痔の症状・原因・治し方

痔の症状や原因、治療方法や予防法について説明しています。

あなたの希望を以下の3つの中から選びましょう
 
痔について知る
 
痔を治す
 
痔を予防する

痔について知る

痔とは

痔とは肛門や肛門周辺に起きる病気のことです。

痔の種類は大きく分けて、痔核(いぼ痔)・裂肛(切れ痔)・痔瘻の3つです。

さらに、痔核は内痔核と外痔核の2つに分けられます。

痔の三大症状と原因

痔核(いぼ痔)(イボができる)

歯状線を境に、内側にできるものを内痔核といい、外側にできるものを外痔核といいます。

内痔核

痛みを感じることは少なく、出血したり症状が進み肛門の外まで出てきたときに気づくことが多くなっています。

原因

主に便秘や排便時のいきみが強かったり、長時間同じ姿勢をとる、妊娠などが原因になります。

外痔核

痛みを感じることが多く、大きく腫れると強い痛みが出ます。

出血は比較的少なくなっています。

原因

主に日常生活で急に力を入れたり、アルコールや辛いものの取りすぎ、下痢などが原因になります。

裂肛(きれ痔)(切れる)

肛門の出口付近の皮膚が切れた状態をいいます。

排便時に痛みと出血が起こりやすいことが特徴で、排便後も痛みが続くことがあります。

原因

便秘による硬い便の通過や、下痢の勢いにより肛門が切れてできます。

痔瘻(じろう)(膿がでる)

肛門周囲に膿がたまる肛門周囲膿瘍が進み、慢性化すると痔瘻になります。

痔瘻は肛門の周囲が化膿して膿がたまり、腫れて痛みがあります。

時には38℃以上の発熱をともないます。

原因

主に、下痢によって肛門の組織に細菌が入り込むことが原因とされています。

男女別の痔の発症率にあまり差はありませんが、女性は生理や出産等が原因で痔になることもありますので注意しましょう。

病院に行くべき症状

症状が重い方や慢性化している場合は医師の診断を受けた方が良いでしょう。

下記のような症状が出ている場合は医師の診察を受けた方が良いとされているので参考にしてください。

① 痔瘻(あな痔)と思われる場合。(排便時が困難なほどの激しい痛みがある、膿が出るなど)

② 出血が多い場合。

③ 内痔核が外に出ている場合。

④ 外痔核がいぼが大きく激しい痛みがある場合

⑤ 便が黒い場合。(上部消化管からの出血の可能性あり)

⑥ 市販薬を1週間程度使用してもよくならない場合。

痔を治す

ここでは自分で対処できる痔のセルフケア方法について述べます。

痔は、自然治癒することもありますが、便秘などを併発する恐れもあるため基本的には薬を使用して治します。

軽いいぼ痔やきれ痔で出血が少なく痛みが軽いときは、座薬・軟膏・注入軟膏などの市販薬で対処することができます。

また、便秘が原因のときには、便秘の解消も同時に行いましょう。

自分の痔にあった薬で治す

ドラッグストアやインターネットで購入できる痔の薬は多く存在します。

痔の症状やできた部位によって、合った薬を選び使用することが大切です。

「キュアナビ」では症状や剤型からあなたにあった痔の薬を見つけることができます。

さっそく「キュアナビ」で薬を見つけましょう。

ミナカラの参考記事紹介

痔を予防する

日常のおしりのケア

おしりは丁寧にふく

便が残ったままにならないよう、しっかりと拭きましょう。

ただし、強くこするのではなく、紙を押しあてるように優しく拭きましょう。

また、多くの人は排便後におしりを紙で拭くだけで十分ですが、便の質、年齢等によっては、何回も拭かないと便が取れにくいこともあります。

この場合は、トイレの温水洗浄機能等を使って温水で洗うようにするとよいです。

ただし、強い水圧で洗ったり、洗いすぎたりすると皮膚炎を起こしてしまうこともあるので注意しましょう。

おしりのやさしい洗い方

ぬるま湯で洗い流す

トイレの温水洗浄機能を使って優しく洗い流します。

温水便座がない場合は、シャワーなどを利用するとよいでしょう。

水流は強くしすぎないよう注意してください。

しっかり乾かす

タオルなどを使って水分を拭き取ります。

水分が残っていると炎症を起こすことがあるため、押しあてるように優しくしっかりと拭き取りましょう。

おしりに負担をかけない排泄

排便は3~5分かけて

無理ないきみは肛門に負担がかかります。

また便を全部出し切ろうとするといきみやすいので残便感をあまり感じない程度でやめ、便意が再度来てからトイレに行くようにしましょう。

排便を我慢しすぎない

直腸が便の水分を吸収し硬くなり、肛門に傷をつけやすくなります。

また、便秘になってしまうこともあるため注意しましょう。

排便後にはしっかりと洗浄し常に肛門を清潔に保つ

お湯等で洗い流すことで、便の付着が減り痔のさまざまな症状がおさまります。

おなかのマッサージで便秘の予防をする

便秘になると便が硬くなり、肛門が傷つきやすく、痔になる恐れが高くなるため注意しましょう。

そのため、便秘の予防としてマッサージを行いましょう。

生活改善で痔を予防

長時間同じ姿勢は続けない

長時間座っていたり、立っていると肛門がうっ血することがあります。

ときどき姿勢を変えたり、軽いストレッチをしましょう。

ストレスをためない

ストレスをためると、免疫力が落ちて痔が悪化することがあります。

適度にストレス発散をしましょう。

適度な運動を

運動は腸の働きを活発にし、血行もよくなるためスムーズな排便につながります。

食生活を見直す

食物繊維や乳酸菌をとる

食物繊維や乳酸菌をとることで便秘や下痢を予防することができます。

また食物繊維は適度に便を柔らかくしてくれるため、肛門への刺激が緩和されます。

朝食をとる

朝食をとることで、腸の働きが活発になり、正常な排便を促します。

過剰なアルコールや香辛料を避ける

アルコールや香辛料を多くとると、肛門部を刺激してうっ血の原因になったり、下痢になる恐れがあるためほどほどにしましょう。

医療機関での治療方法

病院ではまずは検査を行います。

検査は触診や肛門鏡検査などがあり、検査結果によっては生活改善を促されることや薬が処方されることもあります。

また、薬が処方された場合で数ヶ月使っても改善が見られない場合や症状が重いときには、手術や注射薬での治療が検討されます。

手術(結紮切除法、半閉鎖法)

主に内痔核の治療法となります。

痔核を切除する手術で、手術自体は数分〜数十分程度で終わりますが、数日程度の入院が必要となります。

ジオン注射

痔に流れ込む血液量を減らし、痔を粘膜に癒着・固定させる治療法です。

傷口から出血したり、痛みがでることもほとんどなく、入院期間も少なくて済むことが特徴です。

また医師の判断によっては日帰りも可能なことがあります。

ミナカラの参考記事紹介

痔(ぢ)に関するお役立ち情報

薬剤師に相談する

疑問に思ったことは薬剤師に相談してみましょう。

ピックアップ特集