はじめに

熱中症は、その症状が現れた時には早期に気づいて適切な手当てをすることが大切です。近年の地球温暖化、ヒートアイランド、高齢化等に伴い、屋外のみならず室内でも熱中症は起こり、救急搬送される人の数は年々増加しています。
熱中症の症状と、応急処置の方法を知っておきましょう。


 

熱中症になりやすい気候や環境・温度基準

気候や環境

厚くなりはじめた時
急に厚くなった日
照り返しが強い 
風が無い、湿度が高い
熱帯夜が続くとき
涼しい地域から高温の地域への移動した時

温度基準

25度~28度=警戒
28度~31度=厳重軽軽
31度以上=危険

このような温度環境での外出、激しい運動や作業などには十分注意が必要です。

 

熱中症のサイン

以下のような症状は熱中症のサインです

顔が赤い、体が異常に熱い
足がつる、筋肉痛
頭痛、吐き気
口や鼻の乾燥、皮膚がカサカサ、弾力が無い
尿の回数、量が少ない、色が濃い
暑いのに汗をかかなくなる
ぐったり、もうろうとしている

特に、「体温調節機能がまだ十分に発達していない乳幼児」と「体温調節機能が低下している高齢者」は、熱中症のリスクが高く更に注意が必要です。

 

熱中症の重症度

「熱中症」は4種類に分けられ
 ・熱けいれん
 ・熱失神
 ・熱疲労
 ・熱射病
これらを総称して「熱中症」と呼んでいます。比較的早く回復する「熱けいれん」から救急搬送が必要な「熱射病」まであります。
 

重症度1(熱性けいれん)

手足がしびれる、つる
筋肉のこむら返り(痛み)
気分が悪い
 

重症度2(熱失神、熱疲労)

頭痛
めまい
吐き気・嘔吐
全身倦怠感
唇が紫、顔面蒼白
一時的な失神
 

重症度3(熱射病)

身体が異常に熱い
まっすぐ立てない、歩けない
言語がおかしい、呼びかけに返事がない、反応がにぶい
意識がない

このように「熱中症」と言っても比較的回復が早い軽度~至急救急車で受診が必要な重症な状態まで様々ですが、まずは基本の応急処置が大切です。
 

応急処置の方法

1、冷却と楽な体制

  • 涼しい場所、風通しの良い日陰や冷房の効いている場所にすぐ移動しましょう
  • 衣服を緩めて体を楽にしましょう
  • 全身に水をかけたり、冷たい水で冷やしたタオルを、首筋、脇の下、足の付け根など太い血管が通っている所において体を冷やしましょう
  • 足を高くし、手足を末梢から中心部に向けてマッサージするのも有効です
     

2、水分、塩分の補給

  • スポーツドリンクや経口補水液、薄い食塩水(水1ℓに食塩が1~2g)を飲ませます
  • 自力で飲めない状態の場合は、無理に補給する必要はありません
  • 意識障害などがある場合には、医療機関での処置が必要です
     

3、至急医療機関へ

  • 重症度3の様に水分も取れず意識障害を起こしている場合は、救急車で至急病院へ運びましょう
  • 自力で水分摂取ができない時は、脱水症状になっているため点滴で補う必要があります


 

さいごに

熱中症には症状の段階がありますが、炎天下や高温多湿の場所に長時間いることで、誰にでも重症化する危険があります。
急激な体温上昇と水分不足が起こらないよう、屋外でも屋内でも注意しましょう。
乳幼児や高齢者に関わらず、野外ライブなどで若い人が救急搬送される事態も増えているため、春~秋まで、炎天下でのレジャーの多い季節には注意して、もし熱中症になってしまった場合には迅速に対処しましょう。

image by Photo AC
image by illust AC
image by illust AC