましょう。

屋外で切り傷ができる

歩いているときなどに転倒してしまった際に、周辺に石や釘などの鋭利なものが落ちていると、手足に切り傷ができることがあります。

また、木の枝などが体に当たることでも切り傷ができるおそれもあるため、周りに注意しましょう。

切り傷の治し方・予防方法

治し方はこちらから確認

切り傷を治す・予防する

切り傷が引き起こす疾患

破傷風(はしょうふう)

破傷風菌に傷口から感染して発症する病気で、最悪の場合は死に至ることもあります。

感染すると1週間~2週間ほどで、呼吸困難や食物の摂取が困難になる、首筋が張るなどの症状があらわれます。

衛生管理がされていないところで怪我をしたときは医療機関に受診することを検討しましょう。

ピックアップ特集