尿漏れは専門医の適切な治療により治る病気です。尿漏れは症状のタイプによって治療法が異なるため、適切な治療をするためには、尿漏れの症状のタイプを正確に把握することが必要です。

この記事では、代表的な尿漏れの症状のタイプと、病院で行われる尿漏れのタイプ別の治療法を紹介します。

尿漏れの症状のタイプ

尿漏れのタイプは、以下の4つに大別されます。

1.腹圧性尿失禁

2.切迫性尿失禁

3.溢流性(いつりゅうせい)尿失禁

4.機能性尿失禁

なお、尿漏れは医学用語で尿失禁といいます。それぞれの症状について詳しく説明します。

1.腹圧性尿失禁

重い荷物を持ち上げたときや、咳・くしゃみをしたときなど、お腹に力が入ったときに尿漏れが起きる症状が腹圧性尿失禁です。女性の尿漏れの悩みの多くは腹圧性尿失禁によるものです。

腹圧性尿失禁は、骨盤底筋という、骨盤の底にある、子宮や膀胱などの内臓を支える筋肉がゆるむために起こります。骨盤底筋のゆるみは、加齢や出産がきっかけになることもあります。

そのほか、排便時の強いいきみなども骨盤底筋を傷める要因となり、尿漏れの原因となります。

2.切迫性尿失禁

切迫性尿失禁は、急に尿がしたくなって、我慢できずに漏れてしまう症状のことをいいます。トイレが急に近くなるので、通勤中や乗り物に乗っているときなどにとても困ります。

切迫性尿失禁による尿漏れの場合、原因が特になくとも膀胱が過敏に収縮して尿漏れを起こしてしまうことがあります。まれに脳血管障害などによるコントロール不全や、男性では前立腺肥大症、女性では膀胱や子宮の飛び出しなどが原因で尿漏れが起こることもあります。

3.溢流性(いつりゅうせい)尿失禁

排尿がうまくできずに膀胱の容量いっぱいまで尿がたまり、尿が少しずつ漏れ出てしまう症状です。基本的には、尿が出にくく腹圧をかけないと尿が出ないなどの排尿障害がともないます。

また、子宮がん、直腸がんなどの手術によって膀胱周囲の神経の機能が低下して、膀胱の収縮に障害が起きている場合も考えられます。男性の場合は、前立腺肥大症による影響の場合も考えられます。

4.機能性尿失禁

機能性尿失禁は、体の運動機能の低下や認知症が原因で起こる尿漏れです。

歩行障害などでトイレまで間に合わなかったり、認知症の影響でトイレをトイレと認識できずに、別の場所で排尿してしまうなどが機能性尿失禁にあたります。治療よりも介護の工夫が必要になります。

病院での尿漏れの治療法:手術と薬物療法

尿漏れの治療方法は、尿漏れの症状のタイプや症状の程度によっても変わりますが、大別すると手術と薬物療法の2つにわかれます。

なお、機能性尿失禁については、原因が認知症や身体的な問題にあるため、手術や薬物療法では治せません。

手術

腹圧性尿失禁は薬物による治療の効果が見込めないため、骨盤底筋の筋力トレーニングなどで改善出来ない場合の治療方法としては、手術がよく選ばれます。なお、女性への手術は普及している一方で、男性に対する有効な外科的治療は存在しないのが実情なため、紹介する手術内容はすべて女性向けのものです。

手術内容は、「TVT手術」と「TOT手術」の2種類があり、いずれも専用のテープを尿道の下に通して不安定な尿道を支える内容の手術です。

TVT手術とTOT手術について、それぞれ説明します。

■TVT手術

TVT手術は、専用の医療器具を使用して、ポリプロピレンメッシュのテープを尿道周囲から下腹部にかけてU字に通す手術です。

TVT手術の特徴としては、手術時間が30分程度と短いことと、手術の際は全身麻酔ではなく局所麻酔を使用するため、患者の負担が小さく、短期で入院でできることがあげられます。

しかし、TVT手術では腸管に穴が空く、大血管の損傷などの重大な合併症が起こるおそれがわずかにあることが確認されています。

なお、術後約1カ月半程度は、温泉やプールなど不特定多数の人と間接的に接触する環境を避けるとともに、お腹に力を入れる作業や性行為も控える必要があります。

■TOT手術

TOT手術は、尿道を支えるためのメッシュのテープを挿入する手術です。現在、欧米ではTOT 手術が主流となりつつあります。 

TOT手術の特徴としては、手術時間が15~30分程度と短い上に体の負担も少ないため、手術後2~3日程度で退院でき、症状の改善率も約90%と高いことがあげられます。TOT手術もTVT手術と同様に、局所麻酔で行われます。

また、TOT手術は、TVT手術で起こるような大血管の損傷などの重大な合併症が起こらず、TVT手術よりも安全であることが確認されています。なお、術後5~10%程度の方に排尿困難が生じることがあります。

薬物療法

切迫性尿失禁や溢流性尿失禁の場合は、手術ではなく薬物療法が有効とされています。抗コリン薬と呼ばれる膀胱周辺の筋肉を緩ませる薬が使用されます。薬を使用することで膀胱の容量が増加し、尿が漏れにくくなります。薬の種類や量については、尿漏れの症状の程度によって調整されます。

抗コリン薬は、副作用で排尿困難・尿閉を起こすことがあります。そのため、前立腺肥大症をともなう男性には注意が必要です。その他、のどの渇きや便秘などが起こることがあります。

なお、薬物療法を行う際は、水分を摂取するタイミングの調整、尿意を少しがまんする膀胱訓練や骨盤底筋訓練などの行動療法を併用します。

おわりに

尿漏れが直接命にかかわるようなことはありませんが、尿漏れが起こることによって日常生活で不便さや不快感を感じる場面が出てくることがあります。

尿漏れは話題にあげにくいデリケートな症状ですが、生活に支障が出ているのであれば一度泌尿器科などの病院に相談してみましょう。

市販薬などで改善できるのか、手術や薬物療法などの専門的な治療が必要なのかは医師が判断します。自分だけで悩まずに、まずは医師に相談しましょう。