白髪といえば、年配の人の悩みだと思っていませんか。実は最近、10代20代でも白髪で悩む人が増えています。

遺伝や精神的ストレス、栄養不足や過度なダイエットで白髪になるケースが多いとされています。さらに、そこには病気が隠れているケースもあるのです。

この記事では、若白髪の原因や考えられる病気をいくつか紹介します。

白髪の原因

実は、生まればかりの髪の毛には色はついておらず、髪の毛が伸びるに従って色付けが行われます。

白髪ができるのは、髪の毛に色をつける色素細胞(メラノサイト)のはたらきが、何らかの原因で弱まったり消失したりして、髪を黒くするメラニン色素がつくれなかったためと考えられます。

原因として考えられるのは、紫外線、ストレス、栄養不足、遺伝などです。

また、不規則な生活で体力が弱っていると免疫力が低下したり、ホルモンバランスがが崩れ、白髪や病気を招く可能性があるとされています。

若白髪から考えられる病気

髪の毛など体の外の変化は、体内の危険信号を表していることもあるので、早い段階で変化に気づき、対処していくことが病気の早期発見に繋がります。

若白髪が突然増えた場合、次のような疾患が隠れていることがあります。気になる場合は、専門医へ相談しましょう。

甲状腺疾患…甲状腺ホルモンの分泌過剰により起こる病気
悪性貧血…胃粘膜の萎縮による内因子の低下によりビタミンB12が不足することで生じる貧血
尋常性白斑…皮膚色素をつくる部位の損失を不規則に引き起こす、慢性的な皮膚疾患
フォークト・小柳・原田病…血液中の白血球の一つであるリンパ球が、メラニン色素をもった細胞、髄膜、ぶどう膜、皮膚、頭髪、内耳を破壊する病気

 

白髪対策におすすめの食べ物

白髪の予防や改善には、乱れた生活リズムや食生活を正常に整えるなどの対策が必要です。バランスのとれた食事に加え、次のような食材を積極的に摂取しましょう。

チロシン

タンパク質を構成するアミノ酸であるチロシンはメラニンの生成力アップに役立ちます。チロシンを多く含む食材には次のようなものがあります。

・チーズ
・かつおぶし
・高野豆腐
・きな粉
・大豆
・筋子
・たらこ
・ピーナッツ
・マグロ〜など

ミネラル

銅やヨウ素などミネラル分が不足すると、メラニンが作れなくなってしまいます。そのため重要な栄養素です。ミネラルが多く含まれる食材には、次のようなものがあります。

◼︎銅を多く含む食材
・レバー
・いか
・かに
・えび
・納豆〜など

◼︎ヨウ素を多く含む食材
・昆布
・ひじき
・ワカメ〜など

おわりに

若白髪を無理に引き抜くと頭皮を傷つける原因になります。

何本もまとめて抜いてしまうとそれだけで頭皮に大きなダメージを与えるだけでなく、太い白髪が生えてくる原因にも繋がります。頭皮は、皮膚が柔らかい部分でもあるので大切にケアしましょう。