魚の目とたこ・いぼの見分け方

魚の目を治したい!と思っても「これは本当に魚の目?」「もしかしてたこやいぼなのでは?」

と疑問になるほど一見、魚の目とたこ・いぼの区別はつきにくいものです。

魚の目は正式には「鶏眼(けいがん)」と言います。また、たこは正式には「胼胝(べんち)」、いぼは「疣贅(ゆうぜい)」と言いいずれも良性の皮膚病ですが、それぞれに違った特徴があります。

そこで、魚の目とたこ・いぼを見分けるための特徴をそれぞれ解説します。

魚の目の特徴は?

魚の目は、皮膚が繰り返し摩擦や圧迫などの刺激を受けることにより、角質層が厚くなってできます。

厚くなった角質は、さらに皮膚の内側へと厚く硬くなって芯になり、芯が深くなってくると痛みをともないます。

<魚の目の特徴>
・芯がある
・痛みがある
・足の裏にできることが多い
・厚くなった角質の部分を削り取ると出血することがある

たこと魚の目の違い

たこも魚の目と同じで、皮膚が繰り返し摩擦や圧迫などの刺激を受けることにより、角質層が厚くなってできます。

魚の目との違いとしては、魚の目は角質が皮膚の内側へと厚くなっていきますが、たこは角質が皮膚の外側へと厚くなっていくところです。

また、たこの角質はたいらで芯がないため、通常は痛みがないことが多く、体のいたるところにできます。

<たこの特徴>
・芯がない
・痛みがないことが多い
・体のいたるところにできる
・厚くなった角質の部分を削っても出血しない

魚の目・足の裏のたこに共通する原因

魚の目・たこ両者とも、足の裏へ繰り返される摩擦・圧迫の刺激が発症の原因ですが、次のような状況で起こります。

・きつい靴や、合わないサイズの靴の使用

・歩き方のくせ、体の重心のかたより

・長時間歩行

魚の目・たこは一度治っても、上記のような状況が繰り返されることにより再発しやすくなります。

思い当たる点があれば、意識して改善しましょう。

いぼと魚の目の違い

魚の目やたことは違い、いぼはウイルス感染が主な原因です。

また、ウイルスの種類によってできやすい場所や症状は違います。

魚の目と間違われやすい、足の裏にできるいぼは通常表面がザラザラしていて硬く、いぼと周りの皮膚との境界ははっきりしています。

足の裏のいぼは、体重に圧迫されるので平べったく、いぼの周囲は厚くなった皮膚で囲まれた形状です。

また、いぼに圧力がかかると強い痛みを感じることがあります。

なお、いぼを魚の目と見分けるポイントは、いぼには中心部に細かい点のような黒い芯がいくつかみられることです。

さらにいぼは、ナイフなどで表面をそぐとそこから出血することがあります。

<いぼの特徴>
・ウイルス感染が主な原因
・中心部に細かい点のような黒い芯がみられる
・強い痛みを感じることがある
・削ると出血することがある

魚の目は自分で治せる?

【魚の目の特徴は?】で解説したように、魚の目は角質が厚くなってできたものです。

軽度の魚の目は角質を軟らかくする薬を使うことにより除去できるので、市販薬を使って自分で治すことができます。

市販薬を使って自分で魚の目を治せる目安は次のときです。

・皮膚病や感染がない魚の目

・角質が厚くなり硬くなった軽症の魚の目

魚の目で病院に受診する目安は?

自己判断で治療することにより、症状を悪化させてしまうこともあります。

傷があったり炎症を起こしている場合や、市販薬を使ってもよくならないときは必ず皮膚科を受診しましょう。

自分で魚の目を治す際、次にあてはまる人は注意が必要です。

・乳幼児、小児:大人よりも皮膚が弱くデリケートなので、魚の目の治療薬は慎重に使用し、保護者がかならず観察します。

・妊娠中、授乳中の人:魚の目の治療薬は赤ちゃんに影響が出る可能性もあるので、使用前に医師に相談します。

・糖尿病の人:免疫力が低下していることにより、魚の目を取る際は皮膚が傷つくと感染しやすくなるので注意が必要です。

魚の目を治すには芯を取る!

魚の目を治療する際に特に知っておきたいのは、芯の部分を完全に取りきらないと再発することです。

魚の目の治療には一般的に「サリチル酸」という成分が入った薬を使い、サリチル酸の角質を軟らかくする作用で魚の目の角質を芯まで取り除いて治します。

魚の目を除去する「サリチル酸」って?

サリチル酸は、皮ふ軟化剤に分類され、次のような作用があります。

・硬質化した皮膚の角質を軟らかくする作用

・高い防腐・殺菌効果作用

魚の目を治す薬の種類

魚の目を除去する「サリチル酸」の成分を含有する市販薬には、「絆創膏タイプ」と「液体タイプ」があります。

絆創膏タイプが広く使われますが、絆創膏を貼りにくい部位は液状タイプを使います。

絆創膏タイプには魚の目の大きさに自分でカットできるフリーサイズとS.M.Lのサイズであらかじめカットしてあるものがあります。

魚の目以外の皮膚もやわらくしてしまうので、患部の同じ大きさのものを貼ることがポイントです。

なお、サリチル酸は健康な部分の皮膚からも速やかに吸収され、血中に移行します。

長期の使用・大量の使用はしないように気をつけましょう。

絆創膏タイプの治療薬

絆創膏タイプは基本的に、魚の目の大きさサイズのものを、直接貼って2~5日ごとに取り替えて使います。

3日ほどで魚の目の角質部分が白くぽろぽろ剥がれ落ちてくるので、芯の部分が完全に除去されるまで使用します。

スピール膏ワンタッチEX

魚の目で代表的な薬「スピール膏」。さまざまな種類が出ていますが、迷った時にはこちらオススメです。
薬剤とパットが一緒になったワンタッチタイプで、足のうら、足のゆびのそれぞれのタイプがあるので、症状に合わせて気軽に簡単に使えます。

1c㎡あたりにサリチル酸45mgが含まれているので、従来のスピール膏より有効成分が多く含まれています。

スピール膏

患部の大きさに合わせて自分でカットしたい方にオススメのフリーサイズの絆創膏タイプの薬です。
1c㎡あたりにサリチル酸35.7mgが含まれています。
外部の刺激から患部を守る保護用パットを使用することで、患部に生じる痛みを軽減しながら症状を改善できます。
スピール膏を患部より少し小さめに切って貼り、ズレないように固定用テープでしっかりとめ、2~5日毎に新しい薬剤と交換してください。
スピール膏を患部から剥がす際に、白くなった皮膚の部分を痛みがない程度に消毒したピンセットで取り除いてください。

イボコロリ絆創膏

被覆してある剥離紙をはぎ取り、中央部のサリチル酸絆創膏が患部を覆うように貼り付けます。保護パット付でS.M.Lの3サイズがあります。

イボコロリ絆創膏・F

サリチル酸絆創膏を患部の大きさに合わせて切れるフリーサイズタイプです。患部が圧迫や接触で痛むときには、患部の大きさに合ったパッドを選び必要に応じて貼ります。さらに固定用テープで固定します。

ウオノメコロリ絆創膏

被覆してある剥離紙をはぎ取り、中央部のサリチル酸絆創膏が患部を覆うように貼り付けます。

液体タイプの治療薬

絆創膏を貼りにくい部位にできた魚の目にも使える、液体タイプの治療薬です。

液体タイプを塗った後はそのまま入浴が可能です。

塗ってから3~4日すると患部が白く柔らかくなってきてはがれはじめます。

その後、はがれはじめた患部を被膜と一緒にピンセットなどで優しくはがします。

軟らかくなった皮膚は無理やりはがさないように注意しましょう。

ウオノメコロリ

患部に塗布するとすばやく乾燥して白い被膜をつくり、厚く硬くなった皮膚をやわらかくして魚の目・タコを取り除く皮膚軟化薬です。
1日1~2回、キャップ付属の棒で1滴ずつ患部に塗布してください。痛む患部を保護するウオノメパット付きです。

スピール液

患部に塗布して乾燥して薄い被膜をつくり、厚く硬くなった皮ふをやわらかくして、うおの目、たこ、いぼの角質を取り去る皮膚軟化薬です。
一日数回、患部に適量を塗布します。保護用パット付きです。

おわりに

この記事では、魚の目を自分で治すために必要な情報をまとめてみました。

魚の目の症状は軽いほど早く治せるので、魚の目をみつけたら早めに自分で処置できるとよいですね。

また、再発しやすい魚の目は日ごろから足のケアを怠らないことも大切です。

普段から履く靴や、歩き方にも気を付けてみるようにしましょう。