頻尿

頻尿は1日に8回以上排尿する状態をいいます。

ここでは頻尿について説明します。

あなたの希望を以下の2つの中から選びましょう
 
頻尿について知る
 
頻尿を治す・改善する

頻尿について知る

頻尿の症状

通常、起きてから寝るまでに8回以上排尿する状態を頻尿といいます。

ただし、排尿回数には個人差があるので、8回以下の排尿でも自身で排尿回数が多いと思えば頻尿といえます。

夜間頻尿とは

夜寝てから排尿のために起きることで日常生活に支障をきたしていて、主に3回以上夜間に排尿する状態を夜間頻尿といいます。

頻尿の原因

緊張や気分

膀胱の機能に異常がなくても、緊張したり不安をかかえていると、尿があまり溜まっていなくてもトイレに行きたくなることがあります。

また、トイレに行けない状況に限って行きたくなることもあります。

このようなことは誰にでもあり、回数が異常に多いということがない限りは過度に気にする必要はありません。

利尿作用のある飲料のとりすぎ

コーヒーやビールなど利尿作用のある飲料を飲んだときにも頻尿になることがあります。

また、利尿作用はなくとも、水分をたくさんとっていると、尿の量が増え、頻尿になることがあります。

加齢による機能の低下が引き起こす夜間頻尿

加齢によって夜間に尿意を感じることが多くなります。

これは主に2つの原因からで、

一つは夜間に尿を濃縮するホルモンの分泌が減り、尿の量が増えるためです。

もう一つの原因は、膀胱の弾力性が失われ、夜間に尿を溜められる量が少なくなるためです。

頻尿をともなう疾患

下記疾患にともない頻尿の症状が出ることがありますので注意してください。

・細菌性膀胱炎

・尿道炎

・過活動膀胱

・前立腺肥大症

・尿道狭窄(にょうどうきょうさく)

・多尿による頻尿

まずは尿検査を行います。細菌の感染が原因の場合は尿検査で容易に診断ができます。

前立腺肥大症の場合は、超音波検査を実施することが多くなっています。

膀胱に問題がある場合は、主に問診のみで診断ができます。

頻尿を治す・改善する

本章では頻尿の治し方や改善方法について詳しく説明していきます。

薬で治す

市販の薬(漢方薬など)で治す

頻尿の治療では、主に生薬成分が配合された市販薬が使われ、頻尿のタイプごとに使用する薬は異なります。

詳しくは下記記事をご覧ください。

ミナカラの参考記事紹介

サプリで対策する

症状が軽く、頻尿かもしれない、という程度の方は頻尿対策のサプリを試してみるのもよいでしょう。

下記記事にて詳しく説明していますのでご覧ください。

ミナカラの参考記事紹介

日常生活における対処・改善方法

緊張やストレスを緩和する

病気などの原因がなかったり、膀胱に尿が溜まっていなくても、緊張やストレスが原因で尿意をもよおすことがあります。

趣味を楽しむなど、普段から緊張しないよう心がけたり、ストレス発散をしましょう。

細菌の膀胱感染を防ぐ

トイレは極力我慢せずに行き、水分を多めにとりましょう。

また、下半身を冷やさないことも重要です。

外陰部を常に清潔に保つため、女性の場合は生理用ナプキンやおりものシートは3時間程度を目安にとりかえましょう。

就寝前は利尿作用のある飲み物を控える

コーヒーや紅茶、緑茶など、カフェインを含んだ飲み物には利尿作用があります。

就寝前にとりすぎないようにしましょう。

外出したら、トイレの位置を確認しておく

急にトイレに行きたくなるかもしれない、トイレが見つからないかもしれない、という不安が尿意をもよおさせることがあります。

そのため、あらかじめトイレの位置を確認しておくと安心です。

閉経後や出産後は膀胱や骨盤の機能を鍛える

女性は閉経や出産によって、骨盤底筋が弱くなり頻尿の原因になることがあります。

骨盤底筋は、膣と肛門に力を入れて引き締めてからゆるめる動作を繰り返す体操で鍛えられます。

詳しい体操のやり方は、下記記事にて説明していますのでご覧ください。

ミナカラの参考記事紹介

頻尿に関するお役立ち情報

薬剤師に相談する

疑問に思ったことは薬剤師に相談してみましょう。

ピックアップ特集