伝染性膿痂疹は、火事の火の手のようにあっという間に広がることから、一般的に「とびひ」と呼ばれています。

とびひは、黄色ブドウ球菌などを原因菌とし接触感染によってうつりますが、その多くは高温多湿の6月以降から夏に発症します。

とびひの症状の程度は個人差が大きいのですが、どのような治療を行うのでしょうか。この記事では、とびひの症状と治療法、自宅でのケアについて解説します。

とびひの症状

とびひは、乳幼児に多くみられる皮膚の細菌感染症のひとつです。黄色ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌(溶連菌)を原因菌とし、接触感染によってうつる病気です。症状や原因菌の違いによって「水疱性膿痂疹」と「痂皮性膿痴疹」に分けられます。それぞれの特徴を確認しましょう。

水疱性膿痂疹とは

黄色ブドウ球菌によるとびひは、水疱性膿痂疹(すいほうせいのうかしん)といいます。皮膚にかゆみのある水疱ができるのが特徴です。水疱を掻いてしまうと破れ、「びらん」という赤く皮がむけたような状態になり、じゅくじゅくした汁が出てきます。この液体の中に菌がおり、患部を掻くと手に菌がついてしまい、さらにほかの部位を触ることであっという間に全身へと水疱が広がっていきます。

痂皮性膿痴疹とは

溶血性連鎖球菌(溶連菌)によるとびひは、痂皮性膿痴疹(かひせいのうかしん)といいます。アトピー性皮膚炎などと合併することが多く、小児より成人に多く見られるとびひです。赤く腫れた部位にびらんが生じ、さらに厚い痂皮(かひ:かさぶた)ができて、炎症や腫れが強く痛みを伴います。重症の場合は全身が赤くなり、発熱やリンパ節腫脹、咽頭痛などの全身症状が起こることもあります。

とびひの治療

とびひの治療は抗菌薬を用いる必要があるので、症状が出たらすぐに医師の診察を受けてください。飲み薬と塗り薬が処方されます。

水疱性膿痂疹の治療

フシジン酸ナトリウム、テトラサイクリン系またはニューキノロン系抗菌薬の軟膏を塗って、全体をガーゼで覆います。1日1~2回取り替えます。水疱は小さなものは潰さず、大きな水疱は滲出(しんしゅつ)液が周りに付いてしまわないように排出させます。そしてあわせて内服する抗菌薬は、セフェム系抗生物質を用います。

症状が改善しない場合は、とびひの原因菌が、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)の可能性があります。MRSAの性質は黄色ブドウ球菌と同じですが、耐性遺伝子を持っているため、抗生物質が効きにくくなっているので、このときは抗菌薬ではなく、患者の抵抗力を頼りとすることがほとんどです。

またとびひは痒みが強いので抗ヒスタミン薬の内服し、掻きむしって悪化させないようにします。

薬の詳細はこちらをごらんください。
ミナカラおくすり辞典:フシジンレオ軟膏アクロマイシン軟膏フロモックス錠アレグラ

痂皮性膿痂疹の治療

溶連菌によるとびひの場合は、抗生物質はペニシリン系またはセフェム系を使用します。症状が重症の場合は、点滴注射を行って全身投与をする必要があります。塗り薬はエリスロマイシン軟膏など感受性のある抗菌薬を用います。

溶連菌の感染で重症の場合は、腎障害の合併がまれにみられるので、尿中蛋白のチェックを行わなければなりません。

ミナカラおくすり辞典:サワシリン錠エリスロマイシン錠

とびひ治療で入院が必要なケース

黄色ブドウ球菌の毒素がまわって、全身の皮膚が真っ赤になり、やけどのような状態になるなどひどい状態の場合は、SSSS(ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群)を発症しています。

SSSSにかかると38度程度の高熱が出て、やけどのように皮がずるっとむけるので、すぐに病院へ行きましょう。入院して治療し、抗生物質の点滴を行い、皮膚には抗菌薬とワセリンを使用し、布でおおって保護します。

急速に症状が広がるので慌ててしまいますが、適切な治療で治る病気なので安心してください。

とびひの自宅ケア

とびひを発症した場合、発熱などの全身症状がない限り湯舟に入らず、シャワーを使って入浴させ、殺菌力のあるせっけんで泡を立て患部をそっと洗い流します。兄弟姉妹がいる場合は、他の子ども達の入浴後、一番最後がよいでしょう。

タオルは必ず家族と別にし、入浴後は処方された薬を塗り、浸出液などが周囲に接触しないように、患部に軟膏の外用、ガーゼなどで保護してください。

また爪を短く切り、掻いて皮膚に傷をつけないようにさせます。そして鼻にブドウ球菌が常在していることが多いので、子どもには鼻に指を突っ込まないように教えてあげましょう

おわりに

とびひはなるべく掻かずに、薬を適切に塗って早めに完治できるようにしましょう。症状を長引かせ、掻いてしまうと跡に残りやすいので注意します。とびひは自宅ケアだけで治らないので、症状が出た早めの段階で病院へ行ってください。