名前は聞いたことはあるけど、詳しく知らないというママも多い「とびひ」。とびひは赤ちゃんや子供に多い、代表的な皮膚の病気の一つです。

とびひは、正式名称を「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」といいます。強いかゆみを伴う水泡が、次々に「飛び火のように広がる」のが名前の由来です。

ひどくなる前に注意したい「とびひ」の症状と注意点を知っておきましょう。

とびひの原因は?

とびひは細菌に感染することによって発症します。原因となる細菌には2種類あります。

子どもの場合、ほとんどは「黄色ブドウ球菌」が原因となっています。

黄色ブドウ球菌

黄色ブドウ球菌は、鼻の穴、のど、皮膚などに存在している常在菌で、誰でも持っている菌の一つです。

健康な皮膚に黄色ブドウ球菌がついても問題はありませんが、すり傷、虫刺され、あせも、発疹など、皮膚にできた傷に細菌が感染し、かき壊した傷口から菌が感染します。

黄色ブドウ球菌が原因のとびひは、水疱性膿痂疹(すいほうせいのうかしん)と呼ばれ、主に夏場に発生します。0~6歳の乳幼児に多い症状です。

溶連菌

とびひの原因となるのは、溶連菌の一種であるA群β溶血性連鎖球菌です。溶連菌も常在菌であり、人の鼻の中やのどにいます。

溶連菌が原因のとびひを痂皮性膿痂疹(かひせいのうかしん)といい、季節は関係なく一年中発症します。

この場合も、傷口などから皮膚に溶連菌が入り込むと発症します。

とびひの症状は?

●膿みをもった水泡ができる

●大きさはさまざまで、顔から体中どこにでもできる

●水泡の中の液は透明~淡黄色ににごっている

●水疱はの膜は薄く破れやすく、かさぶたを作る

●かゆみが強く、かいているうちに汁のついた手で他を触ると次々に広がっていく

このように、強いかゆみと全身に広がるスピードが速いことが特徴です。特に高温多湿の夏の時期にはかかりやすいため、注意が必要です。

 

とびひは早めの受診と治療が大切

とびひの治療は、細菌の増殖を抑えたり死滅させるために、抗生物質入りの飲み薬と塗り薬で皮膚と体の内側の両方から治療を行います。

原因となった細菌の種類により薬の種類は変わってきます。

◼︎飲み薬=3日~7日間
◼︎塗り薬=毎日2~3回

必要に応じて、かゆみ止めの抗ヒスタミン薬や患部を保護するために亜鉛化軟膏(あえんかなんこう)を使用することもあります。

早めの治療であれば一週間ほどで良くなります。

注意として、とびひはステロイド剤を使うと悪化することがあるため、手持ちのステロイド剤は使用せず、医師に処方された薬を使いましょう。薬は途中でやめると再発することもあるので、医師の指示に従って最後まできちんと治しましょう。

とびひの症状が見られたら、早めに小児科または皮膚科を受診しましょう。

自宅でのケアは?

●こまめにシャワーを浴びさせたり、肌を清潔にしましょう。

●清潔を保つため、殺菌力のある石鹸をよく泡立てて洗い、十分に流しましょう。

●爪は短く切ってあげましょう。

●感染力が強いため、湯船に入るのは避けましょう。

●タオルも家族とは別のものを使用しましょう。

●子どもの鼻ほじりに注意しましょう。鼻には黄色ブドウ球菌がたくさんあるため、手についた細菌に一層広がります。また鼻の中にも水疱ができるため要注意。

●清潔にした患部に薬を塗り、うつらないようにガーゼなどで覆うようにしましょう。

さいごに

とびひはあせもや虫刺されなどの傷跡をかき壊すことがきっかけで起こります。

子どもは皮膚のバリア機能が未熟なため、肌トラブルを起こさないように、日ごろから肌は清潔にスキンケアをしてあげましょう。