魚の目ができる原因

「魚の目」とは、皮膚の角質の一部が厚くなり、皮膚の深いところまで入り込んで中心に硬い芯ができることをいいます。深くまで入り込んだ芯が神経を刺激するため、痛みを感じることもあります。

魚の目ができる原因として、主に次の3つがあります。

◼︎サイズの合わない靴を履いている
◼︎姿勢が悪く重心がかたよっている
◼︎血行不良による角質の代謝不良

uonome

主に、足の裏や親指・小指の付け根、関節などの外部からの刺激を受けやすい場所にできやすく、手や指にできる場合もあります。

魚の目の詳しい原因やたこ・イボとの違いについては関連記事をごらんください。

魚の目が再発しやすくなる条件

魚の目は、次のような条件によって再発しやすくなると考えられます。

◼︎魚の目の芯が取りきれていない
◼︎ヒールやパンプスなど、足に負担がかかる靴をよく履く
◼︎靴の先が狭く、足の指が圧迫される靴をよく履く
◼︎姿勢が悪く、歩き方に癖がある
◼︎ケガなどをかばいながら、かたよった重心のまま歩く
◼︎職業やスポーツなどで、手や指の同じ部分にいつも力が入る
◼︎角質がうまく代謝されない

しかし、これらは普段の生活から切り離せないものや、常に意識しなければならないものであるため、すぐに改善することは難しいと考えられます。

再発予防・対策①足の摩擦や圧迫を減らす

靴によって足が摩擦・圧迫される人や歩き方に癖がある人は、魚の目の予防グッズで足を保護し、再発を予防するとよいでしょう。魚の目が痛む場合に、痛みを軽減する役割も果たします。

ドクターショール 底まめ たこ 透明ジェルクッション

足の人差し指にひっかけて、足の裏と靴の間にはさむことで衝撃を吸収し足への負担を軽減します。

足にしっかりと固定され、ずれにくいため安心です。また、洗濯が可能なので清潔に繰り返し使用できます。

Dr.Kong 足裏保護パッド(2個入り)

柔らかく伸縮性に優れたジェルが足の裏の負担をやわらげ、痛みを軽減します。中指にひっかけることで固定され、上から靴下やストッキングを履くことができます。

汚れたら水洗いが可能なので、繰り返し使用することができます。 

足に合った靴を選ぶのも大切

サイズが合っていない靴を履いていると、足の指やつけ根などが圧迫され続けます。指同士も両側から圧迫されることにより、強い摩擦や圧迫を受け続けることになります。

魚の目予防のために靴を買い換えようと考えている場合は、靴の選び方も大切です。

◼︎つま先に1〜1.5cmほどの隙間がある
◼︎足の左右・足の甲が圧迫されすぎていない
◼︎中敷が土踏まずにフィットしている
◼︎靴がかかとのカーブに沿っている

これらの条件を満たしている靴を選ぶと、足への負担が軽くなります。

再発予防・対策②角質をケアする

足や手などの角質が硬いと感じ始めたら、魚の目が発症する前に角質をケアすることで魚の目の再発・発生を防ぐことができます。

保湿効果のあるボディークリームやハンドクリームをこまめに使用するのも効果的です。

ゾーリンゲンペディー(ドイツsolingen製)魚の目・角質削り【替刃10枚付き】

魚の目やタコ・古い角質などを簡単に削り取ることができるグッズです。カッターを滑らせることで、固くなった皮膚の表面だけを削り取るため安全です。

使用する前に、お湯に足をつけるなどして角質を柔らかくしておくことがポイントです。使用後は足用の保湿クリームなどでケアしてください。 

P. Shine ビューティーフット レギュラー 120/220 角質除去 フット用品

プロのフットケアサロンでも実際に使用されている角質ケア用品です。

使用する前に、お湯に足をつけるなどして角質を柔らかくしておくことがポイントです。使用後は足用の保湿クリームなどでケアしてください。 

再発予防・対策③魚の目は完全に取り切る

魚の目の芯が少しでも残っていると、同じ場所から再発してしまいます。

市販薬で治す場合は一度で治療を終えるのではなく、芯が完全に取りきれるまで繰り返し治療し続けることが大切です。

また、皮膚科などで治療してもらう場合でも、治療後についての医師の指示をしっかり守りましょう。

魚の目が取れた後は穴をケアする

魚の目が完全に取れると、芯があった部分に穴が空きます。穴をそのまま放っておくと雑菌が入り、イボや感染症の原因になる場合があるため、消毒した後保護パッドなどでしっかり保護しましょう。

穴が完全になくなるまで1か月ほどかかりますが、こまめに保護パッドを取り替えるなどして魚の目の跡周辺は清潔に保つようにしてください。

BAND-AID(バンドエイド) タコ・ウオノメ保護用 足の指用 8枚

初期段階の小さな魚の目の治療に効果のある保護用パッドですが、魚の目の再発防止にも効果的です。肌の水分を保つことで角質を柔らかくし、また靴の圧迫から患部を守ることで痛みを和らげます。

足の裏用もあります。

魚の目が再発してしまったらどうする?

市販薬を使用して再治療する

魚の目が再発してしまった場合は、再び市販薬を使用して治療することが可能です。ただし、魚の目の芯の深さによっては市販薬では取り切れないこともあります。

正しい手順と方法をあらためて確認し、根気よく治療を続けましょう。1か月以上市販薬を使用しても改善がみられない場合は使用を中止し、皮膚科を受診しましょう。

魚の目の正しい取り方については関連記事をごらんください。

皮膚科を受診する

正しい方法で治療を行っても魚の目の芯を取り切れず再発してしまった場合は、皮膚科を受診して魚の目の治療を行いましょう。

皮膚科では主に、レーザーを使用して深くまで到達した魚の目の芯を除去します。

魚の目の病院での治療については関連記事をごらんください。

おわりに

魚の目ができてしまった場合は、足に負担をかけないように日常から気をかける必要があります。

ファッションの為に合わない靴を無理して長時間履くことはやめましょう。自分に合った靴を選んで綺麗な素足を目指しましょう。