女性にとって髪は美しさや印象を左右する大切な要素のひとつ。それだけに抜け毛や薄毛になったときの悩みは深刻です。

男女を問わず、抜け毛の原因には加齢や日常生活のストレスなどが挙げられます。さらに食生活も重要で、過度なダイエットや偏食を続けると、髪に必要な栄養が不足し抜け毛を引き起こします。

女性はさらに女性ホルモンの乱れなど、特有の原因が絡んでいます。

この記事では女性の抜け毛の症状・原因・対処法について解説します。

全体の髪が薄くなる「びまん性脱毛症」

びまん性脱毛症は、頭部全体の髪が薄くなる女性特有の脱毛症です。特定の部分が薄くなるのではなく、髪の毛全体のボリュームが減少し、地肌が透けて見えるようになるものです。

症状の進行には個人差があり、急激に抜け毛が増えて一気に地肌が見えるようになる方もいれば、数年かけて進行する方もいます。年齢的には30代後半からの女性に多くみられます。

原因

精神的なストレスや過労、過度のダイエット、生活の乱れ、遺伝、甲状腺疾患など、さまざまな要因で引き起こされます。経口避妊薬(ピル)の使用や更年期が原因の場合もあります。

対処法

抜け毛を引き起こしている原因が思い当たれば、それを取り除くよう生活を改善します。抜け毛が広がったり、円形脱毛症などを併発したら医師に相談し、的確な治療を受けてください。

地肌が透けて見える「壮年性脱毛症」

壮年性脱毛症は女性の男性型脱毛症(FAGA)のことで、分け目から頭頂部にかけて抜け毛が増えるものです。太くしっかりとした髪が抜けて細く柔らかい髪が増えるため、地肌が透けて見えるようになります。

男性のAGAは前頭部の生え際が後退し、頭頂部がすべて抜けるというパターンが多いですが、女性では生え際の後退やツルツルの状態になることはほとんどありません。

FAGAは30代前半に気づきはじめ、40代以降に本格的に発症することが多くなっています。

原因

女性でも卵巣や副腎で男性ホルモンが作られています。FAGAは加齢に伴って女性ホルモンが減少し、相対的に男性ホルモンが優位になるのが原因とされています。

最近では若い年代の方に発症することも増えており、この場合はストレスや過度のダイエットによるホルモンバランスの乱れなどが要因といわれています。

対処法

男性のAGAの治療ではプロペシアが有効とされていますが、女性の場合は服用することができません。ホルモンバランスや自律神経の働きを整えるとともに、医療用の育毛剤などで治療します。専門の医師に相談しましょう。

女性の壮年性脱毛症に効果がある市販の育毛剤には「リアップリジェンヌ」があります。「リアップリジェンヌ」は女性の壮年性脱毛症に対して厚生労働省から効能・効果が認められた発毛・育毛剤で、市販のものとしては現在唯一の医薬品です。

女性の壮年性脱毛症に効く市販薬について、詳しくは関連記事をごらんください。

出産後に起こる「分娩後脱毛症」

分娩後脱毛症は出産後2~3か月以内に起こる脱毛症です。頭髪全体のボリュームが減少し、地肌が透けて見えるようになります。

通常は授乳が終わるころ(出産後半年~1年ほど)には回復しますが、高齢出産などで体力の回復が遅い場合は自然回復が難しいとされています。

原因

妊娠・出産による女性ホルモンの変化が原因です。妊娠後期は女性ホルモンが増加するため、ヘアサイクルの成長期が延長します。しかし、出産後2~3か月でホルモンバランスが元に戻ると成長期から髪の成長がストップする休止期に急激に移行するため、それまで育った髪が一気に抜け、抜け毛が多くなります。

もともと抜けるはずだった髪が抜けるべき時期に抜けず、その後にまとまって抜けるため、一時的に髪の毛が薄くなるのです。

また妊娠中は胎児に栄養を取られ、頭皮に十分な栄養が行きわたりにくくなることも抜け毛や薄毛を進行させます。

対処法

出産後、ホルモンバランスが整ってくると自然に治ることが多く、たいていは出産から半年~1年ほどで回復します。ストレスも抜け毛を引き起こすので、まずはあまり悩まず、体調を整えることを心がけてください。

産後のストレスなどが重なって抜け毛が広がり、円形脱毛症を併発した場合は医師に相談し、的確な治療を受けてください。

完治まで時間のかかる「円形脱毛症」

円形の脱毛がひとつできるケースから、いくつもの脱毛がつながって脱毛部分が大きくなったり頭髪全体が抜けるケース、さらに眉毛やまつ毛なども抜けるケースなどさまざまです。

円形脱毛症は脱毛のスピードが速いのが特徴で、脱毛部分が多いほど治るのが難しくなります。また、いったん治っても再発を繰り返すケースもあります。

原因

まだはっきりとわかっていませんが、精神的ストレス、内分泌異常、自己免疫疾患、遺伝的素因などが考えられています。

対処法

ストレスが原因の場合は、生活環境に変化がなかったかや、仕事や人間関係で無理をし過ぎていないかなど、見直す必要があります。

頭部全体の面積に占める脱毛の割合や、頭部以外でも脱毛があるかどうかで重症度を判別し、治療を進めていきます。適切な治療をおこなえば半年から2年ほどで完治する場合が多いとされています

髪が長い人は注意「牽引性脱毛症」

牽引(けんいんせい)脱毛症は髪の長い人に多い脱毛症で、髪の分け目や生え際が広がっていきます。

原因

ポニーテールなど、長時間継続して髪が過度に引っ張られることで髪が抜けたり、頭皮の血行不良で髪が抜けやすくなるものです。

対処法

髪を強く束ねない、髪を短くするなど、頭皮に負担をかけないヘアスタイルに変えてみましょう。さらに頭皮マッサージなどで血行を促進すると効果的です。

おわりに

ストレスを解消したり、食生活を整えるなど、抜け毛の原因を取り除くことで多くの抜け毛は自然によくなります。しかし急激に抜け毛が増えたり、急速に抜け毛の範囲が広がった場合は速やかに医療機関を受診してください。

抜け毛の治療や検査は基本的には皮膚科を受診しますが、一部の内科や精神科でも検査をおこなっています。抜け毛の原因や症状を客観的に正しく知りたい場合も、病院での検査は頼りになります。

一人で悩みを抱えていることが大きなストレスとなり、抜け毛をさらに悪化させることがないよう、早めに専門の医師に相談しましょう。