とびひは、正式名称を「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」といい、皮膚の浅い部分が細菌感染し、水ぶくれができる病気です。掻きむしった水ぶくれがあっという間に全身へ広がる様子が、火の粉が飛び火することに似ているため、「とびひ」と呼ばれています。

とびひは、子どもに多い病気ですが、大人も感染する可能性があり、重症化する傾向があります。
この記事では、大人のとびひについて解説します。

とびひの症状や原因、予防法や治療法について、詳しくはこちらをごらんください。
関連記事:とびひ(伝染性膿痂疹):とびひの症状・原因・治療法・予防法・注意点を知ろう

とびひは原因菌によって2つの種類に分けられる

とびひは細菌に感染することによって発症します。とびひは原因となる細菌によって、2種類に分けられます。

水疱性膿痂疹(すいほうせいのうかしん)

主に夏場に発生し、0~6歳の乳幼児に多い症状です。黄色ブドウ球菌が原因です。
黄色ブドウ球菌が、虫さされやあせも、すり傷などの部位に入りこんで繁殖すると、透明の膿を持った水ぶくれができます。かゆみを伴うので、患部を掻いてしまい、中の液が周囲に染み出て、症状が広がってしまうケースが多くみられます。

軽度の場合は、フシジン酸ナトリウム、テトラサイクリン系やニューキノロン系の抗菌の塗り薬のみを使用しますが、通常はセフェム系の抗生物質の飲み薬も併用します。

痂皮性膿痂疹(かひせいのうかしん)

季節は関係なく、一年中発症します。溶連菌の一種であるA群β溶血性連鎖球菌が原因です。
小さな傷や乾燥などで肌のバリア機能が落ちているところに菌が侵入し、肌が赤く腫れます。すると、膿を持った水ぶくれが出来て皮がめくれ、厚いかさぶたとなり、全身へと広がっていく症状です。悪化すると痛みを伴います。

ペニシリン系またはセフェム系の抗生物質を服用して治療します。塗り薬ではエリスロマイシン軟膏などの抗菌薬を用います。

大人がとびひは主に痂皮性膿痂疹

大人の場合、黄色ブドウ球菌による水疱性膿痂疹は少なく、免疫力の低下などが原因の溶連菌による痂皮性膿痂疹に感染することがほとんどです。免疫力の低下などが原因で感染します。

重症化することが多く、強い炎症や痛みを伴うほか、発熱やのどの痛みなど全身に症状があらわれます。ひどい場合には菌が生み出す毒素によって、全身が真っ赤になってしまうケースもあります。

重症化に注意

アトピー性皮膚炎を持つ成人がとびひを合併症として発症すると急速に悪化します。溶連菌が産生する毒素によって全身が真っ赤になってしまうことがあり、発熱・リンパ節の腫れ、時に咽頭痛なども併発します。

また、ごくまれに腎障害の併発が見られることがあります。症状が治まってからも数週間は、尿中蛋白をチェックしましょう。さらに悪化すると、細菌が血液中に入り、敗血症を引き起こしてしまうこともあります。敗血症は、全身に炎症を引き起こす重篤な疾患です。命に関わる病気ですので、注意が必要です。

高齢者のとびひの感染

高齢者は皮膚が薄いため、傷つきやすく、肌のバリア機能が低下しています。そのため、細菌に感染しやすくなっており、黄色ブドウ球菌が原因の水疱性膿痂疹にも感染することがあります。

妊婦のとびひの感染

妊娠中は免疫力が低下しているため、とびひの感染には注意が必要です。感染した場合は、早期の治療が大切ですので、すみやかに医療機関を受診しましょう。塗り薬による胎児への影響は極めて低いとされており、飲み薬についても妊娠中でも安全に使える抗菌薬があります。

とびひになったら出社はできる?

子どもの場合、とびひは「学校保健安全法」という法律で、出席の際は医師の診断を受けた上で、患部をガーゼや包帯で覆って露出させずに出席するよう定められています。
いっぽう、大人のとびひに関しては、法律や規定はありません。ただし、大人も医療機関を受診した上で、出勤の際は周りの人への感染を防ぐために患部をガーゼで覆い、他の人に接触しないようにするといった配慮が必要です。

とびひの治療:処方薬と市販薬

とびひの処方薬

とびひの治療は、原因となる細菌の増殖を抑える薬物治療が中心になります。原因となる細菌の種類によって抗生物質や薬を使い分けます。
一般的なとびひ(水疱性膿痂疹)では、フシジン酸ナトリウム、テトラサイクリン系やニューキノロン系の抗菌の軟膏を使用します。

軽度の場合は塗り薬のみを使用しますが、通常は飲み薬も併用します。飲み薬はセフェム系の抗生物質を使用します。

溶連菌が原因の場合は、飲み薬ではペニシリン系またはセフェム系の抗生物質を使用します。症状が重い場合は点滴注射などを行うこともあります。
塗り薬ではエリスロマイシン軟膏などの抗菌薬を用います。
なお、溶連菌が原因となる場合、ほとんどありませんが腎障害を併発する可能性があるため注意が必要です。

また、激しいかゆみを抑えるために、必要に応じてかゆみ止めの抗ヒスタミン薬や患部を保護するために、亜鉛化軟膏(あえんかなんこう)を使用することもあります。

とびひの市販薬は?

とびひの治療は抗菌薬が基本になるため、できる限り原因にあった抗菌薬を病院で処方してもらうことが大切です。原因菌に合わせた薬を病院で処方してもらうことが完治への近道だということは覚えておきましょう​。


軽い症状がでているけど忙しくてすぐに病院にいけないときの応急処置として、または予防として肌のかゆみに使いたいときなどにつかえる市販薬をご紹介します。

2つの抗生物質を配合し、化膿した湿疹や皮膚炎などに効果を発揮します。とびひのじゅくじゅくした患部にも使用できます。

おわりに

大人のとびひは、肌のバリア機能や、体の免疫力が低下しているときに感染しやすくなります。また、アトピー性皮膚炎の方は感染率が高くなっているので、とくに注意が必要です。
症状の悪化や、感染を拡大させないためにも、とびひには早めの治療が肝心です。感染の疑いがある場合は、すみやかに医療機関を受診しましょう。