むくみの原因は人間の体内にある水分です。

人間の身体の60%は水分で構成されており、通常よりも細胞内に水分が溜まってしまっている状態が「むくみ」になります。

むくみを放置すると肌がたるんだりセルライトの原因となったり、特に女性にとっては深刻な悩みにつながることもあります。

むくみを解消するためには、身体に余計に溜まってしまった水分を体外に排出することが重要となります。

この記事ではむくみに効果的な食べ物と飲み物について紹介します。

むくみ解消に効果的な食べ物

むくみに効く食べ物を一度食べたからといって、すぐにむくみが消えるわけではありません。むくみに効果的な食事習慣をつけることで、むくみにくい体に変化していきます。

カリウム

カリウムには利尿作用があるため、体内に余分に溜まった水分を排出する効果があります。また、塩分の排出も促してくれるため、体内の水分量を適正に保つ効果が期待できます。

カリウムは水に溶けやすい性質があるため、食材を長時間水にさらしたり茹でたりすると、カリウムの含有量がぐっと下がってしまいます。なるべく生で食べたり、電子レンジを使用したり、スープにして水分ごと摂取するなど、調理方法を工夫しましょう。

また、腎臓病や透析の治療をしている方は、カリウムの摂取制限があるため注意してください。

《カリウムの含有量が多い食べ物/100g当たり》

パセリ 1000mg ほうれん草 690mg
アボカド 720mg ザーサイ 680mg
ひきわり納豆 700mg 大豆 570mg

ポリフェノール

ポリフェノールには血液をサラサラにする効果があるため、体内の血流がよくなります。血流がよくなると、体内に余分に溜まった水分も流れやすくなるため、むくみ解消に効果があります。

ただし、がん治療中の方はポリフェノールの摂取量に注意が必要なため、主治医に確認しましょう。

《ポリフェノールの含有量が多い食べ物/100g当たり》

黒オリーブ 569mg コーヒー 200mg
ブルーベリー 300mg 緑茶 115mg
いちご 235mg 赤ワイン 101mg

ビタミンB1

ビタミンB1も血流を良くする効果があるため、むくみ解消に効果的です。また疲労回復の効果もあるため、疲れやすい方は積極的に摂りたい栄養素です。

《ビタミンB1の含有量が多い食べ物/100g当たり》

豚ヒレ肉 0.98mg うなぎ 0.75mg
生ハム 0.92mg ベーコン 0.59mg
たらこ 0.77mg 牛肉 0.42mg

ビタミンB6

ビタミンB6には血流を良くする働きのほかに、ホルモンバランスを正常に整える効果があります。そのため生理前のホルモンバランスの乱れによるむくみに効果を発揮します。

ただし、サプリなどで大量摂取すると、神経障害を引き起こす可能性もあります。用法用量を正しく守りましょう。

《ビタミンB6の含有量が多い食べ物/100g当たり》

とうがらし 3.81mg まぐろ 0.94mg
ピスタチオ 1.22mg 牛レバー 0.89mg
にんにく 1.5mg かつお 0.76mg

ビタミンE

ビタミンEには血管の汚れを綺麗にしてくれる働きがあるため、血流が良くなり、むくみに効果的です。血管が綺麗になると、体内のすみずみまで栄養が行き渡り、老廃物の回収もスムーズになるため、積極的に摂取したい栄養の1つです。

《ビタミンEの含有量が多い食べ物/100g当たり》

ひまわり油 38.7mg 抹茶 28.1mg
アーモンド 31mg あゆ 23.5mg
とうがらし 29.8mg ヘーゼルナッツ 17.8mg

むくみの原因となる食べ物は?

塩分過多な食事をすると、体内の余分な塩分を水で薄めようとするため、身体はむくんでしまいます。また、脂質の摂りすぎもコレステロールの原因となり、血流が悪くなるためむくみが生じやすくなります。

以下のような食べ物はむくみの原因となるため、なるべく避けたほうが良いでしょう。

・漬物
・ラーメン
・ハムやベーコンなどの加工品
・かまぼこやはんぺんなどの魚の練り製品
・スナック菓子 など

また、寝る直前に食べると内臓に負担をかけ、体内の水分のバランスが崩れやすくなります。夜遅い時間帯の食事は避けるようにしましょう。

むくみ解消に効果的な飲み物

水分が体内に余分に溜まっているなら、水分を摂取しない方が良いのでは?と考えがちですが、それは逆効果です。

水分の摂取が極端に減ると、身体は脱水症状を防ぐため体内に水分を溜め込もうとします。水分不足もむくみの原因となるのです。

むくみを解消するためには、利尿作用の高い飲み物を摂取するようにしましょう。

 

健康食品は「医薬品」とは違い、症状に直接効果があるわけではありません。

健康食品はあくまで食事などでの栄養成分の不足を補うことを目的に使用されるものです。むくみや美容に良いとされる栄養成分を摂りたいが、食事でとるのは大変という方は、まずはサプリメント等を利用するのも一つの手です。

なお、むくみの他にも症状を伴っている場合は、まずは病院を受診するようにしてください。

山本漢方製薬 とうもろこしのひげ茶

とうもろこしのひげ茶にはカリウムがたくさん含まれているため、体内の水分量を適正に保ってくれます。

カリウムの含有量が多い食材にスイカがありますが、とうもろこしのひげ茶にはスイカの50倍ものカリウムが含まれていると言われています。

山本漢方製薬 黒豆茶100% 10gX30H

漢方にも使用される黒豆には利尿作用があり、水分を必要な場所に運ぶ働きをしてくれます。また、イソフラボンやアントシアニンなど、美容成分も含まれています。

伊藤園 伝承の健康茶 国産はと麦茶 ティーバッグ

ハトムギ茶も同様に利尿作用があります。ほかにも美肌や健康的なお通じにも期待できます。十六茶や爽健美茶に含まれている成分で、飲みやすさも特徴です。

ノンカフェイン ルイボスティー ティーバッグ

ルイボスティーには利尿作用があるほか、抗酸化成分のSODが含まれているため若々しさ維持が期待できます。

今岡製菓 徳用しょうが湯

しょうがには身体を温める働きがあります。血流が良くなると、体内の余分な水分がスムーズに回収されます。

ひどいむくみには市販薬の活用を

むくみを解消するためには食事の改善も大切ですが、ひどいむくみには市販薬も活用できます。

自分のむくみの症状に合わせて適した薬を選択することが大切です。むくみに効く市販薬の選び方について詳しくは関連記事をごらんください。