吐き気をともなう頭痛のタイプ

頭痛にともなって吐き気が起こることもあるのが片頭痛です。片頭痛では、痛みのピークが来ると吐き気をともなうことがあります。

主な頭痛には、片頭痛のほかに緊張型頭痛と群発頭痛があります。中でも日本人で頭痛を訴える方の約8割は緊張型頭痛という頭痛です。

片頭痛が慢性化している方には、緊張型頭痛も同時に起きている混合型の頭痛である場合もあります。

頭痛の種類や原因、対処法について詳しくは関連記事をごらんください。

なぜ頭痛と一緒に吐き気が起こるの?

片頭痛の痛みが強いと、脳に痛みが伝わる際に、嘔吐中枢までもが刺激され吐き気が起こります。

嘔吐中枢(おうとちゅうすう)は、吐き気や嘔吐を起こす働きがあります。

片頭痛と緊張型頭痛を見分けるポイント

頭痛にともなって吐き気がある場合は、片頭痛単体か、緊張型頭痛を併せ持った混合型の可能性があります。

わかりやすい特徴から、片頭痛と緊張型頭痛を見分けるポイントを確認しましょう。

  片頭痛 緊張型頭痛
特徴 脈に合わせてズキンズキンと痛む。 締めつけられるような重い痛み
場所 おでこや側頭部。片側が痛む場合が多い 頭全体、首筋から後頭部
頻度 月に数回 だらだらと痛みが続く
随伴症状 吐き気がおきやすく、音や光に敏感になる 肩こり、首のコリ
前兆 あり。ギザギザの光が見えたりチカチカする なし

片頭痛は脈打つように痛むのが最大の特徴です。痛みが持続する時間は数時間から数日と人それぞれで、頻度も週1回から月1回程度とバラバラです。

また、緊張型頭痛では音や光、においに敏感になることはありませんが、片頭痛が起こると普段気にならないほどの音や光がうるさく感じたりまぶしく感じたりするのも特徴です。

片頭痛と緊張型頭痛の混合型と思われる場合は?

片頭痛と緊張型頭痛のどちらも発症していると思われる場合は、病院を受診しましょう。

片頭痛と緊張型頭痛は対処法が異なるため、自己判断で対策をすると悪化させてしまうおそれがあるためです。病院で適切な治療を受けることをおすすめします。

片頭痛と緊張型頭痛が同時に起こるのはなぜ?

片頭痛は、頭の血管が炎症して拡張することで神経が刺激されて頭痛が起こります。一方、緊張型頭痛は筋肉の緊張が主な原因となります。長時間同じ姿勢を続けたり、パソコン作業、精神的なストレスも筋肉の緊張を引き起こし、緊張型頭痛の原因となります。

現代ではパソコンを使った仕事が多いことやスマートフォンの普及などによって緊張型頭痛が多くなっている傾向があるため、片頭痛とともに発症する可能性が高くなっています。

頭痛と吐き気をともなう危険な病気

片頭痛や緊張型頭痛は慢性的な頭痛ですが、突然の急激な頭痛に加えて吐き気や嘔吐をともなう場合は、病気のおそれがあります。

自己判断でそのままにしておくと命に関わる危険性があるため、下記のような症状が現れた場合はすぐに病院を受診して検査を受けてください。

くも膜下出血

脳動脈瘤という血管のコブが破裂して、脳を覆っているくも膜下に血がたまる病気です。

頭が重く感じる程度の軽い症状の場合もありますが、バットで殴られたような激しい頭痛が急激に起こることが多くあります。突然の頭痛のあとに気が遠くなったり、吐き気やめまいなどをともないます。

脳出血

脳の血管が破れて出血し、突然激しい頭痛が起きます。ただし、痛みをともなわない場合もあります。

痛みがあってもなくても、手足のしびれや物が二重に見える、吐き気や嘔吐などの症状が現れます。

脳腫瘍

脳にできた腫瘍が大きくなり脳の神経を圧迫して、頭痛を引き起こします。

脳腫瘍は突然の頭痛ではなく、脳の腫瘍が大きくなるにつれ数週間から数か月かけて痛みも徐々に強くなっていきます。朝起きたときに痛むのが特徴です。

腫瘍のある場所によって、しびれやけいれん、嘔吐などの症状が現れます。

おわりに

頭痛にともなう吐き気では、片頭痛である場合と命に関わる重大な病気の症状である場合があります。

普段の頭痛と違うと感じた場合や、今まで頭痛がなかった方が突然激しい頭痛におそわれたときは、すぐに病院を受診してください。