残尿感

残尿感とは、文字通り排尿後も、尿が残っているという感じがある症状です。

尿が実際に残っていることは少なく、膀胱の働きは正常なことが多いです。

あなたの希望を以下の2つの中から選びましょう
 
詳しく知る
 
治す・予防する

残尿感について知る

本章では残尿感の症状や原因について詳しく説明していきます。

残尿感の症状

残尿感とは、文字通り排尿後も、尿が残っているという感じがある症状です。

尿が実際に残っていることは少なく、膀胱の働きは正常なことが多いです。

排尿をしたあとも実際に尿が膀胱に残っているのを残尿とよび、残尿感は残尿のあり、なしとは関係ありません。

残尿感の原因

残尿感は炎症が原因で出てくる場合と、炎症が原因かはっきりしないで出てくる場合とがあります。

炎症が原因の場合は女性の膀胱炎が多いです。

この場合には排尿時の痛みなどの症状とともに残尿感が出てくることがあります。

炎症が原因か明らかではない場合の代表的な病気には男性では慢性前立腺炎、前立腺肥大症があります。

慢性前立腺炎の残尿感は、炎症があって症状が出ることもありますが、炎症がはっきりしないにもかかわらず症状が出てくることが特徴です。

残尿感をともなう主な病気

膀胱炎(女性に多い)

細菌が尿道から膀胱に入り感染することで、膀胱に炎症が起こります。

疲労やストレスなどで抵抗力が弱くなることで、細菌が増殖し、膀胱炎になります。

また、トイレを我慢することも、膀胱炎を悪化させたりなりやすくなる原因になります。

主な症状としては、次のものがあります。

・残尿感がある

・排尿時に痛みがある

・トイレが近くなる

・尿が白く濁ったり、血が混じることがある

放っておくと、つらい痛みや発熱などを引き起こすおそれがあるため注意しましょう。

前立腺肥大症・前立腺炎(男性のみ)

前立腺肥大症の原因ははっきりとは解明されていませんが、中高年になって男性ホルモンを含む性ホルモン環境の変化が起こることにより、前立腺が肥大すると考えられています。

主な症状としては、次のものがあります。

・残尿感

・昼間頻尿、夜間頻尿

・急に尿意をもよおし、我慢できない

・尿の勢いが弱い

前立腺炎は尿道からクラミジア、マイコプラズマ、大腸菌などが前立腺内に入り、増殖して炎症を起こすことが主な原因です。

また、慢性前立腺炎の場合は細菌による炎症ではなく、血行が悪いことが原因の場合が多いです。

主な症状としては次のものがあります。

・残尿感がる

・頻尿

・排尿時に痛みがある

骨盤臓器脱(女性のみ)

出産や肥満、慢性の咳、重いものを持ち上げたりする仕事、便秘など、腹圧が上昇し骨盤底に強い負荷が加わることや、老化、閉経などによる骨盤底筋群という筋肉の衰えにより、内臓が支えられなくなることが原因となります。

下がってくる臓器によって症状が異なりますが、主な症状としては次のものがあります。

・排尿困難

・頻尿

・尿失禁

・便秘

残尿感を改善する・予防する

本章では残尿感の改善方法や予防方法について詳しく説明していきます。

残尿感を薬で改善する

残尿感を改善する効果のあるおすすめの市販薬を紹介していきます。

残尿感など泌尿器の不調に対する市販薬には漢方薬が多いですが、中には膀胱の動きを抑えるような西洋医学の薬もあるため、自分の目的に合ったものを選びましょう。

また、市販薬とサプリメントに関して下記記事で詳しく説明していますので、ごらんください。

ミナカラの参考記事紹介

残尿感を薬以外の方法で改善・予防する

水分を多めに摂取する

菌が原因の場合、水をたくさん飲んで排尿することで、菌が膀胱から排出されます。

おしっこを我慢しない

膀胱に尿が溜まり続けると、膀胱内で菌が繁殖するおそれがあります。

我慢しすぎないよう、数時間おきにトイレに行くようにしましょう。

排便後は前から後ろに拭くようにする

肛門などには常在菌がいるため、後ろから前に拭くとその菌が尿道に入ってしまうおそれがあるので、前から後ろに拭くようにしましょう。

【女性限定】生理用ナプキンはこまめに変える

ナプキンが直接の原因で膀胱炎になることはありませんが、汚物が付いたナプキンをつけたままだと、菌が入りやすくなってしまうため、定期的に変えましょう。

医療機関を受診すべき症状

残尿感がある場合には前述の膀胱炎などの病気も考えられるため、症状が続くようであれば1度病院に受診して検査してもらいましょう。

また、病院での治療については症状によって異なりますが、抗菌剤を処方されたり漢方薬を処方されることが多いです。

骨盤臓器脱の場合で症状が悪化している際には手術が必要なときもあります。

なお、次の症状が当てはまる方は注意が必要ですので早めに医師に相談してください。

(1)再発を繰り返す

何かしらの病気(膀胱結石、糖尿病など)が隠れていることがあります。

(2)悪寒・高熱・腹痛などがある

腎臓に炎症が起きているおそれがあります。

ピックアップ特集