朝起きて鏡を見たら目元が腫れぼったい、顔がむくんでる。。。ヤバイ!と多くの女性は思った経験があるのではないでしょうか?
「昨晩お酒をたくさん飲んでしまった」「睡眠時間が短かった」などという場合は、朝起きたときに特に顔のむくみを感じたことが多いかと思われます。
朝だけでなく、一日動き回った足も夕方にはパンパンになっていることも多いですよね。

特に何もしていなくても、いずれむくみは時間が経過すれば自然にとれるからと何もケアしていない方も多いようです。
しかし、むくんだ顔にメイクをするのは気が乗らない、大事な予定があって待ってる時間なんてないという場合は、顔のむくみは特になるべく早めに解消したいですよね。

顔のむくみもきちんとケアしなければ、それが「たるみ」の原因になってしまう可能性もあるのです。

ここではむくみを起こしてしまっている原因を徹底解明していきます!

むくみの解消法について詳しくはこちらを参考にしてください。
顔のむくみにお困りの人必見!むくみ予防策やすぐにできる顔のマッサージでむくみを解消しよう!

 

 


 

何でむくみは起こるの?

むくみというのは、皮膚の下にある細胞組織の間に、必要のない余計な水分が溜まることで起こります。
体内の水分がきちんと排出されておらず、体内の水分調整が正常に行なわれていないと老廃物となってむくみとして表面に現れてきます。

水分は重力に関係しているので高いところから低いところへ流れます。
日中は起き上がって動いているので水分は特定の場所には溜まりません。夕方ぐらいになると水分が足にたまりやすくなります。
朝に顔がむくんでいることが多いのは、寝ている時は身体が水平になっているため水分が身体の全体へと流れ、それが顔にまでも流れてきているからです。

特にまぶたなど目の周りがむくみやすいのは、目の周りの皮膚は顔の中でも非常に薄くなっているのでむくみが強く出やすいようです。

ちなみに泣きすぎたときなどに目の周りが腫れるのは、無意識にまぶたを強く押さえたりこすったりして、強い圧力や摩擦を繰り返していることが原因となり、裏まぶたのデリケートな毛細血管が充血することで拡張し、多くの血液が滞ることで腫れを起こすのです。

余計な老廃物は肌の新陳代謝を妨げてしまうのでむくんだ状態だと肌の老化を促進してしまいます。
代謝が低下し水分が溜まりがちになると、顔の下の皮下脂肪が固まってしまい、下垂状態が続くと皮膚が伸びてこれが「たるみの原因」となることもあるのです。 

顔のむくみの場合は、朝むくんでいたとしても身体を動かしていれば通常昼頃にはむくみが消えている場合がほとんどです。

長時間むくみがとれない場合の原因は、肝臓や腎臓などの機能に問題がある可能性があります。
こちらのケースの場合は病院できちんと診察してもらいましょう。

 

女性が特にむくみやすいのは何で?

むくみが特に女性に起こりやすいのは、女性は男性より筋肉の量が少なく、皮下脂肪の量が多いことが理由だと考えられています。

筋肉が少ないとリンパ液の流れが少ないので冷えを感じやすいです。脂肪が厚いと身体が一度冷めたら温まりづらくなります。
冷え性になると血行を悪くするため、老廃物が排出されずに体内に残るためにむくみやすく下半身も太りやすくなるのです。


また、女性は生理周期によってホルモンの分泌が変動するので、月経前症候群(PMS)の症状として、水分や老廃物などを排泄する機能が低下します。
すると顔や足がむくんだり、乳房の張り、肩こりや頭痛などの症状を感じることが多くなるのです。


 

むくみの原因は?

むくみの原因は様々なことが考えられます。

○水分の摂りすぎ

日中は水分をたくさん摂っても構わないのですが、夜に水分を多く摂ることがむくみの原因になります。
水分の過剰摂取は、余計な水分を血管の外にしみ出したり、リンパ液と呼ばれる細胞の間に流れる間質液の量を多くし、これが溜まることでむくみを起こす原因となります。

○アルコールの摂りすぎ

アルコールは血液内の水分を血管の外に出し、体内のミネラル分を体の外に排出させてしまう作用があります。
アルコールには利尿効果もあるので、お酒を飲みすぎると体内の水分が失われてしまい血液濃度が高くなります。

このドロドロになった血液を改善しようと体は血管内に水分を取り込もうとするので、この水分の一部がむくみとして出る原因になっているのです。

 

○塩分の摂りすぎ

塩分を過剰に摂取しすぎることも、血中の塩分濃度が高くなることで体内の水分を失うことになります。身体は血中の塩分濃度を一定に保とうとするため、足りない水分を補おうとして喉が乾いたというサインを出します。するとつい水分を摂りすぎて、余計な水分を血管の外にしみ出させてしまいむくみを起こす原因となってしまうのです。

○睡眠不足

睡眠不足が続いていると、身体は酸素を循環させようとするので、血管を拡張させることで血液の量が増えます。
水分を溜めこむ量も必然的に多くなるので皮下組織に水分が溜まってしまえばむくんでしまいます。

○運動不足 

運動不足で新陳代謝が悪かったり筋力が低下して筋肉が硬くなると、リンパ液が体内を循環できないので老廃物となって皮膚の下に溜まりむくみの原因になります。

○血行不良

長時間のデスクワークなどで同じ姿勢をとり続けていたり、冷えによって血行不良を起こしていたりすると、代謝が悪くなりむくみを起こす原因となります。
お風呂に入ってもシャワーだけで湯船につからないでいると、体の芯からの温まることができていないかもしれません。

身体のリンパ液の流れは老廃物を排出する働きをしますが、このリンパの流れが悪いと細胞間に水分が溜まって、むくみや疲労などの原因になります。

○体が歪んでいる

骨格がズレていたり歪んでいたりすると、血液やリンパ液の流れを圧迫して血行不良の原因となる可能性があります。

 

その他にも、うつ伏せ寝や、エアコンのきいた部屋に一日中いたりすると体温調節ができなくなり、代謝が低下してむくみの原因となります。


 

さいごに~大事な日の前日は我慢を~

晩御飯や寝る前に、つい塩分の多い物を食べてしまったりお酒を飲みすぎてしまうことはありますよね。
しかし、その影響は明日の朝自分の顔に出てしまいます。特に女性は男性よりむくみやすい身体をしているので、大事な予定がある日の晩ぐらいは食べる物を選びましょう。

また長時間むくみが解消しない場合は、肝臓病や腎臓病、血管やリンパ管に障害がある可能性もあります。
いつもと違うと感じる場合は、病院できちんと診察を受けるようにしましょうね。 

image by Photo AC
image by Photo AC
image by Photo AC
image by Photo AC
image by Photo AC