膀胱炎の予防と治療に使われる漢方薬について

膀胱炎には急性と慢性がありますが、どちらのタイプにも症状と体質に合わせて漢方が使われることがあります。

急性膀胱炎は尿道から膀胱に菌が入り、膀胱内の粘膜で炎症がおきて膀胱の働きに支障が出る病気です。これによって、下腹部の痛みや排尿への支障などが現れます。

慢性膀胱炎は糖尿病や前立腺肥大など特定の疾患が原因で膀胱の働きが低下することでおこる慢性的な膀胱炎になります。

漢方薬は膀胱炎の症状を緩和するだけでなく「膀胱炎になりにくい体質をつくること」が目的で処方されることが多くなっています。
特に、風邪や疲労で免疫力が低下するたびに膀胱炎をくり返してしまうような人には強い味方といえるでしょう。

細菌感染による急性膀胱炎には一般的には抗生物質が処方されますが、漢方薬は抗生物質と併用することで治療効果が早く出たり、再発を防ぐことができます。特定の疾患が原因で起こる慢性膀胱炎には、対症療法として症状の緩和目的で使用されます。

この記事では膀胱炎に使われる漢方薬について見ていきましょう。

膀胱炎に用いられる漢方

膀胱炎の漢方薬で一般的なものが猪苓湯(ちょれいとう)と五淋散(ごりんさん)です。

猪苓湯はトイレの回数が多いが量が少なく、ノドが乾きやすい状態に使います。
五淋散は冷えやストレスによる膀胱炎で、のぼせや発熱がある時に使われます。

他にも神経性の頻尿には清心蓮子飲(せいしんれんしいん)、便秘を伴う膀胱炎には桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)が用いられるなど、膀胱炎になった原因や体質により様々な漢方が用いられます。

【代表的な膀胱炎の漢方】

☆猪苓湯(ちょれいとう):利尿作用、頻尿、排尿痛、残尿感がありときに血尿が見られる時などにも。
☆五淋散(ごりんさん):高齢者など体が弱い人向き。体力や気力の充実にも用いられます。

【ストレスや神経質など神経性の膀胱炎向けの漢方】

☆清心蓮子飲(せいしんれんしいん):体力が弱い人向きです。神経性の頻尿の改善の他、排尿困難にも用いられます。

【冷えによる頻尿など血の巡り、水の巡りを整える漢方】

☆当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん):冷え性や貧血など。血液や水の巡りを改善します。
☆四物湯 (しもつとう):血液循環を改善し体を温めます。
☆真武湯(しんぶとう):冷えとめまい。体を温め、水や血の巡りを改善します。
☆苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう):めまい・水毒(漢方医学で水分代謝が悪い状態)の改善に用いられます。

【便秘を伴う膀胱炎の漢方】

冷えやストレスにより血の巡りが悪くなって起きた膀胱炎には便秘を伴う場合があります。

☆桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん):慢性的な膀胱炎症状があり、便秘気味という人に。
☆桃核承気湯(とうかくじょうきとう):明らかに強い便秘症状がある人。
 

膀胱炎になったらこまめに水分摂取をしましょう

膀胱炎の治療として医薬品の治療以外に効果があるものがあります。

それは「水分を多めにしっかりととる」ということです。ぜひ、お薬による治療だけでなく水分摂取にも気をつけていきましょう。

膀胱炎は、尿道や膀胱内の細菌が原因となって発症することが多いため、尿の回数と量を増やすことで尿道や膀胱内の細菌を尿と一緒に体外に排出することができるのです。

今回ご紹介した猪苓湯(ちょれいとう)と五淋散(ごりんさん)などには「利尿効果」もあり、そういった観点からも膀胱炎に効果があるといえるでしょう。
 

おわりに

このように、ひとことに膀胱炎と言っても人によってその処方は様々です。体質に合わせた漢方を病院で処方してもらいましょう。

膀胱炎になりにくい体を作るためには、体を冷やさない、疲れを溜めこまない、長時間排尿を我慢しないなど普段の生活習慣から予防していきましょう。緑黄色野菜やキノコ類のビタミンAで粘膜の強化や免疫力のアップ、飲酒や香辛料など刺激物を避けるなど食生活を見直したり、ストレス発散や休息をしっかりと取って免疫力を高めるなど、膀胱炎にならないようにできることから改善していきましょう。