緊張型頭痛の原因と症状とは?期間はどれぐらい?主な治療、薬や解消法など。吐き気の症状の意味は?

緊張型頭痛はストレスが最大の原因?

「緊張型頭痛」は、年齢や性別を問わず最も多く発症する頭痛といわれています。

この頭痛は、何かの疾患が原因になっているわけではなく慢性的に起こる頭痛であることから、

「片頭痛(偏頭痛)」、「群発頭痛」と同様に一次性頭痛(慢性頭痛)と呼ばれています。

「緊張型頭痛」は以下2つのストレスが大きな原因といわれています。

  • 肉体的なストレス

→→→主に、同じ姿勢で長時間パソコンなどのデスクワークをすること。

ほか、長時間の会議で同じ姿勢のまま動かなかったり、長時間にわたり車の運転をしたり、枕が合わない場合なども発症します。

→→→この肉体的ストレスにより血行が悪くなって、頭、首から肩にかけて、背中までの筋肉が緊張し、神経が刺激されて頭痛が起こります。

  • 精神的なストレス

→→→主に、プレッシャー、緊張、不安、人間関係などによる不快感など。

→→→この精神的ストレスにより交感神経が刺激されることで筋肉が緊張し、神経が刺激されて頭痛が起こります。

 

緊張型頭痛の症状とは?痛み方や痛む期間はどれぐらい?

緊張型頭痛は、以下のような特徴(症状や痛みの度合い、痛む期間など)があります。

緊張性頭痛、痛みはじめの症状

  • 首筋がはる
  • 肩がこる
  • 後頭部が重くなる(鈍痛がある)
     

緊張性頭痛の痛み方

  • 頭全体が圧迫されるような、締め付けられるような痛みがある。
  • 発症すると「いつも頭が重い」と感じる場合がある。
     

緊張型頭痛で痛む場所

  • 後頭部を中心とした頭全体、首筋
     

緊張型頭痛で痛む期間・時期

  • 毎日のように痛む場合(慢性緊張型頭痛)がある→月に15日以上~数か月におよぶ
  • ときどき起る場合(反復発作性緊張型頭痛)がある。→月に15日未満程度
  • 午後から夕方に強い症状が起こる場合が多い。
  • 週末に症状が重く出ることが多い。
     

緊張型頭痛にともなう症状

  • 軽いめまい
  • 肩や首の強い”こり”

 

緊張性頭痛、主な治療にはどんなものがあるの?

薬物治療

痛みを止めたり、精神的な緊張を和らげたり、筋肉の緊張をほぐす薬が処方されます。

  • 消炎鎮痛薬 アスピリン、アセトアミノフェン、イブプロフェン
  • 抗不安薬 エチゾラム(デパス)
  • 筋弛緩薬 エペリゾン(ミオナール)やチザニジン(テルネリン)

※但し、「慢性緊張型頭痛」の場合は効果が期待できない場合があります。

また、長期にわたる頭痛薬の使用は頭痛を増幅させたり、胃への負担を増やすので、できる限り薬に頼らない治療法がよいとされています。
 

非薬物療法​

  • 電気治療(温熱療法、筋肉刺激療法)
  • 認知行動療法(気持ちを楽にさせる精神療法)
  • バイオフィードバック療法(体内活動の状態を測定し意識することにより体内活動を調節する)
  • 頭痛体操の指導
  • 漢方処方による体質改善
  • 鍼灸指圧

 

自分でできる、緊張型頭痛の予防と解消法

緊張型頭痛は、自分で予防・解消しやすい頭痛症状でもあるので、以下の方法を是非お試しください。

  • 長時間の同じ姿勢を避ける(デスクワーク中には必ず休憩時間をつくりストレッチを行う)
  • 日常的に首や肩をほぐす(首を左右に倒したり、腕を回したり振ったりする)
  • コリや、痛みはじめを感じたら蒸しタオルで首や肩を温める
  • 1日の終わりには、入浴で首や肩を温め、カラダをリラックスさせる。
  • ストレスをためないよう自分の開放時間をつくる。(好きなことしたり、自然とふれ合う)
  • 有酸素運動を日常的に行う(ウォーキングや軽いジョギングなど)

 

緊張型頭痛による吐き気の症状について

通常、「緊張性頭痛」は「片頭痛(偏頭痛)」のように吐き気はともなわないのですが、人によっては緊張性頭痛の症状がひどくなると片頭痛を併発して、吐き気や嘔吐をともなう場合があります。片頭痛は、脳の血管が拡張することで神経が刺激されて起こる頭痛なので、頭を冷やすという解消法が効果を生みます。しかし、緊張型頭痛は温めると頭痛を和らげるという逆行した解消法なので、その場合は、とにかく、いったん静かな場所で仮眠する方法をとると良いでしょう。

 

おしまいに

ストレスをためてしまうこと、カラダをコリ固めてしまうことが引き金となって緊張型頭痛を起こすので、自分に合った簡単なストレス解消法、ほぐし方を持つことが最大の予防策になります。

ちなみに、腕を振るだけの健康法、「スワイショウ」をご存知ですか?ただ、立って腕を前後に振ったり、デンデン太鼓のようにカラダを左右に回し、腕をブルンブルン振るだけの動作を行うものです。とても簡単なのに血行が良くなり、リフレッシュできて肩のコリも解消できる運動なので、是非、デスクワークなどの合間に行ってみてくださいね!

 

image by Photo AC
image by Photo AC
image by Photo AC
image by Photo AC
image by Photo AC

 

頭痛のお役立ち情報

頭痛に関連するQA

ピックアップ特集