女性は男性より尿道の長さが短いため、尿漏れが起きやすい体質をしています。しかし、尿漏れの症状自体は、女性だけでなく男性にも見受けられます。

ユニ・チャーム株式会社の調査によると、男性は20~50代のどの世代でも約85%が軽い尿漏れの経験があると答えているように、尿漏れは女性だけの問題ではないのです。

この記事では、男性の尿漏れの原因と対策について説明します。

男性の尿漏れの原因|考えられる病気

尿漏れの原因の多くは、骨盤底筋と呼ばれる骨盤の底にある筋肉の筋力低下によるものです。

女性の場合は、妊娠や出産などで骨盤底筋が緩むことがありますが、男性の場合は、運動不足や肥満、便秘などによって尿漏れが引き起こされることがあります。

また、男性は男性特有の病気が隠れている場合に、尿漏れが生じることがあります。

男性の尿漏れの原因となる病気は、次のようなものが考えられます。

前立腺肥大症

前立腺が肥大化し、尿路の圧迫や閉塞により、排尿困難や頻尿、残尿感などのさまざまな排尿障害が生じる病気です。

前立腺が肥大化する原因はまだ解明されていませんが、男性ホルモンの働きが影響していると考えられています。

男性は年齢とともに前立腺が大きくなるため、前立腺肥大症が発症する頻度は、おおよそ50歳前後から増加しはじめ、徐々に発症率が高くなっていきます。

治療を必要とするような前立腺肥大症の頻度は、実際の発症率の1/4程度ではありますが、排尿困難や夜間頻尿、残尿感などで生活に支障が出ている場合は、一度病院を受診しましょう。

前立腺がん

前立腺がんは、膀胱の下にある前立腺にできたがんのことをいいます。前立腺がんは、多くの場合、症状の進行は緩やかで、早期に発見すれば比較的簡単に治癒できます。

前立腺がんになっても自覚症状はほとんどないですが、進行すると尿漏れに加えて、尿が出にくい、頻尿、血尿や腰痛などの症状が出ることもあります。

なお、前立腺がんを手術しても、手術後に尿漏れが起こりやすい傾向があります。

膀胱炎や尿道炎

男性だけでなく女性にも共通する病気ではありますが、膀胱炎や尿道炎も尿漏れの原因となります。排尿後に痛みが生じたり、白く濁った尿や血尿が出る場合は、膀胱炎や尿道炎などの感染症を疑いましょう。

その他の尿漏れの原因となる病気については、関連記事をごらんください。

男性の尿漏れの予防・対策

男性の尿漏れの予防と対策について説明します。

カフェインやアルコールを控える

カフェインやアルコールには利尿作用があります。カフェインが多く含まれているコーヒーや紅茶を摂取すると、尿量が増えて尿漏れの原因となるので、なるべく控えるようにしましょう。

カフェインやアルコールを控えると尿量をおさえることができ、尿漏れを未然に防ぎやすくなります。

男性用の尿漏れパッドを使用する

男性の尿漏れ対策として、男性用の尿漏れパッドを使用することもあげられます。

尿漏れパッドを使用することで、万が一尿漏れをしたとしても衣類に付く心配がないという安心感を得られ、ストレスなどの心因性による尿漏れも予防できます。

おすすめの尿漏れパッドは「ライフリーさわやかパッド」です。

ライフリー さわやかパッド 男性用 20cc 少量用 26cm 26枚 【ちょい漏れが気になる方】

男性専用の軽い尿漏れ用のケアパッドです。薄さが2.5〜5ミリなので外から見ても装着していることがわかりにくいのが特徴です。前側がワイド形状になっている上に、横側にもカバーが付いてるため、尿がはみだしにくいです。また、消臭ポリマーも配合しているため、においも気になりません。

市販薬を使用する

尿漏れを早く改善したい場合には、薬に頼ることも一つの手段です。

尿漏れに効く市販薬としては「ハルンケア」がおすすめです。

ハルンケア内服液

尿漏れ、頻尿、尿の出にくさ、残尿感などの症状に効果があります。ドリンクタイプなので飲みやすいのが特徴です。

尿漏れに効く市販薬や漢方薬については、関連記事をごらんください。

おわりに

尿漏れの症状は、女性男性関わらず多くの人が経験している一方で、病院を受診をする人がまだ少ない現状です。

市販薬などで改善できれば良いですが、中には治療が必要な場合もあります。尿漏れが気になって生活に支障が出るようであれば、ためらうことなく病院を受診しましょう。