ドルマイコーチ軟膏|成分・使い方・副作用について

ドルマイコーチ軟膏の詳しい成分や使い方について解説します。また、副作用についても説明します。

ドルマイコーチ軟膏について

ドルマイコーチ軟膏

抗菌作用をする2種類の抗生物質「バシトラシン」と「フラジオマイシン」。炎症やかゆみを鎮めるステロイド成分「ヒドロコルチゾン酢酸エステル」が配合された軟膏です。ヒドロコルチゾン酢酸エステルは、おだやかやステロイド成分なので、かぶれ、虫刺されなどで幅広く使用することができます。

[効能・効果]

  • 化膿を伴う次の諸症:湿疹、皮膚炎、あせも、かぶれ、しもやけ、虫刺され、じんましん
  • 化膿性皮膚疾患:とびひ、めんちょう、毛のう炎
  •  
  • ドルマイコーチ軟膏 添付文書(2018年10月時点)

有効成分

バシトラシン

化膿の原因となる細菌(ブドウ球菌、連鎖球菌など)の細胞壁での合成を阻害することで殺菌作用を発揮し、化膿をおさえます。

フラジオマイシン硫酸塩

化膿の原因となる細菌(ブドウ球菌、連鎖球菌など)が蛋白合成することを阻害することで殺菌作用を発揮し、化膿をおさえます。

ヒドロコルチゾン酢酸エステル

ステロイド成分です。ステロイドは強さによって5段階に分けられており、ヒドロコルチゾン酢酸エステルは一番弱いウィークに分類されています。炎症やかゆみに優れた効果を発揮します。

使い方

用法・用量

ドルマイコーチ軟膏は1日数回使用します。症状がひどい場合は1日3回程度を目安に使用するようにし、症状が改善してきたら回数を減らしていきます。

使用量は、患部が十分に覆える程度の量を使用するようにしてください。目安として、人差し指の先端から第一関節までチューブを絞った量で、皮膚を刺激しないように患部に乗せるように塗ってください。

塗る回数や量が少ないと、症状の改善に時間がかかったり、治らなかったりする場合があります。

また、使用をはじめて5〜6日間使用して改善が見られない場合は使用を中止して、皮膚科を受診するようにしましょう。

塗るタイミング

ドルマイコーチ軟膏を使用するタイミングとしては、患部が清潔な状態で、薬の吸収率も高いお風呂上がりが良いとされています。

保湿剤を一緒に使うとき

保湿剤を使用したい場合は、まず保湿剤を先に塗ってから、ドルマイコーチ軟膏を患部のみに使用するようにしてください。

顔面に使用する場合

顔面の皮膚は手のひらや足に比べると薬が吸収しやすい箇所で副作用が出やすいため、使用する際は患部のみに使用し、かゆみや発疹などの副作用が出た場合は、使用を中止して医師もしくは薬剤師に相談するようにしてください。

また、目の周辺には使用を避けるようにしてください。ステロイドの影響で、眼圧亢進、緑内障、白内障を誘発することがあります。もし、軟膏が目に入った場合は、すぐに水またはぬるま湯で洗い流すようにしてください。

副作用

使用後、次の症状があらわれた場合はドルマイコーチ軟膏の副作用を疑い、使用を中止し、医師または薬剤師に相談してください。

皮膚:発疹、発赤、かゆみ、かぶれ

皮膚(患部):水虫、たむし等の白癬、にきび、化膿症状、持続的な刺激感

重篤なアレルギー症状

バシトラシンが配合された塗り薬ではまれに、アナフィラキシーという重篤なアレルギー症状を起こすことがあります。使用後、じんましん、呼吸困難、血圧低下、冷汗、動悸などの症状があらわれた時には、すぐに医師の診断を受けるようにしてください。

腎障害、難聴

フラジオマイシン硫酸塩が配合された塗り薬を長期連用すると、まれに腎障害、難聴が起こることがあります。2週間以上の長期連用は避けるようにし、症状が完治していない場合は皮膚科を受診するようにしてください。

さいごに

ドルマイコーチ軟膏は適切に使用すれば、幅広い症状に効果を示し、作用も穏やかなのでとても使いやすい薬です。正しい使用法を理解して、常備薬として急な湿疹や虫刺されに塗るようにしてください。

購入はこちらから

紹介されたお薬/アイテム

ドルマイコーチ軟膏

化膿・膿(かのう・うみ)のお役立ち情報

dメニュー