頭痛におすすめの食べ物・飲み物は?コーヒーは頭痛に良い?

頭痛の予防や発症時におすすめの食べ物・飲み物を紹介します。頭痛のときに避けるべき食べ物・飲み物も掲載。コーヒーは頭痛に良いのか悪いのかの疑問も解決します!

頭痛の種類:食べ物で予防できるのは片頭痛

頭痛は、緊張型頭痛・片頭痛・群発頭痛の3つにわけることができます。

頭痛のほとんどは緊張型頭痛か片頭痛であり、群発頭痛は珍しい部類の頭痛です。

食べ物で予防できる可能性のある頭痛は「片頭痛」です。

片頭痛と緊張型頭痛の両方を持っている場合もあるため、頭痛の種類を自分で判断することは難しいことも多くあります。

自分に合った対策をするためには、まず医療機関で正確な診断をしてもらうことが大切です。

特に、頭痛の痛みがひどい場合や何度も繰り返す場合は、早めに医師に相談してください。

片頭痛の予防におすすめの食べ物

マグネシウム

片頭痛が多い場合は、マグネシウムが予防に効果を発揮すると考えられています。

マグネシウムは納豆・みそ・豆腐などの大豆製品、のり、あおさ、ひじき、玄米などの食材に多く含まれています。

比較的に日本食になじみが深い食材が多いのでとりやすい栄養素です。

毎日の食事でとるのは大変という方はサプリメントを使うのもひとつの手です。過剰にとり過ぎないように目安量に従って使うようにしましょう。

ビタミンB2

ビタミンB2も片頭痛の予防に効果的な栄養素です。

ビタミンB2はレバー、納豆、うなぎ、乳製品、卵、葉野菜にを多く含まれています。

毎日の食事でとるのは大変という方はサプリメントを使うのもひとつの手です。

大塚製薬 ネイチャーメイド ビタミンB-2 80粒

ナツシロギク

片頭痛の予防に一定の有効性があると考えられているハーブです。ナツシロギクを含むサプリメントが販売されていますが、頭痛外来などの医師と相談しながら使うのが望ましいでしょう。

コーヒーは頭痛に良い?悪い?

コーヒーが頭痛に良いか悪いかは飲み方によって変わります。基本的にコーヒーは片頭痛を持っている方は避けた方が良い飲み物です。

しかし、使い方次第では片頭痛を和らげることに役立つことがあります。

コーヒーは片頭痛を和らげる理由

コーヒー、紅茶、緑茶などに含まれるカフェインは、拡がった血管を収縮させ片頭痛をやわらげてくれる働きがあります。

頭痛薬が手元にない場合などのために覚えておくと便利です。

ただし痛いからといって飲み過ぎないように注意してください。

コーヒーは片頭痛の原因にもなる

カフェインを含むものを普段から常用していると、片頭痛の誘因となる場合もあります。

カフェインは片頭痛のときに適量を一時的に使用するのが理想的です。

カフェインが原因の片頭痛にカフェインを使っても、結局は頭痛を繰り返す原因になってしまいます。片頭痛が起こりやすい方は普段はコーヒーを飲まずに、片頭痛が起きたときの手段としてとっておくのもひとつの手です。

避けた方が良い食べ物・飲み物

頭痛の際には、避けることが望ましい食品があります。しかし、我慢ばかりしてストレスを溜めてしまうのも片頭痛にはよくありません。

自分の好きなもの、我慢できそうなものと相談しながら食生活を見直しましょう。

避けたい成分 主な食品類
カフェイン コーヒー、紅茶、緑茶、ココア など
ポリフェノール 赤ワイン、ココア など
アルコール 酒類
チラミン チーズ、柑橘類、ナッツ類、チョコレート、ココア など
脂肪・油の多い食べ物 揚げ物、脂身の多い肉 など

カフェイン

片頭痛があるときに一時的にコーヒーなどを飲むのは効果的ですが、カフェインを含む飲み物を常用するのは片頭痛の誘因になります。

カフェインが多く含まれる飲み物はコーヒー・紅茶・緑茶・ココアなどです。

片頭痛が多い方はコーヒー・紅茶・緑茶・ココアを控えた方が良いでしょう。

ポリフェノール

赤ワインやココアに含まれるポリフェノールは血管を拡張させ片頭痛を起こしやすくします。

片頭痛がある方は気をつける必要があります。

アルコール

アルコール類も血管を拡張するため、片頭痛を起こしやすくします。

特に赤ワインはアルコールとポリフェノールの両方を含んでいるため、片頭痛持ちの方は注意が必要です。

アルコールは片頭痛だけでなく群発頭痛の誘因ではないかと考えられているため、よく頭痛が起きる方はお酒を控えた方が良いでしょう。

チラミン

チーズや柑橘果などに多く含まれているチラミンは片頭痛の誘因です。できるだけ避けた方が良いでしょう。

脂肪・油の多い食べ物

片頭痛持ちの人はそうでない人に比べ、脂肪・油の多い食べ物の消費量が多いという報告があります。

頭痛がするときは揚げ物を控えた食生活にしましょう。

おわりに

頭痛は種類によって対策も異なります。

自分の頭痛に合った対策を立てるためには、まずは医療機関を受診して自分の頭痛がどの種類なのかを知ることをおすすめします。

もし片頭痛と診断されたのなら、治療と合わせて食べ物にを気を使うのもひとつの手です。

購入はこちらから

紹介されたお薬/アイテム

大塚製薬 ネイチャーメイド ビタミ...

頭痛のお役立ち情報

頭痛に関連するQA