風邪をひいて熱が出ると関節が痛くなる原因は?

風邪で起こる症状はさまざま。咳や鼻詰まりに腹痛・・そして発熱と関節痛もそのひとつです。
熱が出て、ただでさえ辛いのに関節も痛いせいでベッドに入っても眠れない。
なぜ発熱時には関節痛が起こるのでしょうか?

 

風邪の発熱時、関節が痛くなる原因は免疫機能にあり?!

ウイルスや細菌が体内に入り込むと、体を守るために白血球が活躍します。
このとき分泌されるのがサイトカインという物質です。

聞いたことがないという方に説明すると、サイトカインとは細胞から分泌されるタンパク質の一種です。
C型肝炎の治療に使われることで知られるインターフェロンもこの一種です。
通常、私たちの体の中で細胞同士の情報交換を助けています。

外敵と戦うサイトカインですが、過剰に分泌されてしまうと臓器の機能不全を招くリスクもあります。
そのため今度は、サイトカインの分泌を抑制する物質が分泌されます。
これを“PGE2”(=プロスタグランジンE2)といいます。

そして、このPGE2に関節の痛みを引き起こす作用があるのです。
つまり関節痛の原因はウイルスや細菌ではなく、それらと戦う体の免疫機能にあるのです。

 

風邪の熱による関節痛を緩和する対処法とは?

免疫反応の一環で起こる関節痛。緩和させるには、どのような対処法が適切でしょうか?
一番は体の防御反応が起こる元凶である風邪の治療に専念することです。
安静にして元気になることに注力し、熱が出た後は水分補給し、汗を拭きましょう。
こまめな着替えも大切です。汗による体温の低下は風邪を悪化させる恐れがあります。

38.5度を超える高熱の場合は、解熱剤の服用も検討しましょう。
この場合、飲み薬タイプより座薬の方が即効性があることからオススメです。

また、あまりに関節痛が酷い場合は冷たいタオルで関節を冷やすことも有効ですが、最小限にとどめましょう。
汗による体温の低下と同じく、体を冷やすことは風邪を治すためには良いと言えないからです。

 

さいごに・・発熱による関節痛は年齢問わず起こります。子どもの風邪の場合も注意を!

関節痛は、時には眠りを妨げるほど辛いものとなります。
これは大人だけでなく、子どもの風邪でも起こる症状です。
腹痛や頭痛と違い関節痛は上手に伝えにくい症状なので、お子さんの風邪の際には注意することが必要です。


(image by Photo AC)
(image by Photo AC)