痔は坐薬や軟膏での治療が基本ですが、効果が見られなかったり日常生活に支障が出るようなケースには手術をおこないます。

今回は痔の手術の中でも痔核(いぼ痔)の治療で増えている「日帰り手術」について、手術方法・注意点・費用を詳しく解説します。

いぼ痔の症状が軽度の場合は市販薬も活用できます。

手術が必要な痔核(いぼ痔)とは?

痔核は、直腸の粘膜部分にできる内痔核と、肛門に近い皮膚部分にできる外痔核に分けられます。手術が適応になるのは内痔核です。

粘膜部分は痛みを感じないため、内痔核は出血で気づくことがほとんどです。進行すると排便のときに痔核が肛門から出てくるようになり、もっと進むと痔核が大きく脱出したままとなり、腫れあがります。

外痔核は通常「病気」としてとらえられることはありません。血豆や血栓ができた血栓性外痔核も基本的には外用薬と鎮痛薬で治療をおこないます。血栓が大きく痛みが強い場合には、局所麻酔をして血栓を摘出することがありますが、ジオン注射療法はおこなえません。

内痔核の手術

内痔核の手術は腫れあがった痔核を切り取る方法と、痔核を小さくする方法に分けられます。それぞれの中で「日帰り手術」でおこなわれるのは次の方法です。

・痔核を切り取る:炭酸ガス(co2)のレーザーメスによる手術
・痔核を小さくする:ジオン注射療法

炭酸ガスレーザーメスによる日帰り手術

内痔核の日帰り手術として注目されているのが、炭酸ガスによるレーザー手術です。

炭酸ガスのレーザービームを照射して内痔核を蒸散させながら焼き切る方法です。痔核の切除と凝固を同時におこないますが、下の筋層までレーザーが到達しないため、術後の腫れ・痛みが少ないのが特徴です。出血もほとんどありません。

炭酸ガスレーザーメスの特徴

・手術時の出血がほとんどない
・手術中と後の痛みがほとんどない
・手術後の腫れが少ない
・傷の治りが早く、翌日には日常生活に戻れる

手術後に帰宅できるということは、それだけ体への負担が少ないということです。また入院の必要がないので入院費など経済的な負担も軽くなります。入院前後の仕事調整もしなくていいので、精神的にも楽といえるでしょう。

手術のおもな流れ

まず、手術着に着替えて仰向けになったら点滴をします。

その後うつ伏せになり、仙骨硬膜外麻酔をおこないます。仙骨硬膜外麻酔は尾てい骨の少し上の部分にする麻酔注射で、肛門中心に麻酔がかかります。10分ほどで効いてきて、2時間ほどで麻酔効果が切れるため、眠くなったり歩けなくなったりすることがありません。

手術はくの字のうつ伏せ姿勢でおこない、手術時間は15~30分程度です。炭酸ガスレーザーメスでは痛みや出血がほとんどありません。

手術後は歩いて休憩室に移動し、3時間ほど休んだら帰宅できます。

ジオン注射治療(ALTA療法)による日帰り手術

ジオン注射治療は痔核(肛門)にメスを入れず、痔核に薬剤を直接注射することで痔核を小さくする注射療法です。中程度の痔核に対しておこなわれることが多く、保険適応です。

ジオン注射療法の効果

ジオンという薬剤には血管を硬くして血流を遮断する作用や、痔を硬くして粘膜に癒着・固定する作用があります。この2つの作用で内痔核を小さくし、元の位置に固定。痔核の肛門からの脱出や出血症状が改善します。

ジオン注射治療の流れ

ジオンは痛みを感じない内痔核に注射をするので基本的には麻酔の必要がありませんが、肛門周辺や下半身にだけ効く局所麻酔をかける場合があります。

ひとつの痔核に対して4か所に分割して注射し、薬液を十分に浸透させます。痔核が複数ある場合は、それぞれに投与します。

治療は約30分で終了し、しばらく安静にした後、帰宅できます。治療後しばらくすると痔核からの出血が止まり、数週間から1か月程度で肛門からの脱出があらわれなくなります。

ジオン注射治療の禁忌・副作用について

次の方はジオン注射療法をおこなうことができません。

・妊娠中や授乳中の方
・透析中の方
・重症の肝機能障害、腎機能障害
・15歳以下の方
・陥頓(かんとん)痔核

また、処置後に次のような症状があらわれたら、速やかに診察を受けてください。

・吐き気や頭痛
・患部の違和感や異物感
・発熱
・肛門の痛みや腫れ、出血

治療を始める前に主治医と十分に相談し、副作用についても理解したうえで注射療法を受けるようにしてください。

痔の日帰り手術の費用

炭酸ガスレーザーメスによる手術とジオン注射療法は日帰りでおこなえる治療法なので、入院費用がかからないのが大きなメリットです。

炭酸ガスレーザーメスによる手術の場合

自費治療でおこなうケースが多く、費用は痔核の大きさや数により異なりますが、おおよそ25万円前後となっています。

ジオン注射療法の場合

ジオン注射療法は保険適用で治療が受けられます。3割負担で約15,000円~30,000円が目安です。

ちなみに外痔核の血栓を摘出する手術も保険適用で、約15,000円~30,000円が目安です。

そのほか、外来診療費(保険適用)として
・初診の場合・・・約1,000~1,500円
・再診の場合・・・約400円

さらに検査や薬などの処置が加われば、その分も加算されます。

日帰り手術の注意点

炭酸ガスレーザーメスやジオン注射治療などによる日帰り手術は精神的・肉体的・経済的負担が少ないものの、さまざまな配慮が必要です。

治療にあたっては次のことを理解し、注意をしてください。

・入院しない分、自宅で安静にするなど自己管理が必要である
・力仕事や冷え、長時間の同じ姿勢はしばらく避ける
・手術の翌日・一週間後などに通院し、経過を確認してもらうこと
・ひどい痛みや出血など、万が一問題が生じたらすぐに通院し、診てもらうこと

日帰り手術では翌日から日常生活に戻れますが、数日間は安静を心がけてください。気になる排便も、我慢は厳禁です。翌日から怖がらずにおこないましょう。痛みが少しあるので、排便前に痛み止めを服用したり、便を少しやわらかくする薬を処方されることがあります。

食事制限はありませんが、手術当日や翌日は消化のよいものを摂るといいでしょう。しっかりと食べてきちんとした排便習慣を身に着けることが痔の再発予防にもなります。

おわりに

痔は放置すると悪化したり再発することが多いため、できるだけ初期のうちに治療をおこなうことが重要です。どんな痔でも放置せず、初期症状を見逃さないようにしながら、なんでも相談できる主治医とともに治療をすすめてください。